Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ。HwR(ヒール・ウィズ・ライフ)。ライフ周波数、ソルフェジオ周波数、バイノーラル・ビート、音楽療法。サウンド・セラピーを提供。

立憲民主党の婚姻平等法案には、「親1、親2」という表現は無い。LGBT推進のクソ法案に変わりはない。

LGBTの目的;
①人口削減
②人類ロボット化
③トランスヒューマン化

男同士で結婚したら子供生まれない。
女同士で結婚しても子供生まれない。

 

男が女風呂に入りやすくなる陰謀とかもあるのかもしれない。
工作員とかが。


立憲民主党の婚姻平等法案には、
「親1、親2」という表現は無い。

立憲民主党の婚姻平等法案

「父」「母」

「親」

に直しましょうと言うLGBT推進のクソ法案。

厳密には、下記。

「父」「母」

「親の一方」「もう一方の親」

男女の概念を無くすことが目的?
男女の区別を無くすことが目的?
人類ロボット化・トランスヒューマン化とかの陰謀が最終的にある?

「親1、親2」という表現は無い。

でも結局は「夫婦」と「父母」の概念を無くすことに変わりない。

どのみち、
LGBT推進のクソ法案に変わりはない。

Q.
立憲民主党案は、
 「父母」「父」「母」→「親」など
となってますが、
両親併記で欄2つの場合の区別をどうするのですか?

櫻井さんはそこを「親1」「親2」と例示したのだと思います。

A.(予想)
一方の親は「親の一方」で、
もう一方の親は「もう一方の親」。
画像

画像

画像

画像