Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

A=432hz v.s. A=440hz 楽器のチューニングはどっちがベター!? 実は、430.65Hz、421.39Hz、430.50hz、430.54hzがベター!?

A=432hz v.s. A=440hz
楽器のチューニングをどちらにすべきかは、
楽器にもよりますし、用途にもよります。

ちなみに、シューマンレゾナンスの倍数から見ると、
430.65 Hzが良いように思えます。

7.83 Hz x 55 = 430.65 Hz 


他にも候補があります。
A=430.50hz、430.54hzです。

これは、ルドルフ·シュタイナーの理論に基づいています。
ルドルフ·シュタイナーの理論に基づけば、C=128Hzにすべきです。


「C=128Hzでチューニングされた音は、精神の自由に向けて人間性をサポートする。
人間の内耳は、C=128Hz用に構築されている」-ルドルフ·シュタイナー ※C=128HzはA=432Hzを示す
https://tabi-labo.com/156689/music-a432


A=430.50Hzの場合、Cが127.9884Hzです。
A=430.50Hzの場合、cが255.9768Hzです。

A=430.54Hzの場合、Cが128.0003Hzです。
A=430.54Hzの場合、cが256.0006Hzです。


上記の通り、
A=430.50hz、430.54hzは、
C=128Hz、c=256Hzにとても近いですね。


他にも候補があります。
A=421.39Hzです。

7.83 Hz x 32 = 250.56 Hz

A=421.39Hzの場合、cが250.5600Hzです。


430.65hzでは256.1hzのミドルcとなり、これはシュマーン共鳴のオクターブではない。
シュマーン共鳴のミドルcは250.56hzなので、aを421.39hzにチューニングするのがベストだ。


この音階は、数学的には定数(2^(1/12))で表すことができます。
音程に対する周波数の計算式があります: 

既知の周波数[f(0)] * 定数[a]^既知の周波数と希望する周波数の間の半音階数[n]。[n]は+/-である

f(0) * a^n = f(n) ; 7.83はシューマンのおかげで我々の既知の周波数である。

f(0) = 7.83 Hz

440Hzの音階の7.83はB(-2).... 7.83が地球の共鳴周波数の基礎なので、7.83を音階のC(-1)とする(半音上がる)。
これでC(-1)からC5まで6オクターブとなる。C5から半音3つ下がA4。

n = (6 * 12) - 3 = C(-1)からA4までの69半音階
a = 2^(1/12) = 1.05946309436

つまり、7.83 * a^69 = f(n)(地球の共振周波数に基づくA4の周波数)となる。

A4 = 421.39 Hz......。これが地球の共振周波数7.83Hzに合わせたA4の正しい計算である。

また、周波数が1オクターブ高くなるごとに2倍になり、1オクターブ低くなるごとに半分になる。
C5 = 501.12 Hz

 

基本的なシューマン共振に合わせた平均律を目指すなら、A4の正しい周波数は421.39である。

平均律音階の音符の周波数の基本式は、次のように与えられる。
fn = f0 * (a)^n 
ここで 
f0 = 定義しなければならない1つの固定音の周波数。一般的な選択は、ミドルCの上のA(A4)をf0 = 440 Hzに設定することです。
n = あなたがいる固定音から半歩離れた位置の数。高い音にいる場合、nは正になります。低い音にいる場合、nは負になります。
fn = n半音先の音の周波数。
a = (2)^1/12 = 2の12乗根 = 12倍すると2になる数 = 1.0594630943592952645618252949463

シューマン共振の最低周波数(および最高強度)モードは、約7.83Hzの周波数で発生する。

7.83Hzを非常に低いC音とする。
周波数はオクターブで倍増し、15.66 Hzになる。
オクターブで周波数が2倍になり、31.32 Hzになる。
オクターブで周波数が2倍の62.64 Hz 
オクターブで周波数が2倍になり125.28 Hzになる 
オクターブで周波数が2倍になり、250.56 Hzとなる。

A4はミドルCの半音9段上で、周波数は次のようになる: 
F9 = 250.56 * (1.0594630943592952645618252949463)^9 = 421.39 Hz 

A4 = 421.39 Hz

 

他に気になる数字。

7.83 Hz x 5 = 39.15 Hz 
7.83 Hz x 6 = 46.98 Hz 
7.83 Hz x 41 = 321.03 Hz 
7.83 Hz x 71 = 555.93 Hz 
7.83 Hz x 75 = 587.25 Hz 
7.83 Hz x 85 = 665.55 Hz
7.83 Hz x 93 = 728.19 Hz 


チューニングの周波数は、440Hzとされていますが、
この音程は、人の赤ちゃんの泣き声から、伝統的に決まったそうです。

チューニングの周波数は、厳密には規定されていなくて、各オーケストラで周波数が微妙に違います。
例えば441HzをAとして演奏をしていても間違いではありません。


第7チャクラ クラウンチャクラ:432、216、864 hz
第1チャクラ 黒 土星 147.85Hz  土(つち)だから黒。男性エネルギー。陰エネルギー。

シューマンレゾナンスの倍数。

7.83    
1    7.83
2    15.66
3    23.49
4    31.32
5    39.15
6    46.98
7    54.81
8    62.64
9    70.47
10    78.30
11    86.13
12    93.96
13    101.79
14    109.62
15    117.45
16    125.28
17    133.11
18    140.94
19    148.77
20    156.60
21    164.43
22    172.26
23    180.09
24    187.92
25    195.75
26    203.58
27    211.41
28    219.24
29    227.07
30    234.90
31    242.73
32    250.56
33    258.39
34    266.22
35    274.05
36    281.88
37    289.71
38    297.54
39    305.37
40    313.20
41    321.03
42    328.86
43    336.69
44    344.52
45    352.35
46    360.18
47    368.01
48    375.84
49    383.67
50    391.50
51    399.33
52    407.16
53    414.99
54    422.82
55    430.65
56    438.48
57    446.31
58    454.14
59    461.97
60    469.80
61    477.63
62    485.46
63    493.29
64    501.12
65    508.95
66    516.78
67    524.61
68    532.44
69    540.27
70    548.10
71    555.93
72    563.76
73    571.59
74    579.42
75    587.25
76    595.08
77    602.91
78    610.74
79    618.57
80    626.40
81    634.23
82    642.06
83    649.89
84    657.72
85    665.55
86    673.38
87    681.21
88    689.04
89    696.87
90    704.70
91    712.53
92    720.36
93    728.19
94    736.02
95    743.85
96    751.68
97    759.51
98    767.34
99    775.17
100    783.00
101    790.83
102    798.66
103    806.49
104    814.32
105    822.15
106    829.98
107    837.81
108    845.64
109    853.47
110    861.30
111    869.13
112    876.96
113    884.79
114    892.62
115    900.45
116    908.28
117    916.11
118    923.94
119    931.77
120    939.60
121    947.43
122    955.26
123    963.09
124    970.92
125    978.75
126    986.58
127    994.41
128    1,002.24
129    1,010.07
130    1,017.90
131    1,025.73
132    1,033.56
133    1,041.39


421.388    421.383    428.930    430.500    430.540    432.000    440.000    444.000
.958          .958          .975          .978          .979          .980        1.000        1.009
140.782    140.780    143.302    143.826    143.840    144.330    147.000    148.336
247.087    247.084    251.509    252.430    252.453    253.310    258.000    260.345
353.391    353.387    359.716    361.033    361.067    362.290    369.000    372.355
451.077    451.071    459.150    460.831    460.874    462.440    471.000    475.282
557.381    557.375    567.357    569.434    569.487    571.420    582.000    587.291
663.686    663.678    675.565    678.038    678.101    680.400    693.000    699.300
683.798    683.789    696.036    698.584    698.649    701.020    714.000    720.491
790.102    790.093    804.244    807.188    807.263    810.000    825.000    832.500
896.407    896.396    912.451    915.791    915.876    918.980    936.000    944.509
413.726    413.721    421.131    422.673    422.712    424.150    432.000    435.927


ソルフェジオミラー周波数 v.s. ソルフェジオ周波数

174.00    741    147
285.00    852    258
396.00    963    369
417.00    174    471
528.00    285    582
639.00    396    693
741.00    417    714
852.00    528    825
963.00    639    936


In my opinion the A according to the Schumann resonance is exactly 421,39 Hz.
Let me explain: 
If the Earth frequency equals tone C then the C4 harmonic from 7.83 Hz = 250,56 Hz. 
The pitch between two neighboring tones is the same for all tones. One octave consists 12 tones ( C, C#, D, D#, E, F, F#, G, G#, A, A#, B). 
That means mathematically that the ratio is equal to the twelth root of 2 = 1,05946309 (source wikipedia).
So, the A is 9 tones away from the C. If you multiply 250,56 nine times with 1,059….. you will end up to 412,39 Hz.   

私の考えでは、シューマン共振によるAは正確に421,39Hzである。
地球の周波数がトーンCに等しいとすると、7.83 HzからC4ハーモニクス=250,56 Hzとなる。
隣り合う2つの音の間のピッチは、すべての音で同じである。
1オクターブは12音(C、C#、D、D#、E、F、F#、G、G#、A、A#、B)で構成される。
つまり、数学的には2の2乗根=1,05946309(出典:ウィキペディア)に等しい。
250,56を9倍して1,059とすると......412,39Hzになる。

 Expanding it further down:
15,66 - 2 - C0
16,5912 - --- C♯0/D♭0
17,5778 - --- D0
18,623 - --- D♯0/E♭0
19,7304 - --- E0
20,9036 - --- F0
22,1466 - --- F♯0/G♭0
23,4635 - --- G0
24,8587 - --- G♯0/A♭0 

430.65hzでは256.1hzのミドルcとなり、これはシュマーン共鳴のオクターブではない。
シュマーン共鳴のミドルcは250.56hzなので、aを421.39hzにチューニングするのがベストだ。

さらに下に拡大する:
15,66 - 2 - C0
16,5912 - --- c♯0/d♭0
17,5778 - --- D0
18,623 - --- d♯0/e♭0
19,7304 - --- E0
20,9036 - --- F0
22,1466 - --- f♯0/g♭0
23,4635 - --- G0
24,8587 - --- g♯0/a♭0

 Expanding it further down:
15,66 - 2 - C0
16,5912 - --- C♯0/D♭0
17,5778 - --- D0
18,623 - --- D♯0/E♭0
19,7304 - --- E0
20,9036 - --- F0
22,1466 - --- F♯0/G♭0
23,4635 - --- G0
24,8587 - --- G♯0/A♭0 


私が言ったように、430.65hzは8.31hzの5オクターブ上である256.1hzの中音を与える。

Like i said, 430.65 hz gives you middle c at 256.1 hz, which is 5 octaves above 8.31 hz. 


私は見つけた 
15,66Hz - 2 - C0

 I found 
15,66Hz - 2 - C0


なぜラジオ局は440ヘルツの標準ピッチにこだわるのだろう。
私たちの想像力が日々少しずつ鈍くなっているからだろうか。
私たちは間違った音楽アーティストに洗脳され、
メインストリームメディアは私たちに自然な響きを聴かせないようにしている。
私たちを洗脳するとしたら、それは256hzのc4であるべきだ。まあ、シューマン共振の倍音であることについてはその通りだ。430.65hzはシューマン共振の55ステップ、つまりaを430hzにチューニングすればいい。つまり、aを430hzに合わせれば、ミドルCは255hzになり、これはシュマーンのピッチ、つまり科学的ピッチからそう遠くない。私たちは音楽業界を解体し、素晴らしい音楽を取り戻す必要がある。つまり、テイラースウィフトを含む今日のアーティストの大半とは違って、本当に歌えるミュージシャンを取り戻すのだ。シンセサイザーやその他の電子キーボードは、楽器全体をチューニングする能力を与えてくれる。ボタンを押すだけで、マイナスや下矢印を何度も押して430hzを見つけることができる。そろそろ、楽器アプリの制作者たちに、チューニング機能を備えたバーチャル楽器を作らせるべきだろう。もしテイラースウィフトがそれを嫌がるなら、私の毛深い尻の割れ目にキスしていいと言ってくれ。おしまい。

 I wonder why radio stations stick with 440 hz standard pitch. 
Is it because our immaginations are getting dummed down little by little every day?
We get brainwashed with the wrong music artists, 
main stream media is keeping us from hearing the natural resonances. 
If anything should be brainwashing us, it should be c4 at 256 hz, 
which is not far off from shumahn pitch. 
Well, you're right about a being harmonics of the shumahn resonance. 430.65 hz is 55 steps of the shumahn resonance, or just tune your a to 430 hz. It gives your middle c at 255 hz, which is not far off from shumahn pitch, or scientific pitch. We need to deconstruct the music industry, and bring great music back, which means musicians that can realy sing, unlike the majority of today's artists, including taylor swift, who use autotune on their records because they can't sing well. Synthesizers and other electronic keyboards give us the ability to tune the whole instrument. Only push a button, and press the minus, or down arrow multiple times to find 430 hz. It's time we start getting these musical instrument app creaters to start making virtual musical instruments that have a tuning function. It's time we start getting these radio stations to pitch shift all songs back to nature's resonances, and if taylor swift doesn't like it, tell her she can kiss my hairy butt crack. End of story. 


Audacityを使って、いくつかの音楽(ポップス)を推定440Hzから以下の音階にチューニングダウンしてみた。
15,66 - 2 - C0
421,39 -#- A4
Audacityにはそれを簡単にできるフィルターなどがある。 440から421,39へのピッチ変換を使ってみた。

音はまったく違う。必ずしも良くなったとは言えない。僕が試したもの(ほんの一握り)は、どこか「輝き」や「明るさ」を失っていた。
もしかしたら、チューニングを下げるのが本来のやり方ではないのかもしれない。
何か提案やアイデアはありますか?


cとa440hzの差を取り、その差をc=250.56hzに加えることでaの428.93hzを得た。この表では、c250.56とa421.39の差は、a440zとcの差とは異なります。

 I'm confused, I got 428.93hz for a by taking the difference between c and a440hz and adding that difference to the c = 250.56hz. With this table The difference between c250.56 and a 421.39 is different then the difference between a440z and c on that table. 


私が言ったように、430では255hzのミドルCが得られ、これは科学的ピッチ、つまりシュマーンピッチには遠く及ばない。

 Like i said, 430 gives you a middle c at 255 hz, which is not far off from scientific, or shumahn pitch. 


加算式ではなく、指数式です(2^(1/(基準ピッチより上の音数/12))。C=501.12を使えばはるかに偏差は少なくなり、それを使ってもまだ不正確です。シューマン周波数の最も近いオクターブを見つけて(単なる2進法)、それをファソラ音階の「ド」と呼ぶ方がはるかに簡単です。もちろん、これが一定の音程ではないという問題には誰も触れていない。

 It's not additive, it's exponential  (2^(1/(number of notes above reference pitch/12)). There will be far less deviation using C=501.12, and using that, but still inaccurate. It's far easier finding the nearest octave of the Schumann frequency (just binary math) and calling it "do" in a fasola scale. Of course, absolutely no-one has addressed the issue that this is NOT a constant pitch. 


しかし、磁場に関係する発振器や励振器との神経的な相互作用がある可能性の方がはるかに高い(落雷がそうであるように、近づきすぎると非常に不健康になる)。可聴音は交流磁場や電場と同じようには私たちに影響を与えないが、脳に直接影響を与える。みんな、簡単な答えを探している。

 You might as well reference ANY pitch, but there's a LOT more likelihood there might be some neural interaction with oscillators or excitors involved with the magnetic field (which is what lightning strikes do, and in a very unhealthy way if you happen to be too close...) worth investigating for their effects on the nervous system. Due to their variable nature, and the range of individual response (nobody ever addresses THAT, either) you can't come up with a standardized reference pitch, and audible sound does NOT affect us the same way as AC magnetic or electric fields, but it DOES affect the brain directly- then again, not identically to sub- and infrasonics, either. Everyone's looking for trivially easy answers where there aren't just a few... 


シュマーン・レゾナンスは250.56hzの5オクターブ下なので、420hzにチューニングする必要がある。

since shumahn resonance is 5 octaves below 250.56 hz, you should tune to 420 hz


私は432hzで落ちた雷を聴いた。同じように聞こえるが、8ヘルツ低い。432hzの方が、歌い手の声への負担が少ないため、自然との共鳴が良いようだ。440hzの方がよりクリーンでシャープな音色かもしれないが、aを440hzに設定すると人体に悪影響がある。aを432hzに設定すると、440hzで得られるものよりずっとクリーンで落ち着きます。科学的ピッチは256hzのc4であり、今日のc4は261.626hzである。ミドルcを261.626hzで演奏すると、人体の自然な共鳴が得られない。人間の鼓膜の固有振動数は128hzのc3に設定されており、256hzのc4は128hzのc3のオクターブである。261.626hzのC4は、256hzのc4、128hzのc3には到底及ばない。431hzは384hzのG4となり、これは128hzのC3のオクターブと5分の1である。261.626hzを割ると、整数にはならない。小数点以下の数字がたくさん出てくる。256hzを2で割ると、1までの整数が得られる。
432 hz
4+3 = 7
7+2 = 9
4+3+2 = 9
4+2 = 6
4+2 = 6+3 = 9
384hz g4
3+8 = 11
8+4 = 12
3+8+4 = 12+3 = 15
256ヘルツ c4
2+5 = 7
7+6 = 13
2+5+7 = 13
216 hz a3
2+1 = 3
3+6 = 9
2+1+6 = 9
ほとんどの数字が3、6、9の倍数になるのがわかるだろうか?試しに440hzの音の周波数をすべて取ってみて、3、6、9の倍数になるかどうか確かめてみよう。また、1日は86400秒である。432x2 = 864
8+6 = 14
14+4 = 18
8+6+4 = 18
1日12時間は43200である。432を12で割ると36となり、3、6、9の倍数となる。1時間は36000秒×12=43200秒。 つまり、永遠に432hz

 I listened to thunder struck at 432 hz. It sounds the same, but 8 hz lower. 432 hz seems to resonate a lot better with nature, because it puts less strain on the singers voice. 440 hz may have a cleaner and sharper tone, but there are negative effects on the human body when a is set to 440 hz. Putting a at 432 hz is a lot cleaner and more calming than what you get at 440 hz. Scientific pitch is c4 at 256 hz, and today's c4 is 261.626 hz. When you play middle c at 261.626 hz, you don't get the natural resonance of the human body. The natural frequency of the human eardrum is set at 128 hz c3, and c4 at 256 hz is an octave of 128 hz c3. C4 at 261.626 hz is nowhere near 256 hz c4, and 128 hz c3. 431 hz gives you a g4 at 384 hz, which is an octave and a 5th of 128 hz c3. If you divide 261.626 hz, you don't get whole numbers. You get a lot of numbers with decimals. If you divide 256 hz by 2, you get whole numbers all the way down to 1. 4+4+0 = 8
432 hz
4+3 = 7
7+2 = 9
4+3+2 = 9
4+2 = 6
4+2 = 6+3 = 9
384 hz g4
3+8 = 11
8+4 = 12
3+8+4 = 12+3 = 15
256 hz c4
2+5 = 7
7+6 = 13
2+5+7 = 13
216 hz a3
2+1 = 3
3+6 = 9
2+1+6 = 9
See how most of the numbers add up to multiples of 3, 6, and 9? Try taking all the frequencies of the notes at 440 hz, and see if you get multiples of 3, 6, and 9. Also, a day is 86400 seconds. 432x2 = 864
8+6 = 14
14+4 = 18
8+6+4 = 18
12 hours in a day is 43200. 432 divided by 12 = 36, which is a multiple of 3, 6, and 9. 1 hour is 36000 seconds by 12 = 43200 seconds.  So 432 hz forever 


7.83hzは地球と人間の共振である。
この数字を2倍にして、次の数字を2倍にして、次の数字を2倍にして、261.63hzに設定されている従来のC4より下の(上ではない)次の周波数に到達する。

この数字は250.56hz(真の人間/地球のC4)である。

今日のC4は261.63hzであり、今日のA4は440hzである。

2つの音(C4とA4)の差は合計178.37hzとなる。

したがって、新しい真の人間/地球のC4(250.56hz)を取り、その差(178.37hz)を加えれば、新しい真の人間/地球のA4が得られる。

真の人間/地球A4は428.93Hzです。


7.83 hz is the earth/human resonance. 
double this number and double the next and double the next, until you get to the next frequency below (not above) todays conventional C4 which is set at 261.63hz

This number is 250.56hz (true human/earth C4)

today's c4 is 261.63hz and today's A4 is 440hz.

the difference between the 2 notes (C4 and A4) is a total of 178.37hz

so if we take our new true human/earth C4 (250.56hz) and add the difference (178.37hz) we get our new true human/earth A4

the true Human/earth A4 is 428.93Hz.


インクの美学OK。430hzに近い。428.93hzにチューニングすれば、50hzの周波数が得られるはずで、これは400hzの3オクターブ下の嬰ト音記号である。60hzは科学的なbであり、15倍音に共鳴する。250.56hzを得るために446.44hzにチューニングするのはとても間違っている。そのチューニングは440hzから来ている。528hzを得るために444hzにチューニングするのも間違いで、666hzのeが得られる。多くの人が432hzをシュマーン共鳴と呼んでいる。それは正しくない。惑星の基本的なビートは8hzではありません。430.65hzは8.31hzの5オクターブ上、256.1hzのミドルcを与える。絶対音感を求めるなら、428.93hzが必要だ。ミドルcを256hzに置くということは、1hzでチューニングしていることを意味し、これは1秒に相当する。440hzはアメリカ音楽家連盟によって導入され、軍事研究は440hzを兵器として使用する方法を発見した。すべては、周波数を432hzから440hzに変えようとしたロカフェラーズから始まった。私たちは何十年もの間、標準的な440ヘルツのチューニングを使ってきた。440ヘルツのチューニングは認知的不和と敵意を助長するため、チューニングをシュマーン共鳴に戻す運動が必要だ。

 Inked Aesthetics ok. It's close to 430 hz. If we tune to 428.93 hz, we should get the frequency of 50 hz, which is the scientific g sharp, 3 octaves below 400 hz. 60 hz should be the scientific b, resonating at the 15th harmonic. Tuning to 446.44 hz to get 250.56 hz is so wrong. That tuning comes from 440 hz. Tuning to 444 hz to get 528 hz is also wrong, and it gives you an e at 666 hz. Many people have called 432 hz the shumahn resonance. That is incorrect. The fundamental beat of the planet is not 8 hz. 430.65 hz gives you a middle c at 256.1 hz,  which is 5 octaves above 8.31 hz. If you want absolute pitch, you need 428.93 hz. Putting middle c at 256 hz means you are in tune with 1 hz, which is the equivalent to a second. This means that time is always in c. 440 hz was introduced by the american federation of musicians, and military research has found a way to use 440 hz as a weapon. It all started with the rockafellers who wanted to change the frequency from 432 hz to 440 hz. We has used the standard 440 hz tuning for decades. There needs to be a movement to change the tuning back to the shumahn resonance, as the 440 hz tuning promotes cognitive discord and hostility. 


このビデオにあるように、420は肉欲的な男の数字で、それは目指すべきものではない。
このビデオにあるように、420は肉欲的な人間の数であり、私たちが目指すべきものではない。
君たち超頭脳派には面白いだろうと思って読んだんだ :)

 Thank you for this , very knowledgeable :) see Inked Aesthetics' number of 428 is a double 7 which is YHWH fave number of perfection and the . number 93 is a 12 which is YHWH's number of His Order of things as for 430 it is simply a seven which is great too .
420 as per this video is a carnal man number which is not what we need to aspire for plus when I heard it sounded it was awful to my ears, my soul and my spirit .
I thought that would be interesting for you super brains to read :) 


イントネーションに合わせてチューニングすると420hzになる。平均律を使えば421.6hz。ピタゴラス音律を使えば、シャープな428.93hzになる。

 some guy well, if you tune to intonation, you will get 420 hz. If you use equal temperment tuning, you get 421.6 hz. If you use pythagorean tuning, you get the sharp 428.93 hz. 


基本的なシューマン共振に合わせた平均律を目指すなら、A4の正しい周波数は421.39である。

平均律音階の音符の周波数の基本式は、次のように与えられる。
fn = f0 * (a)^n 
ここで 
f0 = 定義しなければならない1つの固定音の周波数。一般的な選択は、ミドルCの上のA(A4)をf0 = 440 Hzに設定することです。
n = あなたがいる固定音から半歩離れた位置の数。高い音にいる場合、nは正になります。低い音にいる場合、nは負になります。
fn = n半音先の音の周波数。
a = (2)^1/12 = 2の12乗根 = 12倍すると2になる数 = 1.0594630943592952645618252949463

シューマン共振の最低周波数(および最高強度)モードは、約7.83Hzの周波数で発生する。

7.83Hzを非常に低いC音とする。
周波数はオクターブで倍増し、15.66 Hzになる。
オクターブで周波数が2倍になり、31.32 Hzになる。
オクターブで周波数が2倍の62.64 Hz 
オクターブで周波数が2倍になり125.28 Hzになる 
オクターブで周波数が2倍になり、250.56 Hzとなる。

A4はミドルCの半音9段上で、周波数は次のようになる: 
F9 = 250.56 * (1.0594630943592952645618252949463)^9 = 421.39 Hz 

A4 = 421.39 Hz

If you aiming for equal temperament in tune with the fundamental Schumann resonance, the correct frequency for A4 is 421.39

The basic formula for the frequencies of the notes of the equal tempered scale is given by 
fn = f0 * (a)^n 
where 
f0 = the frequency of one fixed note which must be defined. A common choice is setting the A above middle C (A4) at f0 = 440 Hz. 
n = the number of half steps away from the fixed note you are. If you are at a higher note, n is positive. If you are on a lower note, n is negative. 
fn = the frequency of the note n half steps away. 
a = (2)^1/12 = the twelfth root of 2 = the number which when multiplied by itself 12 times equals 2 = 1.0594630943592952645618252949463

The lowest-frequency (and highest-intensity) mode of the Schumann resonance occurs at a frequency of approximately 7.83 Hz. 

Let 7.83 Hz be a very low C note. 
The frequency doubles at the octave to 15.66 Hz 
The frequency doubles at the octave to 31.32 Hz 
The frequency doubles at the octave to 62.64 Hz 
The frequency doubles at the octave to 125.28 Hz 
The frequency doubles at the octave to 250.56 Hz This is Middle C. 

A4 is 9 half steps above Middle C and the frequency is: 
f9 = 250.56 * (1.0594630943592952645618252949463)^9 = 421.39 Hz 

A4 = 421.39 Hz


するとc-5は501.12hzとなる。

 Then c-5 would be 501.12 hz. 


Aは446ぐらいが合う。 これは420の半音上の音なので、Aを高くするか低くするかを選ぶだけで、同じことだ。 446は440に近く、効果を出すために少しシャープにチューニングすることも珍しくないが、もう一度言う。

 about A 446 fits.  Now thats a half step above 420ish so its the same thing just pick what you want to call A, higher or lower.  446 is closer to 440 and it is not uncommon to tune a little sharp for effect, but onces again what you call A is does not matter 


どうやらあなたは何も注意を払っていなかったようだ。250.56hzの "c "は7.83hzの "c "より5オクターブ低い。また、420hzはジャストテンパー "a "の421.39hz 420hzである。それは全体的な経験を変更することはありません。

 Apparently you didn't pay any attention. 250.56 hz "c" is 5 octaves below 7.83 hz "c".also 420 hz is the just tempered "a" 421.39 hz 420 hz. It won't change the overall experience. 


421.39から420を引くと1.39)

 421.39 subtracted by 420 is 1.39) 

https://www.youtube.com/watch?v=I1dT4fLGOHc


この音階は、数学的には定数(2^(1/12))で表すことができます。
音程に対する周波数の計算式があります: 

既知の周波数[f(0)] * 定数[a]^既知の周波数と希望する周波数の間の半音階数[n]。[n]は+/-である

f(0) * a^n = f(n) ; 7.83はシューマンのおかげで我々の既知の周波数である。

f(0) = 7.83 Hz

440Hzの音階の7.83はB(-2).... 7.83が地球の共鳴周波数の基礎なので、7.83を音階のC(-1)とする(半音上がる)。
これでC(-1)からC5まで6オクターブとなる。C5から半音3つ下がA4。

n = (6 * 12) - 3 = C(-1)からA4までの69半音階
a = 2^(1/12) = 1.05946309436

つまり、7.83 * a^69 = f(n)(地球の共振周波数に基づくA4の周波数)となる。

A4 = 421.39 Hz......。これが地球の共振周波数7.83Hzに合わせたA4の正しい計算である。

また、周波数が1オクターブ高くなるごとに2倍になり、1オクターブ低くなるごとに半分になる。
C5 = 501.12 Hz

 For anyone who wants to know why he suggests ~420hz ( i had to got look it up myself)..... musical note frequency cannot be calculated straightforward because the frequency of music notes are on a scale. this scale can be mathematically represented by a constant (2^(1/12)). because there are 12 half steps in one octave.
There is a formula for calculating frequency to pitch which is: 

known frequency[f(0)] * constant[a]^number of half steps between known freq and desired frequency[n]. [n] can be +/-

f(0) * a^n = f(n) ; 7.83 is our known frequency thanks to Schuman. 

f(0) = 7.83 Hz

7.83 on the 440hz tuning scale is the music note B(-2).... Since 7.83 is our foundation for Earth's resonance freq, let 7.83 be C(-1) on the music scale (one half step up).
This gives us 6 octaves from C(-1) to C5. 3 half steps down from C5 is A4.

n = (6 * 12) - 3 = 69 half steps from C(-1) to A4
a = 2^(1/12) = 1.05946309436

Gives us 7.83 * a^69 = f(n) (freq. of A4 based on Earths resonance freq)

A4 = 421.39 Hz...... This is the correct calculation for A4 in tune with Earth's resonance of 7.83 Hz

also the frequencies double for every octave higher and halves for every octave lower.
C5 = 501.12 Hz 
https://www.youtube.com/watch?v=I1dT4fLGOHc


12TET "421.39 hz" "a" 60hzと50hzに近い。

地球のシューマン周波数は7.83hzである。420は数学的に調和していません。本当は430.65なのです。

421.39hzもまた調和している、なぜならCはシューマン共振の高調波だからだ。

421.39hzも調和がとれている。それは422.82その7.83hzシューマンの別の倍数であるべきです。


12TET "421.39 hz" "a" you are close to 60 hz and 50 hz. 

The earth's schumann frequency is 7.83hz. 420 is not mathematically harmonious. It is really 430.65 please consider the math behind it. 

421.39 hz also harmonious, because the c's are harmonics of the shumahn resonance 

coin operated rides and fidget spinners 2000. It should be 422.82 its another multiple of 7.83hz schumann 

https://www.youtube.com/watch?v=I1dT4fLGOHc

 


When A is tuned to 432Hz the frequencies of the other A’s shift (within a decimal point) to 27 Hz, 54, 108, 216, 864, 1728 in other octaves.
D becomes 576 Hz which becomes 9 Hz, 18, 36, 72, 144, 288, 1152 in other octaves. E becomes 324 Hz which becomes 81 Hz, 162, 648, 1296 in other octaves. All of these frequencies are divisible by 3…
Regards, John Stuart Reid.”

However for the sensation of tone to be more resonant at 432Hz you can alleviate the problem of the pythagorean comma by bridging the tuning of C Prime 256Hz with A=432Hz at Twelve True Fifths Tuning. The result is far more resonant than Equal Temperament tuned to 440Hz and from the stand point of Cymatic and acoustical physics research, should yield interesting new results about the nature of resonance.

https://omega432.com/archives/the-importance-of-432hz-music/


この話題についてインターネットで検索してみると、かなり激しい議論が交わされていることがわかる。最もよく知られている
 最もよく知られている惑星または「地球の周波数」はシューマン共振と呼ばれる、
これは可変であるが、7.83Hz付近に存在する。これは、運動で好まれている8Hzのシステムより少し低い。シューマン共振の7.83を音楽の音階に当てはめると、ヴェルディの音楽は7.83Hzの音階になる。
音階を用いると、ヴェルディのA-ノートは430.65Hzとなり、好まれている432Hzの周波数にかなり近い。

An internet search on the topic reveals quite an intense debate on the subject. The
 best known planetary or “Earth frequency” is called the Schumann Resonance,
which is variable, but resides around 7.83 Hz. This is a bit lower than the 8 Hz system favored in the movement. If we use the Shumann Resonance of 7.83 a
musical scale, then Verdi’s A
-note would be 430.65 Hz: pretty darn close to the favored 432 Hz frequency. 
https://www.scribd.com/document/368844114/Schumann-Resonance-Tuning-430-65-Hz

 


完全に証明されてはいないものの、ナチス政権が「もっとも恐怖と攻撃性を誘発する周波数」の研究を行った結果、この数字を採用したという説もある。それが事実かどうかは別として、ある興味深い研究によると、A=432 Hzに音楽をチューニングするメリットがいくつかあるようだ。

A=432Hzは、宇宙の規則性と数学的に一貫していると言われている。意識や重力、磁気、物質は、A=432Hzで振動や光、時間、空間の性質を統一。A=432Hzは、他の多くの神聖なもの、つまり、太陽や地球、月と同様に、春分点、エジプト、ストーンヘンジ、およびスリランカのピラミッドなどでも反映されている。

考慮すべきもう一つの要因は、A=432Hzのチューニングは、色のスペクトラムとチャクラシステムとも相関すること。A=440Hzではそうはならないのだ。

チャクラは太陽スペクトラムの7つの光につながっているため、使用する音符と周波数が同じである必要がある。A=432Hzは、宇宙鍵盤や宇宙ピッチのチューニングにおいては、A=440Hzの近代性とは対照に「標準的」だ。これは、インド古典音楽、シタールのメイン音符のピッチでもある」-ダメオン・ケラー

https://tabi-labo.com/156689/music-a432

1/f ゆらぎを出せる有名人

いわゆる眠くなる声(心地よく響く声)というのも1/fゆらぎと関連があるようです。

歌手でいうと、美空ひばりさん、宇多田ヒカルさん、松任谷由実ユーミン)さんなどが1/fゆらぎの声を出せるといわれています。

ジャパネットたかた社長さんもこの特性を持っているようです。

一般的に聞き取りやすい声の周波数は440Hz程度と言われおり、耳障りな声・不快な音に感じるのは3000Hz~4000Hzの周波数と言われています。

男性に人気の女性の声は周波数が340〜350Hzで、有名人でいえば松嶋菜々子さんのような声のようです。

ナレーターやタレントとしても活躍されている声優の金田朋子さんは20000Hzを超える周波数も含まれていると言われています。

https://toratora-media.jp/archives/3197

人間の声の周波数帯域は、一般的に約20Hzから20,000 Hzまでです。

ただし、年齢や性別などの要因によっても異なる場合があります。

例えば、子供や女性は高い周波数帯域まで聞き取ることができることがありますが、
高齢者は低い周波数帯域までしか聞き取ることができない場合があります。

ちなみに、自然界には、様々な音が存在します。以下に代表的なものとその周波数をいくつか挙げてみます。

風の音:約10 Hz~200 Hz
雷の音:約20 Hz~20 kHz
雨の音:約100 Hz~10 kHz
鳥のさえずり:約1 kHz~8 kHz
カエルの鳴き声:約100 Hz~5 kHz
昆虫の音(セミ、バッタ、コオロギなど):約1 kHz~8 kHz
海の波の音:約10 Hz~1 kHz
滝の音:約20 Hz~20 kHz
動物の足音:約5 Hz~40 Hz
火の音(燃える木や炭火など):約20 Hz~500 Hz

楽器の音の周波数は、楽器の種類や演奏方法、音量などによって異なりますが、以下に一般的な範囲での周波数帯域をいくつか挙げてみます。

ピアノ:約27 Hz~4186 Hz
ギター:約82 Hz~1175 Hz(6弦の場合)
バイオリン:約196 Hz~1760 Hz
チェロ:約65 Hz~1046 Hz
フルート:約262 Hz~2093 Hz
サックス:約220 Hz~1567 Hz
トランペット:約131 Hz~1319 Hz
ドラムセット(バスドラム):約20 Hz~200 Hz
シンバル:約1 kHz~20 kHz

人間の声の周波数帯域で男性・女性の平均については

・普段の話し声(男性)
下限は120~200Hz
上限は破裂音や「さしすせそ」などの摩擦音も含むなら、20,000Hzくらいまで出ています。

・普段の話し声(女性)
下限は200Hz~300Hz
上限は男性と同じで20,000Hzくらい。

・人間の声で出せる限界
下限は100Hz程度
上限は上に述べたように、摩擦音まで含めるなら20,000Hzくらいまで出せます。
母音のように声帯を震わせてという事なら、ホイッスルボイスのような特別な技法を使えば3,000Hzくらいまで出るようです。

声楽的音域としては

男性)バスの最低音:87 Hz ~ テノールの最高音:440 Hz
女性)アルトの最低音:174 Hz ~ ソプラノの最高音:880 Hz

です。

ちなみに、人間の耳で聴こえる音の大きさは、音圧レベル(Sound Pressure Level, SPL)として測定され、
単位はデシベル(dB)で表されます。以下は、一般的な音の大きさを示す一連のデシベルの値です。

0 dB:聴覚閾値。ほとんどの人が聞き取れる最小の音の大きさ。
20 dB:静かな図書館の中など、非常に静かな環境。
40 dB:静かな居間やオフィス内など、静かな環境。
60 dB:一般的な会話や家庭内のテレビやラジオなど、普段の生活音。
80 dB:自動車の通行音や、都市部での生活音など、ややうるさい環境。
100 dB:ロックコンサートや発電機の音、大音量のスピーカーなど、非常にうるさい環境。
120 dB:爆発音やジェットエンジンの音など、非常に大きな音。

なお、人間の耳は、聴力のレベルによって聞き取れる音の大きさが異なるため、
上記のデシベルの値はあくまで目安として捉えてください。

○A(アー)の音
 オーケストラが、演奏する前に、必ず楽器の音合わせをします。
それをチューニングといいますが、
コンサートマスターと呼ばれる第一バイオリン奏者がAの音を最初に出す事から始まります。
Aを日本語では、ドレミの、ラの音、もしくはイロハではイの音と呼びます。
この周波数は、440Hzとされていますが、厳密には規定されていなくて、各オーケストラで周波数が微妙に違います。
例えば441HzをAとして演奏をしていても間違いではありません。
この音程は、人の赤ちゃんの泣き声から、伝統的に決まりました。

https://www.koregasiritai.com/ningen-koe-syuuhasuu-hz/

◆歌う時の声域

【男声】

バス
87~294Hz

バリトン
98~392Hz

テノール
131~440Hz

【女声】

アルト
175~784Hz

メゾ・ソプラノ
220~880Hz

ソプラノ
262~1047Hz

※小数点以下は四捨五入した数値です。

周波数は数が小さければ小さいほど低い音に、大きければ大きいほど高い音であることを示します。

音域としては、約2オクターブです。

◆話す時の声域

成人男性
120~200Hz

成人女性
200~300Hz

これは、かなり個人差があると思いますがおおよその目安にはなると思います。特に何も意識せず、ナチュラルに会話をした場合の数値です。
「さ行」など空気を含む音の時は、4000~5000Hzと、部分的に高い数値になります。

ちなみに、筆者(34歳・女・合唱はメゾソプラノ)の声で測定した数値ですが、

・「あーーー」と伸ばし続けた声は、194~152Hzへ徐々に下がる

・「キャー!」という悲鳴は、1791Hz

という結果になりました。

ひとことメモ

赤ちゃんの泣き声は、2000Hz以上。

しかも雑音が入っているから不快に感じるそう。

不快=無視はできない!

だから、欲求を伝える大切なサインになるんです。

https://music.a-miya.jp/koe-hz/

調律で重要となるピッチとは、音の高さのことです。
442ヘルツ(Hz)と440ヘルツのどちらかに合わせるのが一般的で、
どちらの音にするかは一定の判断基準があります。

ピッチとは?

ピッチとは、楽器が出す音の高さのことです。この決定の基準になるのが、ピアノの鍵盤の中央にあるドから右側の、一番近くにある「ラ」の音です。この「ラ」を、ピアノの音を合わせる基準の音(基音)とし、その周波数をピッチと呼んでいます。

楽器のピッチは、時代や地域ごとに差があります。17~18世紀は415ヘルツ、18~19世紀は430ヘルツでしたが、1920年代にアメリカで440ヘルツが制定されてから、いまでは440という数字が国際的な基準になっています。

ただ、ヨーロッパでは444~448ヘルツが主流であり、日本のオーケストラでは442ヘルツを採用しているところが多いです。

■好きな音の種類はどちらか
ほかには、音を聞いたときの好みによって、440ヘルツと442ヘルツのどちらにするか決めることもできます。たった2ヘルツの違いでも、音の印象は変わります。

442ヘルツのほうが周波数が高く、明るく華やかな音になります。独奏が多く、これまでの調律の具合も気にする必要がないというかたは、自分の好きな音のピッチを選ぶとよいでしょう。

https://www.pianochoritsu110.com/column/%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%81%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.php

 1Hz高くなるときのセントの計算は元の周波数Xに影響され、式としては0.39863137591*log((X+1)/X)となります

A=440の時、1Hz高くなると
3.930セント高くなります
2Hz高くなって442Hzになると、0.39863137591*log(442/440)で
7.851セント高くなります

https://blog.goo.ne.jp/5637563ab/e/6fe5ff5e353ad31474975d1c0c8487d2

「響きの科学」という、音を科学的に分析した本を読んで思った事でした。

    「1939年にロンドン国際会議が開かれ、A=440Hzと決められたのだとか。それまでは世界中の地域ごとにAの音が若干違っていた。」

という事実にはとても大きな驚きがありました。

1939年以前にはドイツとイギリスではAの音が異なっており、音叉も両方の国でピッチが異なっていたのです。
ドイツ人とイギリス人のギタリストが一緒に演奏しようとした時、互いに自分の音叉でチューニングをしてから演奏を始めるとまったく噛み合ないひどい演奏になっていたのでしょう、なぜならお互いのチューニングが違うから。
二人同時に5弦開放のA音を出しても背中がソワソワするような響きしかしなかったはずです。
そこで、どちらかのチューニングに合わせて片方がチューニングをやり直す必要があったのです。

ギターのように簡単にチューニングできる楽器はまだ良いのですが、楽器の長さで出る音のピッチが決まるフルートなどの管楽器にとっては死活問題だったと書かれています。
ドイツ人とイギリス人のフルート奏者が一緒に演奏する場合、片方のフルートを切って短くする必要があったのでしょう。
そういった弊害をなくすために1939年の国際会議でA=440Hzに定められたそうです。

https://thepocketguitar.com/archives/4100

ちなみのちなみに、日本語表記では「イ」です。
日本語音名での「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」は、
「ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハ」と表記しますよね。

何故、「ハ」から始まるの?の答えはここにあります。

世界の基準音が「ラ」から始まるので、日本でもそれを「いろはにほへと」の順に当てはめたからなんですね。

うん、納得。

この「ラ=440Hz」で行こう!が決まったのは1939年、ロンドンでの国際会議からです。

当然ですが、その前までの基準は1885年、ウイーンでの会議で決まった「ラ=435Hz」だったそうです。

それ以前は基準ナシ!

要は「雰囲気で~」みたいな感じだったんでしょうか。。。

今回のテーマ「チューニングピッチ」については、
「時代とともに変わっていった(=高くなっていった)」が結論です。

・440Hz=ひと昔まえ
・442Hz=最近の主流

と言って差し支えないようです。

https://otonohablog.com/442hz/

ピアノと合わせる場合はギターも442ヘルツ(Hz)にチューニングする?

ピアノのチューニングがA =442ヘルツになっている場合ことがあります。

このピアノにギターを合わせるなら、ギターも422ヘルツにチューニングする必要があります。もちろんベースもですね。

そもそもなぜA=440なのか?

それではなぜA=440ヘルツかというと、国際会議でそのように決めたからです。

1939年に国際会議が開かれ、「A=440Hz」という基準が生まれました。

それ以前はそれぞれまちまちだったのです。

音楽も国際化が進み、基準が必要になったのですね。

たまにはギターのチューニングを他のヘルツにしてみよう!

というわけで、ギターも明るい雰囲気で弾きたい時はA=442ヘルツにチューニングしてみましょう。

また、重い雰囲気を出したい場合はA=432等にしてみましょう。

それだけで新しい発想が湧いてきますよ!

https://bassguitarband.com/a440hz/

現在の基準ピッチはA=440Hzです。この数値はいったいどのような経緯で決まったのでしょうか。
今から400年ほど前の基準ピッチはA=415Hz程だったと言われています。それが100年ほど進んだ300年ほど前には420~425Hz、19世紀前半にはすでに現在のA=440に近いチューニングが登場しています。

その後、基準ピッチは国や地域によって驚くほどのばらつきをみせます。極端な例ではなんとA=461Hzであったところもあり、現代のB♭音の周波数が約466Hzであることを考えると、「同じ音」と呼ばれながら実際はほぼ半音も高い状況でした。

このように国や時代によって異なっていた基準ピッチですが、音楽が産業化・機械化するに従い、「統一規格としての基準音」が必要とされるようになりました。そうした中で1939年に国際会議が開かれ、「A=440Hz」という基準が生まれました。

例えば日本を代表するオーケストラ、NHK交響楽団のチューニング音は440Hzより少し高いA=442Hzであることが知られています。音楽ホール備え付けのグランドピアノもA=442にチューニングされていることがほとんどです
また、部活などのアマチュア現場でも同様に、例えば吹奏楽でもA=442が主流になっており、筆者の所属していた合唱部も中学高校共にA=442で練習していました。

このように日本のクラシック音楽業界ではA=442Hzが当たり前のように基準ピッチとして広まっています。しかし世界的に見ると国や都市、オーケストラや指揮者によっても異なるという現象が起こっています。

現在、世界の主要なオーケストラではA=442~444Hzが主流となっています。かつて「楽壇の帝王」と呼ばれた名指揮者・カラヤンはA=446という非常に高いピッチを好みました。

https://clap.site/tuning-440-classic/

 

 


 


 

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

改訂版「AWG」は魔術か、医術か? [ 俊成 正樹 ]
価格:1,650円(税込、送料無料) (2023/12/9時点)


 

 

 

 

Onelink
https://1link.jp/healwithrife

lit.link
https://lit.link/healwithrife

Youtube
https://www.youtube.com/@Heal_With_Rife-Binaural_Beats

bandcamp
https://healwithrife.bandcamp.com/

booth
https://healwithrife.booth.pm/

Ofuse

https://ofuse.me/healwithrife

patreon
https://www.patreon.com/HealWithRife

ko-fi
https://ko-fi.com/healwithrife

楽天Room
https://room.rakuten.co.jp/room_591d2ccbd8/items

楽天ブログ
https://plaza.rakuten.co.jp/rifefrequency/

 

ソ​ル​フ​ェ​ジ​オ​ミ​ラ​ー​周​波​数 147Hz 258Hz 369Hz 471Hz 582Hz 693Hz 714Hz 825Hz 936Hz
https://healwithrife.bandcamp.com/album/solfeggio-mirror-frequencies-147hz-258hz-369hz-471hz-582hz-693hz-714hz-825hz-936hz

視​​​力​​​回​​​復​​​の​音​。​視​力​改​善​の​ラ​​​イ​​​フ​​​周​​​波​​​数​。
https://healwithrife.bandcamp.com/album/eyesight-healing-rife-frequencies-eye

風​邪​・​イ​ン​フ​ル​の​症​状​を​和​ら​げ​る​音​ ​ラ​イ​フ​周​波​数
https://healwithrife.bandcamp.com/album/cold-and-flu-relief-rife-frequency


偏​頭​痛​に​効​く​音​?​ラ​イ​フ​周​波​数
https://healwithrife.bandcamp.com/album/migraine-relief-rife-frequencies

頭​痛​緩​和​の​音 偏​頭​痛​・​片​頭​痛​緩​​​和​​​の​ラ​イ​フ​周​波​数
https://healwithrife.bandcamp.com/album/headache-and-migraine-relief-rife-frequency-sound-therapy

痛​み​​​緩​​​和​​​の​​​音​・​​​ラ​​​イ​​​フ​​​周​​​波​​​数
https://healwithrife.bandcamp.com/album/pain-relief-rife-frequency-sound-therapy

731Hz&732Hz 本​物​の​DNA​修​復​周​波​数​! ラ​イ​フ​周​波​数​。
https://healwithrife.bandcamp.com/album/731hz-732hz-real-dna-healing-frequencies-dna-rife-frequency

ガ​ン​の​症​状​緩​和​の​音​・​ラ​イ​フ​周​波​数 1 587​.​33Hz 444 Hz 2127 Hz 2008 Hz 727 Hz 787 Hz 880 Hz 690 Hz 666 Hz
https://healwithrife.bandcamp.com/album/cancer-healing-rife-frequencies-1-1-58733hz-444-hz-2127-hz-2008-hz-727-hz-787-hz-880-hz-690-hz-666-hz

万​能​ラ​イ​フ​周​波​数​セ​ッ​ト 1 伝​統​版 純​ト​ー​ン​ミ​ッ​ク​ス​版 あらゆる病気に効く?
https://healwithrife.bandcamp.com/album/all-healing-rife-frequencies-set-1-traditional-pure-tones-mix-1

万​能​ラ​イ​フ​周​波​数 セ​ッ​ト​2 最​強​の​バ​イ​ノ​ー​ラ​ル​ビ​ー​ト​集​ 727 hz 787 hz 20 hz 880 hz あらゆる病気に効く?
https://healwithrife.bandcamp.com/album/all-healing-rife-frequencies-set-2-the-ultimate-binaural-beats-2-1-727-hz-787-hz-20-hz-880-hz

万​​​能​​​ラ​​​イ​​​フ​​​周​​​波​​​数​​​セ​​​ッ​​​ト 3 分​析​ベ​ー​ス 純​​​ト​​​ー​​​ン​​​ミ​​​ッ​​​ク​​​ス​​​版 あ​ら​ゆ​る​病​気​に​効​く​?
https://healwithrife.bandcamp.com/album/all-healing-rife-frequencies-set-3-analysis-based-pure-tones-mix-3

万​​​能​​​ラ​​​イ​​​フ​​​周​​​波​​​数 セ​​​ッ​​​ト​​​4 最​​​強​​​の​​​複​数​周​波​数​集​​​1 727 hz 787 hz 20 hz 880 hz あ​​​ら​​​ゆ​​​る​​​病​​​気​​​に​​​効​​​く​​​?
https://healwithrife.bandcamp.com/album/all-healing-rife-frequencies-set-4-the-ultimate-multiple-frequencies-2-1-727-hz-787-hz-20-hz-880-hz

バ​ー​バ​ラ​・​ヒ​ー​ロ​ー​の​臓​器​の​周​波​数
https://healwithrife.bandcamp.com/album/barbara-heros-human-organ-frequencies

生​理​痛​・​月​経​痛​緩​和​の​ラ​イ​フ​周​波​数 月​経​困​難​症​緩​和​の​音​ ​生​理​痛​を​和​ら​げ​る
https://healwithrife.bandcamp.com/album/menstrual-pain-relief-rife-frequency-dysmenorrhea-relief

痛​み​​​緩​​​和​​​の​​​音​・​​​ラ​​​イ​​​フ​​​周​​​波​​​数 サ​​​ウ​​​ン​​​ド​​​セ​​​ラ​​​ピ​​​ー
https://healwithrife.bandcamp.com/album/pain-relief-rife-frequency-sound-therapy