Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

240デシベル以上の音で脳を破壊できる!? 欧州宇宙機関(ESA)の試算。

 

240デシベル以上の音で脳を破壊できる!? 欧州宇宙機関ESA)の試算。

音で敵を攻撃?音による健康問題。

 キューバでは高周波音による健康被害が問題となっており
「音響攻撃なのでは?」との憶測まで飛び交っていることもあるうようだ。
吐き気、めまい、不眠症、頭痛、難聴、更には脳への損傷まで危ぶまれている
という高周波音による健康被害であるが、原因はまだ特定されておらず、
超音波同士の干渉によるもの、コオロギの鳴き声などが原因なのではないかと言われているようだ。

 なお、これが原因でアメリカ政府はハバナアメリカ大使館スタッフの半数以上を帰国させたり、
カナダ政府もこの音響被害を懸念し、キューバに滞在する外交スタッフを減らすことを検討しているとのことで、それに対してキューバ側からは「国家間の緊張を煽りキューバを脅威として見なそうとしている」というような内容の批判の声も上がっており、もはや民間どころか国家間の政治的な問題にまで発展するほど深刻な影響を与えているというのだから恐ろしいことである。

また、これと同じような現象が中国にて働いていたアメリカ政府職員からも報告されており、
こちらの場合ではこの政府職員は後に軽度の外傷性脳損傷を負っていると診断されたという。

こちらは、APによってハバナで録音された問題のノイズだ。 
https://www.youtube.com/watch?v=Nw5MLAu-kKs

音響攻撃はリアル、SF的な妄想ではない!
ちなみに、音響による攻撃方法というものは昔から存在している。
理論上では音で人を殺すことも可能だとされており、
欧州宇宙機関ESA)の試算によると、240デシベル以上の音で脳を破壊できるとのことだ。

実際に使用されている音響兵器の中でも有名なのは米軍等が使用している
LRADエルラド/Long Range Acoustic Device)」という装置による、
超音波を利用して遠方の一定ポイントにいる相手に爆音による攻撃を仕掛けるというもの。
なお、この技術は攻撃だけではなくコミュニケーション手段としても活用されているとのことだ。

 また、若者のみが聞こえる蚊の羽音のような高周波音「モスキート音」は、
ネズミや迷惑行為をする若者がたむろするのを防ぐために使用されている場合も多い。
 
音による健康被害は結構深刻
この「音による健康被害」はなかなか深刻なもののようで、
これまでには様々な種類の音による健康被害が報告されてきている。
高周波音による被害はもちろん、低周波音による被害もある。
例えば、微小地震活動により発生する「Hum」という低周波は、
一部の高感度の耳を持つ人々にストレスを与え、
中には自殺してしまう人までいるとのことだ。
低周波音による被害の中には、高周波音と同じく頭痛や吐き気、めまい、
不眠等のほか、肩こりやしびれ、耳の痛み、顎の痛み、
なかには幻覚などを訴える人までいるとのこと。
中には、こういった耳に聞こえない
(一部の人にだけ聞こえるような場合もある)音の被害を調査する民間の業者も存在するようだ。

 日本騒音調査ソーチョー https://www.skklab.com/

日常的に生活をしていて謎の体調不良や原因不明のストレス等の心当たりがある方は、
一度音響被害調査をしてみても良いかもしれない。

https://iflyer.tv/article/2019/02/04/kousyuha-teisyuha/

 この噴火により生じた衝撃波が、気圧観測データとして残されています。
ジャカルタ市内のガスタンクに取り付けられていた水銀気圧計では、
気圧の上昇により水銀の目盛りが約6.4cm上昇したことが記録されています。
これを音圧の単位に置き換えると、その数値は172デシベルというとてつもないものになります。
この数値がどれほど飛び抜けているのかを示すために一例を示すと、
岩を砕く掘削機の騒音が100デシベルといわれており、
人間が苦痛と感じ出す騒音が130デシベル
フルスロットル状態のジェット機のエンジンの真横だと150デシベルというもので、
これはとてもまともに耐えることができないものですが、
噴火で生じた衝撃波はそれらをはるかに上回るものとなっていたことが記録されています。
https://gigazine.net/news/20161007-krakatoa-eruption/

雷の音は120~140dbで、火山の噴火は噴火によって大きく違いますが、
最大で170dbくらいまでのようです。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13266832898

 ハイジャック犯などに使われる「閃光音響手榴弾
(スタン・グレネード、フラッシュバン)というものがあります。

信管を作動させると、マグネシウムと過塩素酸カリウム
燃焼し100万カンデラの閃光と1.5メートル以内に
160-180デシベルの爆音を発生させます。

爆発すると、付近の人間に一時的な失明、眩暈、難聴、耳鳴りなどの症状と、
それらに伴うパニックや見当識失調を発生させて無力化することを狙って設計されています。

ちなみに、人の聞き得る音は、「周波数範囲は20~15,000Hz」で
強さは「0~130dB」ですが、120dB以上の強さでは音よりも痛覚として感じる様になります。

(200メートル先のジェット機のエンジン音を聞くのが120デシベル程度です。)

仮に170デシベルとすると、130デシベルより40デシベル大きいですが、
10デシベル上昇すると聴感上は2倍になります。

つまり40デシベル大きいという事は、2×2×2×2=「16倍」音が
大きいという事になります。

非致死性兵器ですから、この音の大きさでも人は基本的には死にません。

とはいえ、目標や人質が心臓病を患っている場合はショック死する可能性があるので、
音だけで人が死んでしまう事はあり得るとも言えます。 

 う~ん、ちょっと古い話だが「空想科学読本」という書籍が
販売されていましたが、ウルトラマンの着地の衝撃などが、
200デシベルを超えるので、周辺の人間が気絶すると書いてありました。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6947403.html

 音響兵器というものもありますが
音としてとらえようとすると、耳の性能の限界ですから130dBまでが音の範囲ですね。
これ以上になると、耳は当然破壊しますが、音というより衝撃波であれば、
家を破壊するほどのエネルギーがありますから、
その家の下敷きになって死ぬとかは充分ありえます。
また、マイクロウエーブのような波長を浴びれば、どうなるか。
電子レンジで猫が死ぬなんて話は有名です。
人間といえども構成物質の共振周波数を連続的に浴びれば、
物理的なものは破壊されます。 
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6947403.html

人間の体が音波に弱いのは内臓を圧力波で破壊されるためです物理的な破壊力はそんなでもないです。機械ならばたいした影響をうけません。

300dBでも10の18乗W/sです。
現実には空気は音波としてそのようなエネルギーを伝えられないと思いますのであんまり意味ないです。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11105613231

通常人は100dBが可聴(聞き分ける事)音量の限界と云われ、3dB上がるごとに聴感上の音量は倍になると云われます。

これを踏まえて、

長期間の騒音による永久的な傷害が起こる(100dB) 

痛みの閾値(120db) 

耳が保護されていない場合の絶対的な限界値(135dB) 

耳が保護されている場合の絶対的な限界値(150dB) 

鼓膜の破裂(180dB)

肺の傷害(194dB) 

で、鼓膜限界音量に相当する音を例えれば、
ロケットの発射時が180dBなので、
それ以上の音を発すれば鼓膜は破壊されます。

※これ等は鼓膜に与える音量なので、
音の発生源から離れれば離れるほど音量は下がります。

因みに、ジェット航空機が、30m離れた所で、140dB、
なのでエンジン側に立てば、一発で鼓膜は破壊されますね。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1148314846

大凡、140dBの音圧で人間の鼓膜は破れてしまう訳で、
スピーカーは紙コーンを振わせることで空気に振動を伝えるわけですが、
200dBの音の信号をスピーカーに伝えた時点でスピーカーそのものが、
潰れて音が出なくなると考えた方がいいでしょう。

大型スピーカーをかなりの数を並べて 屋外で鳴らすと

「200dBの音は、火山の大噴火や爆弾1トン級の爆発音と同じ大きさに匹敵します。」・・・とある。
死にたいのかい?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1352614478

通常のライフルの騒音レベルは何dBくらいですか?

こちらの銃のサイレンサー愛好家のサイトで、いろいろなデータがまとめられています。
参考にされては?

「Silencer Talk」より

http://silencertalk.com/results.htm

この表の「Unsuppressed(消音せず)」の項目に注目。
これによりますと、
だいたい160前後から170デシベル程度までの音量ですね。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1350307083

まず、200dBの音は、出 ま せ ん 。

サイレンサーを全て取り払っても120dBくらいが関の山です。

デシベルは無次元の単位であり、1dBが10の10乗根です。

10dB増えたら10倍、20dB増えたら100倍です。

200dBなんて言ったら人間の技術では作れないと思います。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1184651361

1883年のクラカタウ大噴火は人類の歴史に残る最大の爆発音だった

その数値は172デシベル

とかいてあります。

デシベル=20log(10)(p/po)

これを変形すると

p=po10^(デシベル/20)

1デシベル増えると10^(1/20)倍

10デシベル増えると10^(10/20)=3.16倍

20デシベル増えると10^(20/20)=10倍 

130デシベルの雷と比べると42デシベル違うので

10^(42/20)=126倍
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14261863699

さっき、俺の家の近くに落ちたであろう雷は800~1000dBあったんじゃねえか?

鼓膜破れるかと思ったし、家も揺れたから・・^^;

雑音としてのdBならば、近所に落ちた時の雷は130〜150dBと言われています。

飛行機のエンジンで110dBくらいですから、それを上回るとは相当なものです。

雷は髪の毛が床に落ちる音の約1000億倍。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1018636930

原子爆弾の爆発音ってどのくらいの距離まで聞こえたのですか?


広島に原爆が落とされた同日同時刻、愛媛県松山市に住む人が広島方面に閃光を視認し、その少し後に大きな爆発音のような音を聞いてるそうです。山口県岩国市の人も同様の体験をしてる記録が残ってるそうなので、ゆうに70km~80kmは爆発音が轟いてる事になります。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1487159884

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412402854

超音波でコンクリートを破壊する装置はあるようです。
内部の水に作用するようですのでこれは鉄には応用出来ませんね。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114578911

音響兵器としては、LRADが有名です。これは強力な超音波素子を並列に並べて、
1キロ先でも大音量を届けることができるという兵器です。近くでは、耳がおかしくなるくらい強力です。
https://www.lradx.com/

調べましたが市販用に携帯用100Xが売られて

いますね、7kg位で20000時間稼働するとか。

携帯用でこれより強力な物は無いですかね?
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14164564424


https://www.youtube.com/watch?v=SnyhM_QrSJw

新しいライフ周波数療法 

現代に蘇るライフ博士の奇跡

高尾 司・星 英之・藤井清史

 

内容紹介(出版社より)

かざすだけで体が反応する──
弱視緑内障、細菌性腸炎、関節痛、突発性難聴など、体の不調に苦しんでいる方々をはじめ、代替医療に携わる治療家に向けて書かれた「簡単で安全な治療法」の中身とその実例。


'第1章 人間の思考と現実(シャーマニズムイデアが現実になる時/ホメオパシー/バッチフラワーレメディ/ラジオニクス/スカラー波/ライフの周波数療法 他)第2章 ニューライフリメディ療法(ある治療院で/人間の限界と無限の可能性/症例報告 他)第3章 ニューライフサウンドセラピー(生命が奏でる「音」/音を体に利用する/付記 「音の薬箱」体験談集 他)ニューライフリメディ療法認定治療院リスト

 

内容紹介(「BOOK」データベースより)

かざすだけで体が反応するー弱視緑内障、細菌性腸炎、関節痛、突発性難聴など、体の不調に苦しんでいる方々をはじめ、代替医療に携わる治療家に向けて書かれた「簡単で安全な治療法」の中身とその実例。

 

 


 

 

youtube
https://www.youtube.com/channel/UCfgWwDUK80Gc6EX9Jpcw9-w

bandcamp
https://healwithrife.bandcamp.com/

booth
https://healwithrife.booth.pm/

patreon
https://www.patreon.com/HealWithRife

ko-fi
https://ko-fi.com/healwithrife