Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

エネルギー療法 手当て療法・ヒーリング 手かざし 電気療法、磁気療法、手当て療法、遠隔ヒーリング 遠隔治療

エネルギー療法(エネルギーりょうほう、Energy medicine)は電気療法、磁気療法、手当て療法、遠隔ヒーリングなど、エネルギーを用いた補完・代替医療の一分野である。エネルギー医学(Energy medicine)、エネルギー医療(Energy therapy)とも呼ぶ。

まとめ的な論文においては、2000年のシステマティックレビューは、遠隔治療と手当て療法を混在して調査し、57%が有効であったことから、さらなる研究の必要性を論じた[5]。2015年のメタアナリシスは、同じく混在した非接触的治療を調査し、小さいながらも統計的に有意な効果を発見した[6]。

手当て療法・ヒーリングには、患者に手を当てる「手当て」、患者に接触しない「手かざし」、治療者が患者と同じ場所にいない「遠隔治療」などがある。治療者(ヒーラー)が患者にエネルギーを伝え、それによって患者にポジティブな変化をもたらすという主張は、疑似科学と非難されることも少なくない[14]。

掌を当てるだけの手当て療法は世界に広く見られ、近現代ではセラピューティック・タッチ、ヒーリング・タッチ、レイキ、極性療法(ポラリティ・セラピー)などが新しく作られた。セラピューティック・タッチ[15]は、アメリカの看護学校や病院で補完療法として導入しているところがあるが[10]、エビデンスがないため、治療の一環として行うことの正統性が議論の的になっている。

中国の気功は自分自身で実践する内気功が主で、手当て療法的な外気功は内気功の一部であり独立した気功ではないが、日本では「気功=外気功」という誤解が広まっている[16]。

存在が科学的に証明されていないエネルギーを扱うエネルギー療法(Putative Energy Medicine)、伝統医学、信仰療法(英語版)を含む[20]。
気 / 気功 / 鍼
レイキ[21]
プラーナ
プネウマ、生気、精気
アーユルヴェーダ
マナ
クリスタル療法(英語版)、宝石療法
心霊療法[22][23]
バイオフィールドエネルギー療法(Biofield energy healing)[24][25][26]
セラピューティック・タッチ(北米看護診断協会は、2005-2006年に認可)[27][28][29][30]
ヒーリング・タッチ
エソテリック・ヒーリング:19〜20世紀前半の神秘家アリス・ベイリーの思想をベースにするとされる。
動物磁気、メスメリズム:18世紀ドイツのフランツ・アントン・メスメルが提唱した流体。メスメルは科学と考えていたが、むしろ魔術的な概念である[31]。
オドの力:18〜19世紀ドイツの化学者・哲学者カール・フォン・ライヘンバッハによって提唱された。現在は疑似科学である。
オルゴン:20世紀に精神医学者ヴィルヘルム・ライヒが発見したとする自然界に遍在・充満するエネルギーのこと。 性エネルギー、生命エネルギーであるとされる。現在は疑似科学であるが、ライヒの信奉者は現在も科学と信じ[32]、オルゴンによるという健康グッズが販売されている。
接触療法(distant healing、遠隔療法)[33]
とりなしの祈り(英語版)[34]:キリスト教において他者のために祈ること。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E7%99%82%E6%B3%95

手当て療法(てあてりょうほう)、手当ては世界各地で見られる療法で、手のひらや指先を患部などに当てたりかざしたりするだけで身体の不調を治そうとする方法である[1]。触手療法(しょくしゅりょうほう)、手のひら療法(てのひらりょうほう)、手かざし、ハンド・ヒーリング、ヒーリング・タッチとも呼ばれる[2]。宗教的行為として[3]、また難病や終末医療における緩和ケアとして行われることもある[4]。

国や地方、創始者により各種の方法があり、直接に患部に手のひらや指を触れて行う方法(接触型、手当て)と、身体から少し離して手のひらや指先を当てる方法(非接触型、手かざし)がある[5]。

方法
いずれの方法も手のひらや指先を患部に近づける点で共通しているが、次のような差があり、多種多様である。

手を患者に直接に接触させる、手を患者から少し離してかざす(例:レイキ)。
手のひらを広げて行なう方法(例:手のひら療治)、手の先をつぼめて行う(例:ヒーリングコード[15])。
静止したまま行う(例:レイキ)、振動させながら行う(例:太霊道[13]、スリー・チャクラバルティ[16])。
手のひらをかざす際に呼吸に注意する(例:クォンタムタッチ)、オーラに注意する(例:バーバラ・ブレナン[17])。

有効性の調査
医学的な証拠を調査しているコクラン共同計画が2008年に出した調査結果では、疼痛の緩和に関してセラピューティックタッチ16件、ヒーリング・タッチ5件、レイキ3件を含む24件の無作為化または対照を持った研究が見つかり、疼痛を緩和する可能性があるとされた。施術者が経験豊富な場合に効果が大きくなる傾向が見られており、さらなる調査を検討すべきだとした[19]。ただしこの調査結果は、古くなったことを理由に2013年に取り下げられている[20]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%A6%E7%99%82%E6%B3%95#cite_note-14

 

youtube

www.youtube.com

 

bandcamp
https://healwithrife.bandcamp.com/

booth
https://healwithrife.booth.pm/

patreon
https://www.patreon.com/HealWithRife

ko-fi
https://ko-fi.com/healwithrife