Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

「四股」踏み 相撲 体幹が強化 腰痛予防と対策法

「四股」踏み 相撲 体幹が強化 腰痛予防と対策法

 

お相撲さんが腰痛知らずな理由は実は「四股」にあった?!相撲から学ぶ腰痛予防と対策法

相撲でなりやすい腰痛症
椎間板ヘルニア
腰椎すべり症
相撲で腰痛予防に必要な柔軟性と筋力
相撲で腰痛予防に必要な柔軟性
相撲で腰痛予防に必要な筋力
相撲の基本「四股」は腰痛予防に効果的

四股上手は怪我知らず

お相撲さんが腰痛知らずと言われる理由の1つが四股です。四股は股関節の柔軟性、体幹の筋力の2つがバランスよくつけるのに理想的な動作だからです。四股を取る前の姿勢を腰割りと言いますが、腰割りだけでも腰痛予防になるだけでなく、ヒップアップやダイエット、代謝の向上にも効果があると言われています。お相撲さんでなくても、腰割り、さらには四股を筋力トレーニングに取り入れているジムやリハビリテーションも多いです。

https://yotsu-doctor.zenplace.co.jp/media/cause_list/2307/

•四股が腰痛に良い理由
•腰痛を楽にするために、四股で注意すべきこと
•四股の実践方法

相撲の四股が腰痛に良い理由
四股が腰痛に良い理由は、股関節の柔軟性のアップと体幹が強化されるからです。ここでは、それぞれについて分かりやすく解説します。

股関節の柔軟性がアップする
股を大きく開いて腰を沈み込ませる運動を腰割りといいます。腰割は四股のはじめに行う動作で、股関節の柔軟性アップが期待できるのです。
股関節の柔軟性がアップすると、骨盤の動きが良くなります。腰は骨盤と連動して動くもの。そのため、腰割りで股関節を柔軟にすると、結果的に腰痛も楽になるのです。

体幹が強化される
腰割りの際に、体を地面に向かって沈み込ませる動作は、太ももや臀部の筋力強化につながります。さらに、四股を踏むために片足を上げるため、一本の足で体を支えるための筋力やバランス感覚が養われるのです。
結果的に、四股が体幹の強化に役立ちます。体幹が強化されると、体の軸がブレにくくなることで、正しい姿勢をキープすることが可能。結果的に、姿勢の崩れによって起こる腰痛を予防できます。

https://yotsu-doctor.zenplace.co.jp/media/cause_list/2234/

四股で体幹が鍛えられる理由
四股で体幹が鍛えられる理由① 股関節の柔軟性が高まる
四股で体幹が鍛えられる理由② 胴体部分のインナーマッスルが鍛えられる
四股で得られる7つの効果
四股の効果1:下半身の筋力強化
四股の効果2:腰痛の予防
四股の効果3:ボディラインが整う
四股の効果4:冷えやむくみの改善
四股の効果5:便通が良くなる
四股の効果6:尿漏れの改善
四股の効果7:集中力アップ
https://element-gym.com/siko/

実は、四股の歴史はとても古いです。江戸時代からあるといわれているトレーニングで、日本人にはとても馴染みのあるもの。   四股と聞くとお相撲さんのイメージが強いですよね。土俵に入ってから四股を踏む映像を見たことがある人もいるでしょう。   しかし、四股は相撲だけのものではありません。元メジャーリーガーのイチロー選手は、毎日のトレーニングとして四股を行っていたそうですよ。
四股を踏んで体幹を鍛えるメリット
姿勢が良くなる
ヒップアップに繋がる
基礎代謝が上がる
ケガを防げる
https://retio-bodydesign.jp/columns/article/shiko-taikan/

四股踏みをするメリット

代謝のアップと老廃物流し
股関節を広げることで、柔軟性・可動域が増し、普段使えていなかった筋肉が使えるようになり活性化されるため、基礎代謝や運動代謝が上がります。

また、硬かった筋肉が柔らかくなることで、腰回りの老廃物を流しやすくなります。

姿勢改善
脚を高く持ち上げ、片足で体重を支えてバランスを取るためには、お尻や体幹の筋肉をよく使います。お尻の筋肉や体幹は、姿勢を維持するため、スタイルを整えるのに役立ちます。

また、人体の中でも最大の筋肉群をしっかりと使えるようになるため、基礎代謝や運動代謝が高まります。

運動消費量アップ
四股踏みは筋力・持久力を使うエクササイズなので、四股踏みに慣れることでスタミナが上がり、日常生活や運動に余裕が生まれ、自然と運動量を増やすことができます。

四股踏みの正しいやり方

STEP1:膝に手を当てて中腰になる
STEP2:左足に体重をかけ、息を吸いながら右足を持ち上げる
POINT:高さは無理ない程度に持ち上げましょう。
STEP3:持ち上げた高さで動きを1秒止め、息を吐きながらゆっくりと右足を地面に下ろす
POINT:どしんと音をさせず、ゆっくりとおろします。
STEP4:反対側でも同様におこない、左右交互に10回ずつ繰り返す

https://www.b-lab.jp/206642/

相撲の「四股」踏み 自宅で気軽に できる範囲で健康・体力強化 相撲協会が動画アップ
 新型コロナウイルスの感染拡大で自宅にいる時間が増える中、室内で簡単にできる相撲の「四股(しこ)運動」が注目を集めている。道具が必要ないため、老若男女を問わず気軽に取り組めるからだ。運動生理学の専門家は「健康という観点でもいいし、体力強化という観点でもいい。できる範囲で楽にやるのがポイント」と勧めている。(浜田慎太郎)

 明大相撲部出身で、体の動きを研究している明大の桑森真介教授(運動生理学)は「四股で使うのは、ももの前面の筋肉やお尻の筋肉など。お尻のシェイプアップになる。股関節も滑らかに動くようになり、スポーツパフォーマンス向上につながる」と説明する。

https://www.sankei.com/article/20200512-GYJJBCXJ4VKMJMLSG5OCAN3B7Y/

運動が苦手で今さら激しい運動なんてできない、股関節が固くてちょっとした動きに制限が出ている、年々ヒザ痛がひどくなって歩くこともままならない、これからの健康がとても不安……そんな悩みを抱える中高年齢の方にオススメしたいのが、相撲の基本動作である「四股」です。一般的に「四股」というと誰しも相撲を思い浮かべると思いますが、なぜ平均で150キロを超える力士たちは激しく動くことができ、体もあんなに柔らかいのでしょうか? その秘密こそが伝統の「四股」なのです。
本書ではメジャーリーガーの岩隈久志投手が開設した「IWA ACADEMY」のトレーナーであり、数多くのトップアスリートたちの体をメンテナンスする木村匡宏氏と田邊大吾氏が、誰でも簡単にできる「四股」トレーニングをわかりやすく伝授。「なぜ四股を鍛えるといつまでも自力で歩く体をつくれるのか」を医学的にも解説します。さらに「四股」のモデルは7月場所で殊勲賞を受賞した嘉風関が担当! 正しい知識に基づくトレーニング本&健康本としてぜひご活用ください。
https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9F%E3%81%AF%E3%82%B9%E3%82%B4%E3%82%A4%E5%9B%9B%E8%82%A1-%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%82%82%E8%87%AA%E5%8A%9B%E3%81%A7%E6%AD%A9%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BD%93%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B-%E6%9C%A8%E6%9D%91-%E5%8C%A1%E5%AE%8F/dp/4847095278

 

youtube

www.youtube.com

 

bandcamp
https://healwithrife.bandcamp.com/

booth
https://healwithrife.booth.pm/

patreon
https://www.patreon.com/HealWithRife

ko-fi
https://ko-fi.com/healwithrife