Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

ハルダ・クラーク周波数 Hulda Clark Frequencies

ハルダ・クラーク周波数 Hulda Clark Frequencies

クラーク・スカラー周波数変換は、エクセル形式またはワード形式で入手できます。これらは、eの3乗または6乗を使って彼女の周波数を変換します。Excel形式のバージョンでは、自分の周波数や、RifeのオリジナルMORのような他の周波数を表に入力し、オーディオ・レンジに変換することが可能です。

http://www.electroherbalism.com/Bioelectronics/FrequenciesandAnecdotes/CLARK_SCALARS.xls
https://view.officeapps.live.com/op/view.aspx?src=http%3A%2F%2Fwww.electroherbalism.com%2FBioelectronics%2FFrequenciesandAnecdotes%2FCLARK_SCALARS.xls&wdOrigin=BROWSELINK
https://view.officeapps.live.com/op/view.aspx?src=http%3A%2F%2Fwww.electroherbalism.com%2FBioelectronics%2FFrequenciesandAnecdotes%2FCLARK_SCALARS.doc&wdOrigin=BROWSELINK

ハルダ・クラークが著書で発表した周波数は、パッド・モードの周波数ジェネレーターで動作させることを想定したもので、そのほとんどは、リフェ・ベアやEMEMなど、ほとんどのプラズマ管装置が動作できる限界を超えている。プラズマ管デバイスは通常、オーディオ・レンジ(0〜20,000Hz)の入力に限定されている。クラーク周波数を変換するために多くの方法が使われてきたが、ロイヤル・ライフェのオリジナル周波数もオーディオ以上の周波数帯域である。

これらの奇数倍音は、理論的には高調波の中で目的の周波数で最もパワーを出すものであるはずなので、周波数を3、5、7、9などの奇数で割ってオーディオ範囲に変換するのは理にかなっている(倍音ヘテロダイニングを参照)。しかし実際には、この方法は、周波数を適切な範囲になるまで2で割る方法(オクターブ法と呼ばれる)ほどうまくいかないようです。以前は、単に周波数を440や1000で割る方法もありましたが、2で割る方法の方が、より多くの周波数が得られ、より柔軟性がありました。

ジェフ・サザーランド博士は著名な周波数研究者で、これらのどの方法よりもさらに効果的と思われる周波数変換方法を考え出した。これは、周波数をe(オイラーの定数、2.718281828459に等しい)で割って(あるいは掛けて)3の倍数にすることである。

引用、翻訳。
http://www.electroherbalism.com/Bioelectronics/FrequenciesandAnecdotes/Hulda_Clark_Frequencies.htm

 

 

youtube

www.youtube.com

 

bandcamp
https://healwithrife.bandcamp.com/

booth
https://healwithrife.booth.pm/

patreon
https://www.patreon.com/HealWithRife

ko-fi
https://ko-fi.com/healwithrife