Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

オルゴンザッパー周波数 効果  究極ザッパー ケン・プレスナー クラークによるザッパー クラーク博士による癌の治療法 15Hz 2500Hz 電子的病原体殺菌駆除器  

今回は、ザッパーについての説明です。

「ザッパー」は、周波数でウイルスや細菌、寄生虫を破壊するグッズです。

音を聞くか当てる・浴びるだけでOKです。

 

視聴はこちらから。

オルゴンザッパー周波数 Ultimate Zapper Frequency 究極ザッパー ケン・プレスナー Ken Presner 2500Hz ライフ周波数 ハルダ・クラーク博士 Dr. Hulda Clark 30,000 Hz ドン・クロフト 15 Hz Frequency | Heal with Rife (bandcamp.com)

 

究極ザッパー ケン・プレスナー

クラークによるザッパー

クラーク博士による癌の治療法

15Hz 2500Hz

電子的病原体殺菌駆除器 


クラーク博士による癌の治療法
ザッパー(電子的病原体殺菌駆除器 )

究極ザッパー ケン・プレスナー 2500Hz 
クラークによるザッパー
15Hz オルゴンザッパー ヴィルヘルム・ライヒ博士  ドン・クロフト


ハルダ・クラーク博士(30,000 Hz)
ロイヤル・レイモンド・ライフ (2,500 Hz)
ドン・クロフト(15 Hz)によって開発され、
広範囲にわたって研究されました。
https://vitalaxion.com/3-in-1-vitalbody/2nd-function-the-antiparasitic-zapper/

 

周波数でウイルスや細菌、寄生虫を破壊するグッズ、「ザッパー」です。

怪しい響きですよね。うんうん。これは、一言で言うと電子的な周波数の発生装置です。15ヘルツ前後の周波数を出す電池の入った箱です。 この機械は、もとは寄生虫代替医療の研究で著名なカナダ人のハルダ・クラーク博士という女性が製作した周波数を利用した病原体殺菌駆除器です。現在では、クラーク博士が作ったオリジナルザッパー以外に、それを小型化したものなどがいろいろと商品化されています。

日本では、ザッパーの病原体の殺菌や駆除以外に血液をサラサラにすると言う効果が宣伝されているそうです。ちなみにクラーク博士の考え方の中には、ガンの原因は化学物質と寄生虫(や寄生生物)のフンが結合してできたものである、ということを仰っていました。 ザッパーについては、「何だそれ?」と言うかたがほとんどだと思いますので、とりあえず写真を貼っておきます。
https://siliconvalley.exblog.jp/239866903/


カナダ人のハルダ・クラークという女性研究者が1993年に製作した電子的病原体殺菌駆除器が”ザッパー”(zapper)として普及した。彼女の病理発生仮説と彼女のザッパーは代替医療の世界に大きな衝撃を与え、その余波は今日でも収まっていない。その後、彼女のオリジナルザッパーの模倣版、改良版がいろいろと商品化されて今日に至っている。改良版の中でも、カナダ人ケン・プレスナーのザッパーは、”究極ザッパー”という名称に恥じない機能、性能で他のザッパーを凌駕している。

ザッパーには、病原体の殺菌・駆除以外にもいくつかの働きが報告されているが、その中の”血液浄化作用”が特に日本では注目され、10年以上前からいわゆる「血液サラサラ」を謳い文句にした健康器具があらわれた。しかし、その販売形態がお年寄りをターゲットにしたり、不当に高額であったりと、悪徳商法の商材にされてきたためもあって、電子治療器一般にいかがわしいイメージがつきまとうようになった。

ここで紹介している”究極ザッパー”は、機能的にも、性能的にも他のザッパーに大きく水をあけていて、欧米ではすでに定評がある。一式2万円ちょっとで手に入る(写真の右から、AC電源アダプター、”究極ザッパー”本体、ハンドグリップ、ワニ口クリップ)。手で握るグリップと別に、フットパッド(足を載せる金属板)が別売りで購入可能である。究極ザッパーの開発者、製造者のケン・プレスナーという人物は、ザッパーによって自分自身が2つの難病から生還したという経歴の持ち主である。少年時代から電気関係に頭角をあらわしていたが、自身の生死をかけた治療経験から本格的にザッパーの改善、改良にのめり込み、最高のものを目指している。

じっさい彼は、自分の製造する”究極ザッパー”は、独自に開発した様々なすぐれた特徴によって、ヒントとなったハルダ・クラークのザッパーとは、もはや別ものであると言う。彼はこの”究極ザッパー”に並々ならぬ自信と責任をもっており、彼の”究極ザッパー”はすべて「永久保証付き」である。ふつう保証期間は、機械ものなら1年くらいだろう。しかし、彼は不具合があれば何年たっても、いつでも無料で修理しますと言っている。ただのビジネスだったら、ここまではなかなか言えるものではない。彼は自分のザッパーが世界一であることを認めさせたいのだ。こういったプライドの持ち主の発想は利害を超えている。

また、ケン・プレスナーは、自分の”究極ザッパー”にFDAの認可を取ろうとしない。なぜか?莫大なお金と手続きのための労力がかかるうえ、認可を取ると、そのかかった費用を商品の価格に上乗せして、倍以上の価格にしなければならなくなるからである。実際ザッパーの製造業者の中には、まさにその通りにして売っているものがあるが、性能じたいは大したものではない。値段が高くてFDAの認可を得ているほうが性能がいいだろうと思って買う人もきっといるはずだ。皮肉なものだ。

ケン・プレスナーは、FDAのお墨付きなどよりも、実際の効果と口コミで十分だと思っている。ケン・プレスナーは、現代の西洋医学の伏魔殿であるFDAの権威をそんなにありがたいものだとは思っていない。また、彼は自分の”究極ザッパー”で大儲けしようとも思っていない。ただ自分の”究極ザッパー”が多くのひとの健康増進に役立ったと認めてもらえれば、それで大満足なのである。

--

これもあらゆる病気に有効だそうだ。理屈は簡単。病原体の共鳴周波数をあてると言うこと。しかし各病原体の共鳴周波数を特定するのは面倒なので、矩形波を出力することで、この波形の中に含まれる多数の高調波の中に共鳴周波数が入るようにしている。
2500Hzというのはその付近に多くの病原体の共鳴周波数があるから。

つまり、この波形がミソなので、サイトにはその波形の写真があるから、その気になれば電子工作に腕のある人なら制作可能か?
大手電機メーカーなら簡単にできるだろうが作らないだろうな。

でもこの矩形波、パルス化したDC波形というのはフリーエネルギーデバイスでもよく出てくるので、パルス波を極めることが、福音をもたらすことになるかもね。

サイトをよく読んだら

「ほとんどの病原体が、300,000 から 500,000 ヘルツという非常に高い周波数で振動」

と書いてあるので私の「2500Hzというのはその付近に多くの病原体の共鳴周波数があるから。」という説明は間違いでしたね。

詳しくはサイトのFAQを読んでください
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/387.html


周波数のバイブレーションが

タイムウエーバーから発生されるんです♪

【周波数治療の先駆者たち(一部ですが)ご紹介~♪】

バイスといった意味での
先駆者としては下記の方々!

♪ アルバート・エイブラムス博士(Dr.Albert Abrams)

アメリカの内科医で、
病気の人から発せられるトーンが
聞こえる可能性を明らかにし、
銅線を介して周波数で治癒できないかと
銅線、電極、抵抗器を使用して
13のデバイスを開発したラジオニクスで有名な方です。

♪ ルース・ドローン博士(Dr.Ruth Drown)
カイロプラティック医師で、
エイブラムスの知識や影響も受けていますが
銅線や電極や抵抗器を使用せずに
治療することを開発しました。
無線存置による治療法です。

♪ ロイヤル・レイモンド・ライフ博士(Dr.Royal Rife)

ウィルスにアプローチをする
特殊な電子と周波数を発生する
装置つくり治療する方法を開発しました。
病気やストレスなど悪化することで
電子の回転に影響(反転・回転速度が弱まる等)
がでることを発見したんです。
臓器が働くための固有周波数を研究し
アンバランスな周波数を調整する
電子機器です。

♪ ハルダ・クラーク博士(Dr.Hulda Clark)

フルダ・クラーク博士も
最近話題のようですね。
「うぉ~「ハ」でない・・・私間違っていたのか?!」
とショックを隠せませんが(笑)

カナダの生理学博士であるクラーク博士です。
疾患の原因には、寄生虫と公害毒素の
2つの原因により起こると見解されています。
オーディオシオレーター機器を用いて
ウィルスにアプローチをする周波数を
解明していった方です。

クラーク博士は、ハーブ療法も取り入れ
癌、寄生虫、原虫、細菌、ウィルスの駆除に
効果を上げることも伝えています。
https://murayamatomomi.com/?p=8564


カナダの生理学博士であるクラーク博士です。
疾患の原因には、寄生虫と公害毒素の
2つの原因により起こると見解されています。
オーディオシオレーター機器を用いて
ウィルスにアプローチをする周波数を
解明していった方です。

クラーク博士は、ハーブ療法も取り入れ
癌、寄生虫、原虫、細菌、ウィルスの駆除に
効果を上げることも伝えています。

 
 ♪ キャロリン・マクマキン博士(Dr Carolyn McMakin)


カイロプラティック医師で、
特殊な微笑電流による
治療方法を開発しています。
筋膜性疼痛や脳震盪やケガ
その他の病気に関しても
有周波数の研究を深め
治癒のための周波数を発見。


【ザッパー周波数 & オルゴン周波数 に関して】
 
究極ザッパー、オルゴンザッパーとして
有名になっています。
周波数を発生する電気装置です。

2500Hz・・・究極ザッパー
上記にあげた、ハルダ・クラーク博士がつくった
病原体の破壊機器「Zapper」として普及しました(*^^*)

15Hz・・・オルゴンザッパー
「オルゴナイト」という言葉
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
オルゴナイトの元となる
オルゴンエネルギー集積装置を開発したのが、
精神医学者のヴィルヘルム・ライヒ博士です。

ライヒ博士が、クラーク博士のザッパー周波数と
オルゴンエネルギーを融合させて
電子的周波数発生装置を開発したものが
オルゴンザッパーとして普及しました(*^^*)

ちなみに、

この15hzというのは
地球が発する振動である
シューマン共振の整数倍でさる
二次周波数14.1Hzであったり
脳波のアルファ波(8~14Hz)に近く
リラックスに導きやすいんです。
(※その他にも固有周波数の意味合いがあります)
https://ameblo.jp/learn-compilation/entry-12662471125.html
https://murayamatomomi.com/?p=8564

「究極ザッパー」は、2,500Hz という単一の電子的周波数を発生させるだけの装置です。

この周波数は、発明者のケン・プレスナーがまずは自分自身を実験台にしてさまざまな周波数を試した結果、到達した周波数です。十進法的に “切り” が良すぎますが、本人が言うにはその前後も何度も試験してみても、やはり 2,500Hz なのだそうです。

周波数発生装置では、プレスナー氏以前に、あの伝説のレイモンド・ライフ博士の研究があることはよく知られています(この人物の業績は今日でも不当に低く評価されています)。ライフ博士の理論では、病原体(細菌、ウィルス、寄生虫等)にはそれぞれ固有の周波数があり、その周波数に合わせて電気的なパルスを浴びせると、それらが不活性化するというものです。実際には、病原体の種類に応じて、周波数を変えなくてはならないことになりますが、非常にわかりやすい、説得力に富む理論です。特に “波動”信者には魅力的な理論ではないでしょうか。しかし、現実にはターゲットに合わせて周波数を変えるというのはそれほど簡単なことではありません。まず、ターゲットの病原体が何なのかはっきりわかっているケースは決して多くはありません。さらに、そういった可変型周波数発生装置は操作が難しく、一定期間の訓練を受ける必要があります。そして、その装置自体も大きく、価格も高額なものです。

実は、ケン・プレスナー自身もライフ理論にのめり込み、さんざん研究と実践を重ねました。しかし、ライフ博士の “魅力的で美しい理論” にもかかわらず、実際の操作が非常に難しく、そのためか臨床的な成果が意外に乏しいことに疑問を抱きました。

そして、自分でさまざまな周波数をテストしながら、ほとんどのターゲットをカバーするように思える 2,500Hz という単一の周波数にたどり着きました。何とこの単一の周波数だけで足りる、というのがプレスナー氏の結論です。

誰が聞いても、話がうますぎます。ライフ博士がさんざん苦労して築いた理論によれば、それぞれの病原体の固有の周波数を割り出すことから始まるはずなのに、そんなことは一切考える必要がなく、とにかく、2,500Hz だけでいい、というのです。

レスナー氏は、根っからの合理主義者で、ムダを非常に嫌うひとです。2,500Hz で用が足りる、という結論が出れば、理論の “美しさ” などよりも実用性をとことん優先するひとなのです。

実際に究極ザッパーが多くの成果を挙げていることは、それを使ったひとたちからの山のような証言が物語っています。プレスナー氏の “あまりにも単純な結論” にもかかわらず、この装置の実際的な評価は、そのリリース以来、高まる一方です。

「それでは、なぜ 2,500Hz なんですか?」 という素朴な疑問をプレスナー氏にぶつけてみたことがあります。答えは、「それがいちばん効果があるんだから、仕方がないだろ!」 というものでした。

つまり、プレスナー氏は、2,500Hz の根拠となるような “美しい理論” などは持ち合わせておらず、単に “成果の山” があるだけなのです。プレスナー氏自身、自分の発明した究極ザッパーという装置の作用のメカニズムのすべてを理解しているようには思えません。彼自身、自分が発明したものの作用や効果をすべて説明することはおそらくできないと思われます(プライドの高い人物なので本人ははっきりそう言明しませんが)。

https://blog.goo.ne.jp/zappa01/e/67becc1a1d838f577d75c13e52b715fb

 

クラーク博士は、1993年にザッパーを独自に発明しました。 彼女は自身の本の中で、寄生虫・細菌・ウイルス・真菌・単細胞病原体・多細胞病原体を共鳴の原理で殺すこの実験的な電子機器の発明について説明しています。 1996 年、私は彼女の独自の調査研究に基づき、より進んだ、より効果的なザッパーを発明しました。 究極ザッパーは、過去13年にわたって、世界中で何千もの人々がさまざまな病気、疾病を克服するのに貢献してきました。

「すべての病気の治療」において、ハルダ・クラーク博士、Ph.D.、N.D. は自身の研究を通じて、寄生虫・細菌・ウイルス・真菌が病気において重要な役割を果たしていることを明らかにしました。これらの病原体は、しばしば金属や化学物質に誘引されて、複雑な“病理の連鎖”を作り上げることがあります。この連鎖を断ち切るためには、まず最初にもっとも毒性の高い金属を自分の体から除去することから始めるべきであると女史は言います。その最も毒性の高い金属とは、歯科用の充填物の銀アマルガムであって、この詰め物は50%の水銀を含有しています。毒性のスケールで、水銀は最高レベルに属します。すべての毒性物質のうちでもっとも抜きんでており、これ以外のものとしては、放射性プルトニウムがあるだけです。歯科水銀は、神経系、腎臓、腸管、心臓血管系、内分泌システム (腺) 、そして体内のあらゆる器官に広がり、さまざまな病気を作り出します。水銀は脂肪組織に親和性があり、 (脳はほとんどで脂肪で構成されています) MS、ALS、自閉症、ADD、パーキンソン病アルツハイマー病などのさまざまな神経系の病気に関わっています。

クラーク博士は、わたしたちのライフスタイルから可能なかぎり金属や化学物質を取り除く必要があると言います。まずは、私たちの「銀のアマルガム」詰め物の除去から始めるべきです。次に、水銀やその他の有毒金属に誘引される寄生虫、細菌、ウイルス、真菌、殺す必要があります。これらこそさまざまな病気において重要な役割を果たしているからです。
https://blog.goo.ne.jp/zappa01/e/1ea3918f86a1d1ee173f5da7e26283ff


FAQ:4. ザッパーと他の周波数発生器とのの違いは何か?

ザッパーとは、直流 (DC) のオフセット矩形波を発生する電子装置です。0ヘルツから30, 000 ヘルツの間の1つの特定の周波数に設定されています。その有効性は共鳴の原理にあります。理論的には、あらゆる周波数で振動するすべての病原体を死滅させることが可能です。しかしながら、ザッパーの実際の効果は、私が“究極ザッパー”の最初のページで解説しているさまざまな要因によって異なります。ザッパーとは、広域波長病原体死滅器であるとも言えます。ザッパーの原型は、1993年にハルダ・クラーク博士によって発明されました。女史は、自著において共鳴の原理について解説しています。共鳴については、以下の5番で私も論じています。すべての真正のザッパーは、スタンドアロン・デバイスです。その他のデバイスや追加機器は必要ありません。ただスイッチを入れて、ザッピングするだけです。

可変型周波数発生器は、ザッパーよりも先に発明され、直流 (DC) のオフセット矩形波を発生する電子装置です。しかし、可変型周波数発生器は、1つの低周波数に設定されているものではありません。使用者は、個々の病原体が振動するそれぞれの特定の周波数に可変型周波数発生器を設定します。 病原体の大多数は、300, 000 ~ 500, 000 ヘルツの間で振動します。可変型周波数発生器が広域波長病原体死滅器ではないのは、使用者がその特定の周波数で振動する病原体だけを殺すために、その特定の高周波に機器を設定する必要があるからです。したがって、可変型周波数発生器を使う場合は、使用者は、ターゲットとする病原体の名称をあらかじめ知る必要があります。さまざまな病原体が振動するそれらの周波数を知ることは、ハルダ・クラーク博士が公開している主要な病原体とその周波数を表にしたチャートのおかげで、決して困難ではありません。

困難なのは、あなたの身体の中にいる、まさにあなたが個別にターゲットにしたいその病原体の名前を知ることです。こうなると、体内の特定の病原体を識別するために使う検出器である波長同調器の購入が必要になってきます。この機器は非常に高額であり、識別用の多数の高額なサンプルスライドをさらに購入する必要があります。さらに、波長同調器の操作に熟達するためには、何カ月も訓練と実践を積まなければなりません。

ここで、波長同調器による検出についての話を、以前の“オートザップ”のサイトから直接に引用します。同サイトはもう存在していません。
「理屈は簡単であるが、波長同調器はマスターするのが難しい。クラーク博士は、他人をテストするようになるまでには6ヶ月間の勤勉な練習が必要であると言っている。さらに、検査基準として、大量の検査資料を作成するか購入しなくてはならない。これらがないと、多くの系と多くの臓器からなる人体を徹底的に検査、調査することができない。私たちは常に波長同調器検査技師の人材を求めているが、この仕事は誰にでもできるというものでは決してない。」

さて、ザッパーは可変型周波数発生器とはまったく別の電子機器です。たしかにどちらも似たような種類の矩形波を発生させますが、天と地ほども違います。ザッパーは、使用方法が容易ですが、可変型周波数発生器はそうではありません。可変型周波数発生器の操作に熟達するためには、お金と時間を相当つぎ込まなければなりません。クラーク博士は、そもそも可変型周波数発生器に取って替えるためにザッパーを発明したのです。もし、自分の身体に病原体がいることがわかったら、それらを死滅させるもっとも効果的な方法は、ザッパーでザッピングすることであって、周波数発生器を使って長くて面倒な操作を始めることではないと認めています。この件については、私のサイトの“対抗関係 1 ”のページのクラーク博士研究協会に詳細があります。

さらに、いわゆるデジタル・ザッパーでは高調波周波数は発生されません。高調波に関する詳細情報は以下の6番をご覧ください。
https://blog.goo.ne.jp/zappa01/e/f3e44a2d3b991ae2c575cfc2ea980933


これらの特殊なパルス周波数は、ハルダ・クラーク博士(30,000 Hz)、ロイヤル・レイモンド・ライフ(2,500 Hz)、ドン・クロフト(15 Hz)によって開発され、広範囲にわたって研究されました。低電圧(9ボルト)、低強度(8ミリアンペア)の安定した連続振動は、身体のほとんどの部分を自由に移動できるが、リンパ液や血液の中をより自由に移動できる。これらの周波数は、病原性寄生虫を凍結させ、外側のシールドを弱め、防御力を弱めてから、免疫系に送り込み、積極的な選択、分解、排除を行う。わずか数分で、皮膚に貼った銅の棒から体内にこれらの信号が伝わり、免疫活動が改善、刺激される。

ザッパーが発する波動は体細胞にまったく無害で、最も有益な微生物はもちろん、不要な微生物を直接殺すこともない。一時的に電気ショックを与えるだけである。したがって、セッションの間、多数の敵対的な侵入者は逃げる能力を失い、免疫機能を妨害し、抑制する。その結果、この方法は微生物叢の善玉菌に何ら影響を与えず、長期的には、より健康的で機能的な腸内細菌叢の発達を促す。

ザッパーに副作用はない。しかし、寄生虫の死によって有機性廃棄物が過剰になり、一時的な解毒症状を引き起こす可能性はある。これらの潜在的な反応は、基本的にめまい、軽い吐き気、頭痛、軽い下痢、鼓腸、かゆみ、こわばり、皮膚の炎症、全身疲労、眠気などに集約される。不快感が続いたり、回復の危機が3日以上続いたりする場合は、しばらくセッションを中止して代謝を休ませながら、水をたくさん飲み、少食で非常に健康的な食事をし、糖分、炭水化物、乳製品を避けること。

2本の銅の棒のうち1本が信号を発し、電気がピリピリする感覚を作り出し、もう1本は信号を受信するだけなので、セッション中は積極的な役割はない。これらは電流の向きに関係なく、逆にしたり置いたりすることができる。選択された周波数は、常に2つの銅電極間の最短経路を通るため、電極を互いに離すことができることが重要なのです。残念なことに、これは、本体に接着しなければならないケースに入れ子になった単純な丸い銅パッドを提供する、市場に出回っている他のいくつかのモデルの装置では不可能です。

These particular pulse frequencies were developed and extensively studied by Dr. Hulda Clark (30,000 Hz), Royal Researcher Raymond Rife (2,500 Hz), and Don Croft (15 Hz). These stable and continuous oscillations of low voltage (9 volts) and low intensity (8 milliamperes) are able to travel freely in most parts of the body, but more so through lymphatic fluids and blood. These frequencies freeze pathogenic parasites, weaken their outer shield, and weaken their defenses before delivering them to the immune system for active selection, disintegration, and elimination. In just a few minutes, the passage of these signals in the body from the copper rods applied to the skin improves and stimulates immune activities.

The waves emitted by the Zapper are completely harmless to body cells and do not kill unwanted microorganisms directly, let alone the most beneficial ones. The waves only impose a temporarily paralyzing electroshock on them. Thus, during the session, the numerous hostile intruders lose their ability to flee, thwart and inhibit the immune functions, which are then better able to select and destroy them effectively. As a result, this approach in no way affects the good bacteria of the microbiota and encourages, in the long term, the development of healthier and more functional intestinal flora.

The Zapper has no known side effects. However, it can cause some temporary detoxifying symptoms due to an overload of organic waste, caused by the parasites death. These potential reactions basically boil down to dizziness, mild nausea, headache, mild diarrhea, flatulence, itching, stiffness, skin irritation, general fatigue, or drowsiness. In case of persistent discomfort or recovery crisis lasting more than 3 days, stop the sessions for a while to rest the metabolism while drinking plenty of water, eating little and very healthy, and avoiding sugars, carbohydrates, and dairy products.

One of the two copper rods emits the signal, thus creating an electric tingling sensation, while the other only receives it and therefore has no active role during the session. These can be reversed or placed regardless of the direction of the current. The chosen frequency always takes the shortest path between the two copper electrodes, hence the importance of having the possibility of moving them away from each other. Unfortunately, this is impossible with several other models of devices on the market that offer simple round copper pads nested in a case that must be glued to the body.

https://vitalaxion.com/vitalbody-3-in-1/2nd-function-the-antiparasitic-zapper/


周波数に依存しない。十分な電圧(5~10ボルト)、7分間の持続時間、10Hz~500,000Hzの周波数があれば、どのような正のオフセット周波数でも、すべてのバクテリア、ウイルス、寄生虫を同時に殺す。)

Frequency-INDEPENDENT. Any positively offset frequency kills all bacteria, viruses and parasites simultaneously given sufficient voltage (5 to 10 volts), a duration of seven minutes and a frequency from 10 Hz to 500,000 Hz).
https://www.drclark.net/en-us/products-devices-a-techniques/zapper-basics/zapping


より低い、より良い周波数がより速く働く

ザッパーの出力周波数は?「私たちの実験テストでは、2.5kHz(1秒間に2500パルス)の方が、クラーク博士の本で提案されている30kHzよりも格段に効果がありました。皮膚効果」により、より深く浸透することが期待できます。 私はクラーク博士を個人的に知っているが、彼女は1995年10月に、5kHzをテストして30kHzより効果があるとわかったと私に言った。私は物理学の "皮膚効果 "に基づいて、彼女にそれを提案した。表皮効果とは、高周波電流が導体の表面を伝わることである。私たちの2.5kHzの低い周波数は、表皮効果の計算に基づいて、30kHzよりも約3.5倍深く浸透します。" [オートザップ5のメーカー、エンジニアより]

Our Lower, Better Frequency Works Faster

What about zapper output frequency? "In our experimental testing, our 2.5 kHz (2500 pulses per second) worked significantly better than the 30 kHz suggested in Dr. Clark's book. Due to the "skin effect," it can be expected to penetrate more deeply.  I know Dr. Clark personally, and she told me in October 1995 that she had tested 5 kHz and found it to work better than 30 kHz. I had suggested it to her on the basis of the "skin effect" in physics. The skin effect causes high frequency current to travel on the surface of a conductor. Our lower 2.5 kHz frequency penetrates about 3.5 times more deeply than 30 kHz, based on calculation of the skin effect." [note from Engineer, Maker of the Auto Zap5]

ハルダ・クラーク博士の「ザッパー」の定義は、私がテストしたほとんどの「ライフ・タイプ」の装置も除外している。ライフ・タイプは一般に交流出力を発生し、寄生虫を増殖させる負のパルスを持つ。負パルスの危険性についての詳細は、『HIVエイズの治療法』71ページ第3段落を参照のこと。

Dr. Hulda Clark's definition of "zapper" also excludes most "Rife type" devices that I have tested, which generally produce AC output, with negative pulses that can make parasites GROW. See "The Cure for HIV and AIDS," page 71, third paragraph, for details on the dangers of negative pulses.

https://www.drclark.net/en-us/products-devices-a-techniques/zapper-basics/zapping


Hulda Clark Super Zapper DeLuxeとは何ですか?
3人の患者がHulda Clark Super Zapper DeLuxeを服用したと報告しています。
カテゴリー 機器
「ザッパー」は、寄生虫、細菌、ウイルスを電気エネルギーで殺すとされる低電圧装置ですが、人体組織には害を与えません。その使用は、すべての生物は特徴的な範囲の無線周波数を放送するというクラークの概念に基づいている。

What is Hulda Clark Super Zapper DeLuxe?
3 patients have reported taking Hulda Clark Super Zapper DeLuxe
Category: Equipment
"Zapper" is a low-voltage device that supposedly kills parasites, bacteria, and viruses with electrical energy, but does not harm human tissue. Its use is based on Clark's notion that all living things broadcast a characteristic range of radio frequencies.

https://www.patientslikeme.com/treatment/hulda-clark-super-zapper-deluxe


正のオフセットをかけると、どのような利点がありますか?

電圧をパルス状に印加して「矩形」波を作れば、一度に多くの寄生虫に影響を与えるので、周波数と呼ばれるパルスの速度は重要ではない。これらの小さな動物が間違いなく「死滅周波数」(殺す周波数)を持っているとしても、完全に正電圧の矩形波を使用する場合、この周波数を知る必要も使用する必要もない。
クラーク博士がザッパーに約30KHz(毎秒3万サイクル)の周波数を選んだのはなぜか?

What are the benefits by applying a positive offset?

If the voltage is applied in pulses, to produce a "square" wave, it will affect many parasites at once so that the rate of pulsing, called frequency is not critical. Even though these tiny animals undoubtedly have a "mortal frequency" ( a frequency that kills), this rate does not need to be known or used when a square wave of electricity, totally positive, is used.
Why did Dr. Clark pick a frequency of about 30 KHz (30,000 cycles per second) for the zapper?

クラーク博士がザッパーの周波数として約30KHz(毎秒3万サイクル)を選んだのはなぜか?

手の電極を使って人間に高周波の交流電圧をかけ、電流の流れを測定すると、周波数が高いほど電流が大きくなることがわかる。

毎秒約30,000サイクルで電流は減少し始め、抵抗が増加していることがわかる。
約5ボルトの電圧で30KHzの周波数を印加すると、身体のあらゆる部分で感じることができる。周波数カウンターのプローブは、どの場所でもこの周波数を拾う。しかし、ある場所は他の場所よりもずっと弱い信号を持つ。電流は体を通して均一でないことは明らかである。

身体に炎症がある人は、しばしばその場所でザッパーを「感じる」ことができるが、これはその場所が30KHzのザッパー電流にとっても抵抗の少ない経路であることを示唆している。炎症部位はマイナスに帯電している。マイナスの電荷は、1秒間に3万回の小さなピクピク運動で、ザッパーのプラス電極の方に引っ張られる。

そのため、ザッパーには約30KHz(毎秒30,000サイクル)の周波数が選ばれた。しかし、研究が進めば、他の周波数にも特別な価値があることが証明されるかもしれない。

Why did Dr. Clark pick a frequency of about 30 KHz (30,000 cycles per second) for the zapper?

When a high frequency ac voltage was applied to a human, using hand electrodes, and the current flow measured, it could be seen that the higher the frequency, the greater the current.

At about 30,000 cycles per second the current begins to decline, showing the resistance is increasing.
The application of a 30 KHz frequency at a voltage of about 5 volts, can be felt by all parts of the body. A probe from a frequency counter picks up this frequency at any location. But some locations have a much weaker signal than others. The current is evidently not uniform through the body.

Persons with an inflammation in the body can often "feel" the zapper at that location, suggesting it is a path of low resistance, too, for the 30 KHz zapper current. Inflamed areas are negatively charged regions. Negative charges would be pulled toward the positive electrode of the zapper in 30,000 little jerks per second.

Therefore a frequency of about 30 KHz (30,000 cycles per second) was chosen for the zapper, since it maximizes the current with regular zapping. But other frequencies may prove to have special value as research progresses.
https://www.drclark.net/en-us/products-devices-a-techniques/zapper-basics/zapping


単一周波数のザッピング装置を販売しているウェブサイトはたくさんある。あなたが入手したものは2500Hzの周波数に基づいている。これはハルダ・クラーク博士のオリジナル・デザインに基づいているが、ケン・プレスナーhttp://zap.intergate.ca/)がデューティ・サイクルを約90%に変更することで「改良」したものである(本人は100%だと主張しているが)。

ケン・プレスナーが主張するような「究極のザッパー」ではない。彼のウェブサイトには、真実でないこと、真実を歪曲したこと、誤解を招くような記述がたくさんあります。

彼のザッパーは、ベックがHIVを無力化するために達成したのと同じ生物学的電化の結果をもたらすかのような印象を与える。彼は、ボブ・ベックが研究の基礎としたアルバート・アインシュタイン・ニューヨーク医科大学でのカアリ実験にさえ言及している!ベックの設計は、波形、周波数、適用方法、結果において根本的に異なっている。

ケン・プレスナーの言うことの多くは真実かもしれないが、誤解を招くものも多く、まったく正確でないものもある。彼の発言の多くは、まったく思わせぶりで、彼のザッパーがザッパーのすべてであり、終わりであると信じさせるように作られています。彼は第一級の誇大広告業者なのだ。

レスナーの成功の主張は、ハルダ・クラークの先駆的な研究に基づいており、彼のものではない。彼は自分の手柄を自分のものよりもはるかに多くしたいようだ。彼は主にマーケティングと自分のザッパーを売ることに関心がある。彼はそのザッパーの能力を過剰に誇張し、誇大宣伝している。


アルティメット・ザッパーは、プラス・オフセット、90%デューティ・サイクル、2500Hzで作動するパルスDC矩形波と同じことができるが、根本的に異なっており、同じ設計ではないため、ベック社の電気治療器と同じ結果を再現することはできない。

ベック社の肯定的な臨床試験結果(何千人ものエイズ患者を含む)は、ベック社の電気治療器を使用したものであり、ケン・プレスナー氏が "究極の電気治療器 "と誇大宣伝したクラーク社の電気治療器を捏造したものではありません。

注意喚起。

There are many web sites that sell a single frequency zapping device. The one you got is based on a 2500Hz frequency. It is based on the original design of Dr. Hulda Clark, but Ken Presner (http://zap.intergate.ca/) "improved" it by changing the duty cycle to about 90% (even though he ERRONEOUSLY claims that it's 100%)

It is not the "Ultimate Zapper" as Ken Presner claims. There are many things that he says on his web site that are either not true, or are distortions of the truth, or are misleading statements.

He leaves you with the impression that his zapper will produce the same bio electrification results that Beck achieved to neutralize HIV. That is NOT true.. He even references the Kaali experiments at the Albert Einstein NYC College of Medicine that Bob Beck based his research on! Beck's design is FUNDAMENTALLY different in waveform, frequency, method of application and RESULTS.

Many of the things that Ken Presner says may be true, but many things he says are also misleading and some are not accurate at all. Many of his statements are utterly specious and designed to make you believe that his zapper is the Be All and End All of zappers. He's a hype-ster of the First Magnitude.

Presner's claims of success are based on Hulda Clark's pioneering research, not his. He seems to want to take far more credit than he deserves. He's mainly interested in MARKETING and selling his zapper. He's OVERSTATING and hype-ing the capabilities of that zapper to the nth degree.

The Ultimate Zapper will do what a positive offset, 90% duty cycle, pulsing DC square wave will do running at 2500Hz, but it CAN'T reproduce the same results as the Beck electrifier because it's FUNDAMENTALLY different and not the same design at all.

Beck's positive clinical trial results (involving THOUSANDS of people WITH AIDS) were based on using the BECK ELECTRIFIER and NOT based on Ken Presner's adulterated version of a Clark zapper that he decided to hype as the "Ultimate Zapper."

Caveat emptor.

https://educate-yourself.org/lte/beckelectrifiervultimatezapper22feb09.shtml


クラーク博士の本の指示に従い、私は1994年にクローン病の手術を受ける前から明らかに腸内にはびこり、いまだに深刻な問題を引き起こしている寄生虫を退治するために、クラーク博士のハーブによる寄生虫退治プログラムを試した。クラーク博士の寄生虫クレンズで良い結果が出たので、何か重要なことを掴んだのだと思った。しかし、肝臓の浄化を終えて間もなく寄生虫が再発した。

クラーク博士は著書の中で、ザッパーと呼ばれる新しい電子機器について述べている。彼女は「タッパー・ザッパー」と呼ばれる原始的なザッパーの写真を持っていた。9ボルトの電池のプラスとマイナスの電極を銅の手につなぎ、その手を7分間たたくだけでザッパーになるというもので、それほど難しいものではなかった。さて、7分間手綱を叩き続けた後、私は20分間の休憩を必要とした。手が疲れていたのだ。驚くなかれ、クラーク博士の "タッパー・ザッパー "では何の結果も得られなかった。

Following the directions in Dr. Clark's book I tried her herbal parasite killing program to kill parasites that had obviously been infesting my intestines since before my operation for Crohn's disease in 1994, and were still causing me serious problems. I got good results with Dr. Clark's parasite cleanse, so I knew I was onto something important. But the parasites returned not long after finishing her liver cleanse.

In her book Dr. Clark described a new electronic device called the zapper. She had a picture of a primitive zapper called the "tapper zapper". I set to work and made one, which was not terrible difficult because it merely consisted of hooking the positive and negative electrodes of a 9-volt battery to copper handholds and tapping the handholds for 7 minutes to get zapped. Well, after 7 minutes of tapping the handholds I needed the 20-minute break. My hands were tired. Not surprisingly, I did not get any results from Dr. Clark's "tapper zapper".
http://theultimatezapper.com/zapper.html


1. なぜ究極のザッパーなのか?
世界最高のザッパーなのか?

アルティメット・ザッパーの矩形波とフォーミュラは唯一無二です。12種類の真の特徴と、2種類のアルティメットモデルQE5とQE4、3種類のプレミアムモデルQE3plus、QE2plus、QE1plusに追加された機能の相乗効果により、世界で最もパワフルで効果的なザッパーとなっています。相乗効果という言葉は、その機能が非常に特別な方法で連動することを意味する。単に1つの機能を別の機能に追加するだけではない。強力な相乗効果があるのだ。これがパワーと効果の秘密なのだ。その証明は誰の目にも明らかだ。

さらに、アルティメイト・ザッパーのエレクトロポレーション効果は、ザッパーという言葉の定義を塗り替えた。この驚くべき治療のブレークスルーは、驚異的な癒しの成果であることが証明されました。この効果を生み出すザッパーは他にはありません。エッペンドルフ社とイノビオ社の2社のみがFDAの認可を受けています。マーティン・C博士が認めたように、アルティメット・ザッパーはザッパーの世界では唯一無二の存在です。

1. WHY IS THE ULTIMATE ZAPPER
THE WORLD'S BEST ZAPPER?

The Ultimate Zapper's square wave and formula are unique. The synergy of its 12 True Features, with extra features added to the 2 Ultimate Models QE5 and QE4, and the 3 Premium Models QE3plus, QE2plus & QE1plus, makes them by far the world's most powerful and effective zappers. The word synergy means that their features work together in a very special way. It is not just a matter of adding one feature to another. There is a strong multiplier effect. This is the secret to their power and effectiveness. The Compelling Proof is clear for all to see.

What's more, The Ultimate Zapper's Electorporation Effect rewrote the definition of the word zapper. This amazing therapeutic breakthrough has proved to be a tremendous healing achievement. No other zapper produces this effect. And only 2 other companies in the world do -- Eppendorf and Inovio -- both FDA approved. As Dr. Martin C. has recognized, The Ultimate Zapper is unique in the world of zappers.

2. 科学的根拠はあるか
究極のザッパーの
究極のザッパーの有効性を裏付ける科学的証拠はあるのか?

確かにあります。

最近特許を取得したザッパーの科学的研究は、パルス発生器(ザッパー)のデューティーサイクルが88%以上の場合、エレクトロポレーション効果を含む治療結果が大幅に改善されることを明確に証明しています。究極のザッパーのデューティ・サイクルは99.7%に近い。ハルダ・クラークのザッパーのデューティ・サイクルはわずか50%である。

米国特許7288062号 "Apparatus for creating therapeutic charge transfer in tissue "の情報を見ると... 「International Journal of Dermatologyに掲載されたReichらは、この結論(デューティーサイクルが高いほど結果が良くなること)を17の異なる医学的研究からまとめた結果で検証している。電荷移動の有効性のさらなる検証は、マイアミ大学医学部での発明者の装置を使った実験によって行われている。

2. IS THERE ANY SCIENTIFIC PROOF
SUPPORTING THE EFECTIVENESS
OF THE ULTIMATE ZAPPER?

There certainly is.

A scientific study of a recently patented zapper, not (Inovio Biomedical) clearly proves that therapeutic results, including the Electroporation effect, are greatly improved when the Duty Cycle of a pulse generator (a zapper) is over 88%. The Duty Cycle of The Ultimate Zapper is near 99.7%. The Duty Cycle of  Hulda Clark zappers is only 50%.

The information regarding "US Patent 7288062" – "Apparatus for creating therapeutic charge transfer in tissue" shows ... "Reich et al. in the International Journal of Dermatology validate this conclusion [regarding improved results with a higher Duty Cycle] with the results compiled from seventeen different medical studies. Further validation of the efficacy of charge transfer is provided by the experiments using the inventor's device at the University of Miami's Medical School ..."

「改善されたデューティ・サイクル」は本発明の重要な特徴である。

" http://www.google.ch/patents/US7288062 「デューティ・サイクル」とは、被験者が[治療上]有効または有益な電界に曝露される治療全体の時間の合計パーセントを定義するために使用される用語である。本発明の文脈では、可能なデューティサイクルは、0.008秒間の電界の正のDCのような部分と、0.002秒間の負の部分が、サイクル間の時間間隔なしに、連続的に繰り返されるものであるべきである。この例では、デューティ・サイクル(DC)は次のようになる: DC=(0.008/(0,008+0.002))*100=80%。"

"Improved Duty Cycle" is a key feature of the invention ..."

" http://www.google.ch/patents/US7288062 "Duty Cycle" is the term used to define the total percent of the entire time of a treatment in which the subject is exposed to the [therapeutically] effective or beneficial electric field. Within the context of the invention, a possible duty cycle should have a positive DC-like portion of the electric field for 0.008 seconds and a negative portion for 0.002 seconds that continuously repeats, without any time interval between cycles. For this example, the Duty Cycle (DC) is: DC= (0.008/ (0,008+0.002))* 100=80%."

この科学的研究は、私のサイトの体験談で報告されている「究極のザッパー」のエレクトロポレーションと再生効果を裏付けるものである。これらは同一である。以下は、これらの事実を証明する上記研究からの引用である: 「本発明は、生物学的材料に誘導直流様電界を発生させ、その材料を治療する。生物学的材料は、体液、細胞、組織、骨など、生きている人間や動物の一部である。誘導された直流様電界は、損傷した組織の再生を促進するなど、多くの方法で生物学的材料を治療することができる。例えば、直流様電界は外傷(例.打撲、筋肉の断裂、軟骨の損傷など)、衰弱、臓器の再生を刺激してその機能を回復させる、損傷または切断されたヒトの神経または軸索、治癒が遅いまたは治癒しない骨折(非結合)、血流中のプラークまたは他の形態の石灰化の形成による血流の閉塞、影響を受けた臓器への血流の減少に起因する心臓病や老衰などの病気、または骨粗鬆症(予防と回復の両方)を治療することができる。"

This scientific study supports the Electroporation and regenerative affects of The Ultimate Zapper that are reported in the testimonials on my site. They are identical. Here is a quote from the above-cited study that proves these facts: "The present invention creates an induced DC-like electric field in biological material to treat the material. The biological material can be portions of a living human or animal, such as body fluids, cells, tissue, or bone. The induced DC-like electric field can treat the biological material in numerous ways, including promoting regeneration of damaged tissue. For example, the DC-like electric field can treat trauma (e.g., bruises, torn muscles, and cartilage damage); debilitation; organs by stimulating their regeneration to restore their functions; damaged or severed human nerves or axons; slow or non healing bone fractures (non-unions); occlusion of blood flow due to formation of plaque or other forms of calcification in the blood stream; ailments such as heart disease and senility, resulting from reduced blood flow to the affected organ; or osteoporosis (both prevention and reversal)."

「誘導されたDCのような電界はまた、生物学的物質を破壊したり、その正常なプロセスを中断させたりして治療することができる。例えば、人体内のガン組織は、高電流を誘導することによって治療することができる。誘導直流様電場はまた、生物学的材料を介した帯電物質の移動を増加させるために使用することもできる。例えば、誘導された直流様電界は、組織内の特定の場所への有効なイオン性薬物成分の経皮輸送を促進することができ、その結果、必要な薬物の量を減らすだけでなく、薬物による毒性作用も減らすことができる。誘導直流様電場はまた、神経経路に沿った電気信号を遮断することによって、人間の神経痛を減少させることができる。"

 "The induced DC-like electric field also can treat the biological material by destroying it or disrupting its normal processes. For example, cancerous tissues within the human body can be treated by inducing high electric currents. The induced DC-like electric field also can be used to increase migration of electrically charged materials through the biological material. For example, the induced DC-like electric field can enhance trans-dermal transport of efficacious ionic drug components to specific locations within the tissue, thus reducing the amount of drug needed as well as toxic effects from the drug. The induced DC-like electric field also can decrease human nerve pain by blocking electrical signals along nerve paths." 

3. ザッパーとは何か?
どのように機能するのか?

ザッパーとは、1993年にハルダ・クラーク博士によって発明された、寄生虫バクテリア、ウイルス、カビ、真菌、酵母、その他の病原菌を殺すためのパルス発生電子機器である。クラーク博士の発明は、寄生虫、細菌、ウイルス、カビ、真菌、酵母、その他の病原菌を殺すために1993年に発明された。クラーク博士の発明は、1920年代に周波数発生器を発明した偉大な天才、ロイヤル・レイモンド・ライフ博士の肩の上に立っている。このザッパーは、1つの周波数に設定されたプラスオフセットの矩形波を発生させるが、寄生虫バクテリア、ウイルス、酵母、カビ、真菌が振動するすべての周波数と共振し、それらを破壊する。これは共振の原理として知られている。ザッパーの矩形波は、すべての病原体と共振する広帯域波である。理論的には、どのザッパーも同じように仕事をこなせるはずですが、実際にはそうではありません。ザッパーの矩形波や追加機能には大きな違いがあり、35の人気ザッパーを比較したザッパー比較表をご覧ください。アルティメット・ザッパーは、ホームページに記載されている独自の12機能フォーミュラにより、寄生虫バクテリア、ウイルス、カビ、真菌、酵母を他のどのザッパーよりも効果的に殺します。最も近いライバルには5つの機能しかない。

3. WHAT IS THE ZAPPER
and HOW DOES IT WORK?

The zapper is a pulse generating electronic device invented by Dr. Hulda Clark in 1993 to kill parasites, bacteria, viruses, mold, fungus, yeast and other pathogens. She described it in her book The Cure for All Diseases which you can read here. Dr. Clark's invention stood on the shoulders of the great genius Dr. Royal Raymond Rife who invented the frequency generator in the 1920's. The zapper creates a positive offset square wave that is set to one frequency but that resonates with all the frequencies that parasites, bacteria, viruses, yeast, mold and fungus vibrate at thereby destroying them. This is known as the principle of resonance. The zapper's square wave is a broad-spectrum wave that resonates with all pathogens. Theoretically, all zappers should be able to get the job done equally well but, in actual practice, this is not the case because there is a big difference between zapper square waves and extra features as you can in the Zapper Comparison Charts that compare 35 popular zappers. The Ultimate Zappers kill parasites, bacteria, viruses, mold, fungus and yeast more effectively than any other zapper thanks to their unique 12-feature formula described on the Home Page -- with extra features added to the 2 Ultimate Models and the 3 Premium models. Their closest rival has only 5 features.

すべてのものは振動する

生きているもの、生きていないもの、すべてに自然な振動数(周波数)がある。例えば、エラ・フィッツジェラルドがワイングラスを割る音を歌ったメモレックスのテレビコマーシャルを覚えている人も多いだろう。それとも、グラスを割ったのはメモレックスのテープに録音されたエラの声だったのだろうか?彼女の歌声は、グラスの固有振動数と一致する振動を生み出し、増幅されることでグラスを粉々にする共鳴を生み出したのだ。特定の周波数を複製することで共鳴が生まれる。

橋も共鳴の原理を実証している。隊列を組んで行進しながら橋を渡る軍隊は、橋の固有周波数を作り出し増幅させることで、橋を振動させ、揺らし、激しく振動させ、最後には崩壊させることが知られている!このことを知っていたイギリス軍は、隊列を組んで橋を渡る際、橋が共振し、揺れ、崩壊するのを防ぐため、隊列の歩調を乱した。では、病気を媒介したり引き起こしたりする微生物とは、どのような関係があるのだろうか?

Everything Oscillates

Every living and non-living thing has a natural vibration rate or frequency. For example, many of us may remember the Memorex TV commercials where Ella Fitzgerald sang a note that caused a wine glass to shatter. Or was it Ella's voice on Memorex tape that broke the glass? Her voice produced vibrations that matched the natural frequency of the glass and, when amplified, created the resonance to shatter it. Duplicating a specific frequency creates resonance.

Bridges also have demonstrated the principle of resonance. Military units crossing a bridge while marching in formation have been known to create and amplify a bridge's natural frequency causing it to vibrate, sway, oscillate violently, and finally collapse! Knowing this, the marching British army had their troops break step as they crossed a bridge to prevent the bridge from resonating, swaying and collapsing beneath them. So what is the connection with micro-organisms that carry or cause disease?

方形波が微生物に与える影響

ロイヤル・ライフは多くの実験で、微生物には固有の死滅振動数(MOR)があることを実証した。この周波数が増幅されると、これらの生物は衰弱して繁殖できなくなるか、あるいは実際に膜壁が崩壊するほど共振する。基本的には振動で死に至らしめるのである。ライフは、万能顕微鏡で微生物を観察しながら、放射と直流微小電流の両方で送信されるさまざまな矩形波周波数を使用して、微生物を無力化した。70年の歴史は、矩形波技術を使っても健康な細胞にダメージを与えないことを示している。共振についての詳細は、以下の5番をお読みください。
私が医学的なアドバイスをしたり、医学的な主張をすることは違法であることにご注意ください。これは上記の議論にも当てはまります。

How Square Waves Affect Micro-organisms

Royal Rife demonstrated in manRoyal Rife demonstrated in many experiments that microorganisms have their own specific Mortal Oscillatory Rate (MOR). This frequency, if amplified, will either debilitate these organisms and render them unable to reproduce, or actually resonate their membrane walls to the point of collapse. They are basically vibrated to death. Rife used various square wave frequencies transmitted both radiantly and by direct micro current to disable microbes, while observing them with his Universal Microscope. Seventy years of history indicates that using square wave technology does not damage healthy cells. Read #5, below, for more information about resonance.
Please note that it is illegal for me to give any medical advice or to make any medical claims. This applies to the above discussion.

4. QE5、QE4、QE3プラス、QE2プラス

ボブ・ベック・パルサー

QE5、QE4、QE3plus、QE2plusは、ボブ・ベック社の磁気パルサーと同様に、血液浄化/電気化を起こす電磁パルサーとして機能します。しかし、その原理は異なります。ベック社の装置は、非常に低い周波数の電磁エネルギーのマイクロバーストを使用します。QE5、QE4、QE3plus、QE2plusは、より高い周波数で一定の電磁エネルギーの流れを使用します。

血液浄化のためのザッピング 血液浄化のためのザッピングを行うには、両手首に2本の緩い輪ゴムを巻き、手首の内側に手錠を差し込む。15秒から始め、ゆっくりと時間をかけて行う。

4. QE5, QE4, QE3plus & QE2plus
vs.
BOB BECK PULSERS

QE5, QE4, QE3plus, & QE2plus work as electro-magnetic pulsers that create blood purification/electification like Bob Beck magnetic pulsers. But they work on different principles. Beck devices use micro-bursts of electro-magnetic energy at a very low frequency. QE5, QE4, QE3plus, & QE2plus use a constant flow of electro-magnetic energy at a higher frequency.

To zap for blood purification To zap for blood purification insert 2 loose rubber bands around each wrist and insert the handholds on the inside of the wrists. Start at 15 seconds and work up slowly.

6. ザッパーと
の違いは何ですか?

ザッパーは、直流(DC)の正のオフセット矩形波を発生させる電子機器です。通常は1000ヘルツから30000ヘルツの特定の周波数に設定されます。その効果は共振の原理によるものである。理論的には、すべての周波数で振動するすべての病原体を殺すことができるが、各ザッパーの実際の効果は、このサイトのホームページで説明する多くの要因に依存する。つまり、ザッパーは幅広い病原体キラーなのである。オリジナルのザッパーは1993年にハルダ・クラーク博士によって発明された。彼女は共振の原理を著書で説明している。共振については以下の7で述べている。真のザッパーはすべて独立した装置である。他の装置やアドオンを必要としない。スイッチを入れれば、ザッパーが作動する。

6. WHAT IS THE DIFFERENCE BETWEEN
A ZAPPER AND A FREQUENCY GENERATOR?

A zapper is an electronic device that produces a direct current (DC) positive offset square wave. It is set to one specific frequency -- normally from 1000 Hertz to 30,000 Hertz. Its effectiveness is due to the principle of resonance. Theoretically, it is capable of killing all pathogens that vibrate at all frequencies although the actual effectiveness of each zapper depends on a number of factors which I discuss on the Home Page of this site. In other words, the zapper is a broad-spectrum pathogen killer. The original zapper was invented by Dr. Hulda Clark in 1993. She explains the principle of resonance in her books. I talk about resonance in #7 below. All true zappers are stand-alone devices. They do not require any other devices or add-ons to work. You turn on the switch and you zap.

周波数発生器は、ザッパーの発明より60年も前に発明されたもので、直流(DC)の正のオフセットの矩形波を発生させる電子装置であるが、1つの低い周波数に設定されるわけではない。個々の病原体が振動する特定の周波数にユーザーによって設定される。大半の病原菌は300,000ヘルツから500,000ヘルツの間で振動する。使用者は、その周波数で振動する病原体だけを殺す特定の周波数に装置を設定しなければならないので、周波数ジェネレーターは広域病原体キラーではない。したがって、周波数ジェネレーターは、使用者がターゲットにしたい病原体の名前とその周波数をあらかじめ知っている必要がある。様々な病原体が振動する周波数を知ることは難しくない。ハルダ・クラーク博士は、すべての主要な病原体とその周波数を示したチャートを発表している。しかし、一つひとつの周波数を調べるのは複雑で時間のかかる作業だ。この長い周波数のリストを見てほしい。


The frequency generator, whose invention pre-dated the invention of the zapper by 6 decades, is an electronic device that produces a positive offset square wave of direct current (DC), but it is not set to one low frequency. It is set by the user, to the specific frequencies that individual pathogens vibrate at. The majority of pathogens vibrate at between 300,000 Hertz and 500,000 Hertz. The frequency generator is not a broad-spectrum pathogen killer since the user must set the device to a specific frequency which kills only the pathogen that vibrates at that frequency. A frequency generator, therefore, requires the user to know in advance the names of the pathogens she/he wants to target and their frequencies. It is not difficult to know the frequencies that various pathogens vibrate at. Dr. Hulda Clark published charts that show all the major pathogens and their frequencies. But it is a complicated and time-consuming process to go through each individual frequency. Look at this long list of frequencies.

さらに、体内の病原体の名前を発見し、それらを個別に標的にできるようにするには、シンクロメーターが必要である。詳細は以下の#17を参照。シンクロメーターは特定の病原体を識別する検査機器である。シンクロメーターは非常に高価で複雑で、高価な検査用スライドを大量に購入しなければなりません。さらに、シンクロメーターを使いこなせるようになるには、何カ月もの訓練と練習が必要である。

多くのザッパーメーカーは周波数発生装置を販売していますが、その装置をザッパーと呼んでいます。ParaZapperは、自社の装置がザッパーであると誤解させる多くのメーカーの一つに過ぎません。そうではない。複雑で高価なプロセスには大きな違いがある。

Furthermore, to discover the names of the pathogens in the body so they can be targeted individually requires a syncrometer. See #17 below for all the details. A syncrometer is a testing device that identifies specific pathogens. Syncrometers are very expensive and complicated, and they require the purchase of a large number of expensive test slides. In addition, it takes many months of training and practice to become proficient in using the syncrometer.

Many zapper makers market frequency generators but call their devices zappers. ParaZapper is only one of many makers who mislead people into thinking their devices are zappers. They are not. There is a big difference -- that adds up to a complicated and expensive process.

7. 2,500ヘルツの周波数はどのようにして
すべての病原菌を殺すのか?

その秘密はこうだ。アルティメット・ザッパーの超安定化された真の矩形波は、寄生虫バクテリア、ウイルス、真菌、カビ、酵母と共鳴するために、ほぼ100%のデューティ・サイクル、特別な低周波と相乗的に結合します。それらは文字通り爆発する。

7. HOW DOES 2,500 HERTZ FREQUENCY
KILL ALL PATHOGENS?

The secret is this. The Ultimate Zapper's Super Stabilized true square wave combines synergistically with its near 100% Duty Cycle, special low frequency to resonate with parasites, bacteria, viruses, fungus, mold and yeast. They literally explode.

エラ・フィッツジェラルド、共鳴する

共鳴とは何か?寄生虫、細菌、ウイルス、真菌、カビ、酵母などの危険な病原体を含め、宇宙に存在するすべてのものには、静かに振動する「固有振動数」があります。共振とは、物体や病原体が振動する周波数と同じ周波数で振動が生じる原理である。その "同じような "振動によって、ターゲットは破壊される。

Ella Fitgerald resonates

What is resonance and how does it work? All things in the universe, including dangerous pathogens such as parasites, bacteria, viruses, fungus, mold and yeast, have a "natural frequency" that they silently vibrate at. Resonance is the principle whereby vibrations are created at the same frequency that a object or pathogen vibrates at. The target is destroyed by those "like" vibrations.

共振原理が実際に作用している実例は、1971年、メモレックスの録音テープのコマーシャルで、何百万人ものテレビ視聴者に視聴された。テーブルの上にワイングラスが置かれ、有名なジャズ歌手であるエラ・フィッツジェラルドが、まさにグラスの固有振動数である音を発した。彼女の声はメモレックスの録音テープに録音されていた。グラスはカメラの前で爆発した。パンチラインは、"ライブなのか、メモレックスなのか?"だった。メモレックスのコマーシャルは、「固有振動数」と共振の原理を完璧に説明していた。

アルティメット・ザッパーが発生させる矩形波は、あらゆる病原体の幅広い胞体とあらゆる周波数で共鳴する普遍的な振動を生み出す。どのようにしてこのようなことができるのでしょうか?科学的な説明は上記1をお読みください。ハルダ・クラーク博士自身、矩形波がどのようにしてこの広範なスペクトラム効果を生み出すのか、完全には理解していなかった。しかし、事実はそうであり、究極のザッパーは他のどのザッパーよりもはるかに優れた効果を発揮するのです。

周波数変化型ザッパー、スイープ・ザッパー、発振型ザッパーは真のザッパーではない。1993年にハルダ・クラーク博士が発見したザッパーの原理は、単一の周波数に基づいている。特定の低周波に設定されていないこれらの新しいデバイスは、単一の非常に高い周波数で振動するか、周波数範囲を掃引するか、異なる周波数を交互に振動します。

A real live example of the resonance principle in action was viewed by millions of TV viewers back in 1971 in a commercial for Memorex recording tape. There was a wine glass on a table and Ella Fitzgerald, the famous jazz singer, held a note that was exactly the natural frequency of the glass. Her voice was recorded on Memorex recording tape. The glass exploded in front of the camera. The punch line was, "Is it live or is it Memorex?" The Memorex commercial illustrated perfectly the principle of "natural frequency" and resonance.

The square wave produced by The Ultimate Zapper creates a universal vibration that resonates with the broad sprectum of all pathogens at all frequencies. How does it do this? Please read #1 above for a scientific explanation. Dr. Hulda Clark herself did not fully understand how the square wave creates this broad-spectrum effect. But the fact is that it does and the fact is that The Ultimate Zapper does this far better than any other zapper.

Frequency-change zappers, sweep zappers and oscillating zappers are not true zappers. The zapper principle that Dr. Hulda Clark discovered in 1993 was based on a single frequency. These new devices that are not set to a specific low frequency either vibrate at a single very high frequency, sweep through a range of frequencies or alternate between different frequencies.

すべてのアルティメット・ザッパー・モデルは、最適な相乗効果を得るために、2000ヘルツまたは2500ヘルツに設定されています。一部のデジタル "ザッパー "のように、"スマート・キー "を使用して単一の高周波をヒットさせると、そのデバイスは周波数ジェネレーターになるため、真のザッパーとしては役に立たなくなります。大きな違いがある。

All Ultimate Zapper models are set to either 2000 Hertz or 2500 Hertz, for optimum synergy. Hitting a single high frequency using "smart keys", such as some digital "zappers" do, renders that device useless as a true zapper because the device becomes a frequency generator. There's a big difference.

デジタル "ザッパー "の皮肉な点は、ほとんどの病原菌は300,000~500,000ヘルツの非常に高い周波数で振動し、これらの病原菌は、アルティメット・ザッパーの全モデルで2000ヘルツまたは2,500ヘルツの周波数を使用した矩形波によって最も効率的に破壊されるということです。高周波ザッパーは、25,000ヘルツ以上に設定されるか、高周波または様々な高周波と低周波の間で振動する。この方法では、高い周波数でザッピングする時間が無駄になるため、ザッピングの効果が減少します。低周波で十分長い時間ザッピングすることだけが、優れた結果をもたらす。

 The irony of digital "zappers" is that most pathogens vibrate at very high frequencies, between 300,000 and 500,000 Hertz and those pathogens are most efficiently destroyed by a square wave using a 2000 or 2,500 Hertz frequency for all Ultimate Zapper models. High frequency zappers are set to 25,000 Hertz or higher or that oscillates at high frequencies or between various high and low frequencies. This method actually reduces the effectiveness of zapping because the time spent zapping at the higher frequencies is wasted. Only zapping at a low frequency for a long enough period of time will provide superior results.
http://theultimatezapper.com/wordforword.htm


クラーク博士による癌の治療法

この続きはcodocで購入