Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

1/fゆらぎの声「1/f(f分の1)ゆらぎ」の癒し効果。心地よく響く声?

「1/f(f分の1)ゆらぎ」とは

波の音や木の葉が風で揺れる音、鳥の鳴き声など、人間が「心地良い」と感じる音には、「1/f(f分の1)ゆらぎ」という超音波が関係しています。

「1/f(f分の1)ゆらぎ」は「ゆらぎ」の一種です。

「ゆらぎ」とは不規則な動きのことで、自然界に存在するあらゆるものは「ゆらぎ」を持っています。

例えば、風は突然吹いたり止まったりしますよね。

一見規則的に見える太陽や月も、少しづつゆらぎながら運動しています。

生物も同じで、私たち人間もゆらぎながら生活していると考えられるのです。

「ゆらぎ」にはいくつかの種類があります。

1つ目は「ホワイトノイズ」や「白色ゆらぎ」と呼ばれるもので、不規則なゆらぎです。

完全にランダムであるため、全く予測ができません。

もう1つは「ブラウンノイズ」「1/fの2乗ゆらぎ」で、ある程度の予測ができます。

過去の値に強く影響される数値のゆらぎを表し、為替や株の値動きが代表的です。

「1/f(f分の1)ゆらぎ」は生体のリズム

1/f(f分の1)ゆらぎはホワイトノイズとブラウンノイズ両方の特性を持っており、「ピンクノイズ」とも呼ばれます。

1/f(f分の1)ゆらぎは五感を通して人間の生体リズムと共鳴するので、心地良さを感じるのです。

そのため、癒し効果がある音楽(ヒーリングミュージック)には、この1/f(f分の1)ゆらぎが使われています。

心地良い音を聴くとリラックス効果だけでなく、免疫力や集中力も高めてくれることがわかっているのです。

https://utaten.com/karaoke/fluctuation/

    規則性と不規則の絶妙な調和が取れたものが1/fゆらぎ
    1/fゆらぎは人間が五感で感じ取る心地良さ
    1/fゆらぎは人間に幅広く優れた癒し効果をもたらす
    生活に取り入れやすい1/fゆらぎはヒーリングミュージック・キャンドルの炎・海や山の自然

1/fゆらぎの癒し効果

    リラックス効果
    集中力の向上
    安心感が得られる
    憂鬱感の解消
    ストレス解消

1/fゆらぎは、人間の内面部分に幅広い癒し効果をもたらします。

睡眠時や癒されたい時だけでなく、勉強中や読書など集中力を上げたいときにも最適です。

https://iyasheep.com/column/1-f-yuragi/

特にヒーリング効果のあるゆらぎの種類に「1/f(エフぶんのいち)ゆらぎ」という周波数があり、
一説にはタレントの福山雅治さんの声や女性歌手の宇多田ヒカルさん、美空ひばりさん、
MISIAさんなどの歌声にも、不規則にゆらぐ「1/fゆらぎ」音が入っていると言われていますが、
まだまだこのゆらぎの効果については解明されていません。

では、究極のモテ声の特徴とは何でしょうか?たとえば福山さんや宇多田ヒカルさんの歌声などにも見られる特徴に、発声方法があります。

    高すぎず、低すぎず落ち着いたトーンである
    響く声である
    吐息のようなハスキーな声質である

という点です。

人の注意を引き付けたい時、スピーチなどの場合は少し高めのトーンを出しますが、反対にリラックスさせたい場合は程よく低い声で話すと良いでしょう。

また響く声、吐息のような発声については、福山さん自身がこうコメントしています。

「喉だけで歌うのではなく、呼吸で歌っている」

呼吸で出す発声を腹式呼吸と言います。腹式呼吸をマスターすると響く声、通る声を喉に負担をかけることなく出すことができます。セクシーな声にするには、声のボリュームを抑え、「息で声を出す」意識をすると良いですね。
癒し効果抜群!”1/fゆらぎ”を持つモテ声③柔らかく大人の落ち着きがある声とは

さらにセクシーな声の効果を最大にするのは発音です。セクシー=軽い、賢くないというイメージになりやすいので発音にも気を使いましょう。

異性にモテる人の声には「信頼感」があるというイメージが共通しています。仕事でもプライベートでも、「信頼感」のある話し方は重要です。声に信頼感を出す鍵は、きちんと発音することです。

そのためには

    口をしっかり開け閉めして話す
    一音一音丁寧に発音する

ことが大切です。

日本語は「aiueo」の5通りの口の開け方があります。口を縦横にきちんと開けたり閉めたりしながら話しましょう。笑顔の口の形を定位置にして話すと、声の印象も明るくなります。

また、母音まで発音するつもりで、ゆっくり一音一音話しましょう。母音とは「aiueo」の音のことで、50音ほとんどすべてにいずれかの母音が含まれています。

きちんとした発音ができていないと、性格までだらしない印象になってしまいます。
癒し効果抜群!”1/fゆらぎ”を持つモテ声④完璧ではない所が人をトリコにする

モテる声の人は、傍から見ると完璧でうらやましい限りですが、実は福山雅治さんは、自分の声が大嫌いだったと語っています。そのため、最初は歌手には向かないとギターだけ演奏していたとか。

https://4yuuu.com/articles/view/706305

1/f ゆらぎを出せる有名人

いわゆる眠くなる声(心地よく響く声)というのも1/fゆらぎと関連があるようです。

歌手でいうと、美空ひばりさん、宇多田ヒカルさん、松任谷由実ユーミン)さんなどが1/fゆらぎの声を出せるといわれています。

ジャパネットたかた社長さんもこの特性を持っているようです。

一般的に聞き取りやすい声の周波数は440Hz程度と言われおり、耳障りな声・不快な音に感じるのは3000Hz~4000Hzの周波数と言われています。

男性に人気の女性の声は周波数が340〜350Hzで、有名人でいえば松嶋菜々子さんのような声のようです。

ナレーターやタレントとしても活躍されている声優の金田朋子さんは20000Hzを超える周波数も含まれていると言われています。

https://yosemi-7.com/post-30756

1/fゆらぎとは、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのことで、心地よく快適な気分を与える効果があります。

https://kinarino.jp/cat6/5715

「ゆらぎ」には「ゆらぎ具合」があります。この具合を表すのが「f」という周波数であり、ゆらぎの種類を「1/√f」「1/f」「1/f²」「1/f³」といった形で表します。 この中で人間が一番心地よく感じられるのが「1/f」の「ゆらぎ」なのです。
https://bamka.info/1f-yuragi-relax

自然界に存在するものには、必ず「ゆらぎ」があります。一定に見えても厳密には一定でありません。

ゆらぎのない自然物はないということです。

ゆらぎが大きいと意外性・突発性が高く、次に何が起こるか分からないので人は不安になります。
逆にゆらぎが小さすぎると、安心ですが単調で変化がないので飽きてきます。

1/f(えふぶんのいち)ゆらぎは、規則性と突発性、予測性と逸脱性が適度に組み合わさったもので、居心地のよい空間と情報を与え、人の心を落ち着かせるといわれています。

1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)とは、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのこと。
ただしfは 0より大きい、有限な範囲をとるものとする。

光、音楽、電気信号など波長を持つものや、蝶、魚、風、炎など動くものは、波形や軌跡をフーリエ変換によって正弦波の和に分解できます。

複雑な波形も、周波数(f:振動の多さ)やパワー(P:振動の幅)の異なる大小さまざまな正弦波が合わさったものであることがわかります。

これを周波数の小さい順に並べた時、パワーが傾き45度のきれいな反比例になるものを「1/fゆらぎを持つ」といいます。

1/fゆらぎは別名「ピンクノイズ」とも呼ばれていますが、そのあたりにも秘密がありそうです。

焚火やろうそくの炎、小川のせせらぎ、木々のそよぐ音。
それら1/fゆらぎを持つものを眺めたり聴いたり感じたりしていると、時(とき)を忘れます。

1/fゆらぎに、対極ともいえる「規則正しく刻んでいる時間」を忘れる効果があるとは何とも不思議です。

https://club.informatix.co.jp/?p=1994

イギリスの科学者が調査したところ、コアラの体重は10キロ弱にもかかわらず、ゾウ(体重約2~6トン)が出すような低い音を出していることがわかりました。

音は周波数が小さいほど低くなりますが、ヒトの声の周波数が概ね100~1000Hzの間であるの対して、その調査によれば、コアラの鳴き声の平均周波数は27.1 Hzで、範囲は9.8~61.5 Hzでした。
ゾウの鳴き声の周波数が5~470Hz(ただし、もっと高音域、最高で10000Hz程度の鳴き声を出すこともあります)であることを考量すると、コアラの鳴き声の周波数は驚くべき数字です。

このような低い音を出せるのは、コアラが通常の声帯(喉頭<こうとう>声帯)に加えて、のどの奥に口蓋<こうがい>声帯という器官を別に備えているからです。
この口蓋声帯はコアラでしか知られていない器官であり、喉頭声帯より3倍以上も長いことから、初めて聞いた人をびっくりさせるような低い声で鳴くことができるのです。

https://www.higashiyama.city.nagoya.jp/blog/2020/05/6-6.html

日常会話で発する声の高さでは男性の声は500Hz、女性の声は1,000~2,000Hzが目安とされています。 しかし、声を発する状況や個人差によってもHzの数値は変動しやすいため具体的に定義することが難しいのです。
http://teccell.co.jp/saint/column/loudness/

 

youtube

www.youtube.com

 

bandcamp
https://healwithrife.bandcamp.com/

booth
https://healwithrife.booth.pm/

patreon
https://www.patreon.com/HealWithRife

ko-fi
https://ko-fi.com/healwithrife