Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

タバコ(煙草)葉巻たばこは健康に良い。 タバコ(煙草) タバコの薬効 葉巻・シガリロ


ヨーロッパに輸入された薬の多くは結局、当初あるとされた治療価値はなかった。
タバコ支持派(ジュアン・デ・カストロやモナルデスはタバコが頭痛、
中毒、胸痛、喘息、胃痛、条虫、閉塞に使えると表明)と、
批判派(レイバとアギュラーはタバコの乱用を批判するとともに人には有害だと反対)が対立したのが上記の例である。
https://www.touyakukai.com/IT_kusurinobunkasi/chapter4/chapter4.html

セビリアの医師モナルデスはタバコを万能薬とうたい、消毒・止血・座薬、さらに歯磨きにまで用いることを勧めたといいます。

フランスの駐ポルトガル大使ジャン・ニコは本国にタバコを持ち帰り、王妃カトリーヌ・ド・メディシスの頭痛を治療してみせます。このため、タバコは「ニコの薬」と呼ばれ、珍重されました。

タバコの学名Nicotiana Tabacumの名称、さらにニコチンという化合物名は、このニコの名からとられています。まさか500年後まで、自分の名が最も嫌われる化合物として残るとは、ニコも夢にも思わなかったことでしょう。

その後、タバコは嗜好品として定着し、世界に広がります。タバコの害が大きいことは早くからわかっており、嫌煙運動も行なわれていました。

クロムウェルルイ14世徳川家光ヒトラーといった歴史に名を残す権力者たちもタバコの根絶を図っていますが、喫煙者の反発は極めて強く、いまだタバコの完全な追放に成功した国はありません。

https://yakuyomi.jp/knowledge_learning/etc/03_053/


タバコ(煙草)は、ポルトガル語で「tabaco」、学名は「Nicotiana tabacum」、
ナス科タバコ属(Nicotiana)の南アメリカの熱帯原産の植物である。
タバコ属(Nicotiana)は熱帯、暖帯などに約70種以上が分布する。
一年草多年草、時に低木の性質をもつ。
栽培種としては1年草として扱われるが、原産地ではもともと多年草である。
薬草園で稀に冬を越すことがあり、日本でも冬が暖かい所なら多年草となる。
当園ではXanthi(キサンチ)とSR-1の2品種を保持している。

葉の成分にとくに強い嗜癖性を持つニコチンを含んでいる。
タバコの煙には健康を害する多くの有害物質が含まれているが
ほとんどが燃焼してしまうため、
体に取り込む量は限られている。
タバコは全草にニコチンを含んでおり、
誤食すると嘔吐や下痢などの症状を起こし、
筋肉のけいれんや麻痺といった症状が現れることがあり、
死に至る場合もある。
ニコチンなどの成分を利用した民間療法があり、
タバコの吸い殻を煮出した煮汁は足のまめや水虫などに効くといわれている。
15世紀末の熱帯アメリカの原住民は喫煙を宗教的儀式または麻酔薬のようなものとして使ったり、
タバコの葉汁は外科用に利用していた。

 成長すると茎は直立、丈はおよそ2 m内外、茎は繊維質で、薪の代わりとして炊事に利用されていた。
電気、ガスの普及でそのような用途がなくなり、今では肥料として畑に利用されている。
茎には多量のカリ塩が含まれているため、焼くとカリ(K)肥料になる。
アルカロイドのニコチン、ノルニコチンには殺虫効果がある。副交感神経末梢興奮作用のある毒薬で、それに含まれる硫酸塩は農薬に用いられている。また、ニコチンの成分を含んだタバコの臭いは蛇が嫌うといわれているので、タバコの吸い殻はヘビの回避剤に利用されることがある。

https://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/guide/outline/oike02/july-2022/

コロンブスの新大陸(=アメリカ大陸)への上陸をきっかけに、
ヨーロッパへ持ち込まれた「たばこ」ですが、特に注目されたのは“薬草”としての効能でした。

  当時、ヨーロッパの各国は、疫病や食糧難に苦しめられ、
病を治す薬を切実に求めていたのです。
そこへ、新大陸へ渡った多くの探検家たちが
“先住民が「たばこ」を薬として使用している”との報告を寄せたため、
「たばこ」にスポットが当たりはじめます。
なかでもスペインの医師であるニコラス・デ・モナルデスが
著した「たばこ」に関する1冊の書物は注目を浴びました。

  モナルデスは、自らが新大陸に赴くことはなかったものの、
情報を丹念に収集して「たばこ」を栽培し、
1571年に『西インド諸島からもたらされた有用医薬に関する書 第二部』を出版します。
このなかで彼は「たばこ」を万能薬と位置づけ、新大陸の先住民の使用法や、
その薬効などを事細かに解説し、推奨しました。
  これがヨーロッパ各国で翻訳されてベストセラーとなり、以後、
この書物は「たばこ」の万能薬信仰のバイブルとして、
影響を持つこととなったのです。

  当時のスペインは、国王が絶対的な権力を握る絶対王政の時代であり、
王室は植民地が自国にもたらす莫大な富を求めていました。
なかでも、薬草としても注目を集める「たばこ」は重要な産物の1つであり、
スペインは、資源の豊富な南米の各地を次々と植民地化し、現地で盛んに「たばこ」を栽培させます。
https://www.jti.co.jp/tobacco/knowledge/society/history/world/03_1.html

なぜまずタバコなのか?
 シャーマンが用いるメディスンは、もちろんアヤワスカだけではない。

 薬草タバコも、たとえばアヤワスカ前に用いられるメディスンの一つである。
なかなかこのタバコの意義を理解頂けないかもしれないし、実際に一、
二度飲んで離れてしまう人も少なくない。何よりも、日本のメディスン・セレモニーは、
まだまだ発展途上にあるので、アヤワスカの情報は得られても、薬草タバコの情報は非常に限られている。

 しかし、ほぼすべてのシャーマンが、この薬草タバコを吹かしていることからも、
いかにタバコが、シャーマンの世界、メディスンの世界で大切なのかは容易に推測できるだろう。

 そんななか、薬草タバコについて記している記事を発見した。
私は、この著者のお弟子さんから教えを受けていた時期もあった。
こちらの著者は、肥田式強健術の第一人者であるだけでなく、
武術にも造詣が深く、過去、メディスン・セレモニーを行っておられたとも聞いた。
こちらをご覧いただければ、薬草タバコのパワーを語るのが、
私の一人相撲でないことを信じてもらえるかも知れない(笑)。

 ~略~ 南北アメリカ先住民の伝統においては、
古来よりタバコは神から人間に与えられた特別な贈り物とみなされてきた。
それは物質世界と神々の超越的世界との間に横たわる深淵に橋をかけるものであり、
アメリカ大陸のシャーマニズムにおいては、
タバコは絶対に欠くことのできない最重要のファクターなのだ。
 タバコの煙によって祝福を与えたり、
身体から病気を抽出したりすることを始めとして、
オーラの浄化、スピリットの召喚、あるいは呪詛のエネルギーを送るなど、
枚挙に暇[いとま]がないほどの様々な応用法がある。

 私が当時採[と]った手法は、喫煙のみでなく、
タバコの葉からドリンクを造ってそれを飲むという、
一見無謀なものも含まれていた。だが、これらの実験によって私は害を受けるどころか、
心身の健康はますます増大し、霊的修養においても一大躍進を遂げることができたのだ。
 さらに、タバコを種から栽培しながら、そのスピリットとの絆を深めていくうちに、
タバコに秘められた奥深い世界が、徐々に私の前に開示されていったのである。 

 そうした「行」を私は何度も試みて、非常に良好な結果を得た。
タバコ・ドリンクを飲んだ直後は、強い眩暈[めまい]や吐き気を覚えるが、
しばらく作用を全身に浸透させた後、自然に起こってくる嘔吐に身を任せると、
その後で非常に深い浄化の感覚がやってくるのだ。
 私の指導の元で同様の実験をした人たちも皆、
魂の奥底までみそぎ祓[はら]われて澄み渡ったかのような、
深遠な浄化体験を報告している。

 驚くべきは、ご自身で修養を重ねながら、薬草タバコを試行され、
遂には飲むという勇気ある試みを遂行されたこと。実際その用法は正しく、現地でもタバコを飲むのは、浄化の一環として捉えられている。

 日本では、まだまだ薬草タバコの有益性を知る人は少なく、Youtube動画でも、アヤワスカやサボテン、カエル毒の体験談ばかりが取り上げられているので、なかなか薬草タバコに光が当てられにくいのはもったいないことだ。

https://ayahuasca.tokyo/2023/06/17/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F/

 現在、タバコのイメージは悪い。私は喫煙の習慣はないが、セレモニーに際してタバコは頻繁に用いる。ちなみに現代タバコは、個人的に「シガレット」と呼び区別しており、セレモニーで用いるタバコとは似て非なるものである。

 そもそもタバコは薬草として非常に有益な存在で、食む、飲む、吸うことはもちろん、虫除けや魔除けとしての効能もある。シャーマニックな用い方としては、免疫の強化、排毒、自分の能力を思い出させ、他の薬草とのつながりやパワーを強める、精神世界との懸け橋を作り、場を清浄に保つ、オファリングのツールなどなど。

★もしタバコを吸わないのなら、あなたは薬草について学ぶことはないだろう。

 シャーマンは、タバコの力を借りて、死を再現し、他人を癒し、魂を再生し、死を克服することができると考えている。現地のリトリートセンターでも、タバコジュースが用いられることもあり、伝統的な薬草の中でも群を抜いて珍重されている。

 なお、くれぐれも重ねて書くが、ここで触れている薬草タバコは、コンビニなどで買える一般的な「シガレット」とは異なる。決して、見よう見まね、素人判断でそれらを煎じて飲んだりされないように。

 タバコのイメージは、男性的であるかもしれないが、非常に女性的で優しいエネルギーも感じる。一度、薬草タバコと繋がりができると、お母さんのような気がしてくるのである。

https://ayahuasca.tokyo/2023/06/17/%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3%EF%BD%9E%E3%82%A2%E3%83%A4%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%81%AE%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%95%E3%82%93/

メディスンは「薬」という意味じゃが、シャーマンの世界では、日本人もみなメディスンと呼んどるな~ 「薬」というと、カプセルとか粉薬をイメージしちまうからな~ メディスンは、薬というよりも、薬草といった感じじゃな~ しかも、保存料や化学製品など含まれておらん「天然の薬草」じゃな

各地の原住民にとっては当たり前じゃがのぉ。西洋人、現代人は、みんな石油の入った「薬」が万能薬と思っとる。それでも、最近わしらのパワーが認識され始めているのはうれしいことじゃよ~

薬草さんたちは、刈り取られたりして悲しくないの?

お前さんは嬉しいことを言ってくれるな~ そういう気持ちでわしらを飲んでくれれば本望さ。そもそもわしらは、この地球と人々を癒やしにきてるんじゃからな~ ただし、敬意と感謝と、まがいのない意図で飲まなければいかんぞい。だから、シャーマンは、わしらを切ったり刈ったりするとき、挨拶してから、許可を乞う。答えがノーなら、彼らは他の薬草を探す。まあ、最近は、植物と話が出来るやつの方が少なくなっちまったがな~

わかった! じゃあ、いろんな薬草さんがいろんな癒やしを与えてくれるんだね~

そうじゃよ、しかも人間と一緒で、それぞれの薬草にはそれぞれの性格やエネルギーがあってな~ まあ、これも話すときりがないぞ

そうじゃな~ 人間は不思議な生き物じゃな~ もともとは薬草であったのに、その摂り方を誤って体に悪いものにしたり、お金などがからんで、わしらを追いやったり悪者にしてしまうんじゃからな~ いいかい、タバコにも色々あるが、わしらメディスンタバコは、今人間たちがプカプカやってるのとは種類も違う。それに、今プカプカやってる連中は、シャーマンがやってる行為のみを真似しとるんじゃ。シャーマンたちは、いろいろな儀式をする。わしらタバコは噛んでも飲んでも吸ってもよいが、まずは体にスピリットを呼び込むために飲まなきゃならん。それでわしらとつながれれば、煙の効果が出てくるんじゃが、西洋人が煙を吹かすところだけを真似しちまったんだな~ しかし、わしらの煙は、アヤワスカを始めとしたセレモニーには欠かせない存在じゃよ

わかった~ じゃあ、タバコさんの役割はなぁに?

これも説明するには一晩かかるが、わしらタバコは、「魂の通り道」という呼び名もあってな~ アヤワスカとも相性がいいが、すべてのメディスンとのつながりを深めやすくする。それから、虫下しや魔除け、免疫の強化、排毒、人の能力を思い出させ、インスピレーションを高めたり、場をきれいにしたり、浄化やトラウマからの脱却、精神性の扉も開く。タバコ中毒の患者も、わしらタバコの力で癒やすこともできる。特に、日本人は抑圧が激しいから、心理的なトラウマ、愛情不足、それから自然でない食べ物を吐き出す煎じ薬にもなる。あんたら日本人は、添加物や化学的に合成されたものを食べ過ぎじゃからな~ わしらを飲んで、もっと吐いて吐いてクリーニングしてもらいたいもんじゃよ~

https://ayahuasca.tokyo/2023/06/17/%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3%E3%81%AE%E7%B2%BE%E9%9C%8A%E3%81%A8%E3%81%AE%E4%BC%9A%E8%A9%B1/

葉巻とは、「葉巻きタバコ」の呼称であり、タバコの葉を筒状に巻いたものです。
タバコの加工技術としては最古の部類に入り、古代中米で行われていた喫煙方法の一つであったとされています。
https://www.5star-magazine.com/news/luxury-cigar/

葉巻ではタバコが 葉タバコまたはタバコを含む素材で包まれている ことです。
一方、タバコは紙やタバコを含まない素材で包まれています。
葉巻は通常、タバコよりも大きくて太く葉っぱの量も多いです。

https://stoke-llc.co.jp/difference-cigar-cigarette/

マレインティーには、気管支のけいれんを鎮めて咳を止め、のどの炎症を抑えるという効能があります。
風邪による咳やのどの痛みはもちろん、喘息や気管支炎といった辛い症状の改善。

更に、空気の乾燥・タバコの煙・声枯れなどが原因ののど荒れにも効果があります。

他の目的ではほとんど利用されないほど、呼吸器の不調改善に特化したハーブです。

https://tea-labo.jp/tea-ranking-severe-cough/