Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

80年の謎 ライフとホイランドの周波数の説明 英国ライフ研究会報告書

80年の謎  ライフとホイランドの周波数の説明  英国ライフ研究会報告書 
2016年11月  © 2016 BRRG
 
 オーブリー・スクーンとスチュアート・アンドリュースを偲んで
 これが私の最良のものである、
 私の人生は蒸気のようであり、ない; 
 私の人生は蒸気のようなものであり、そうではない。
 ジョン・ラスキン 
 
本レポートは、以下の条件を満たせば、他のライフ研究者に無料で複写・提供することができる: 
 (i)出典であるBritish Rife Research Groupを明記すること。
 (ii) 改変することなく全文を複製すること。
1 : はじめに 
 今日、いわゆるライフ・マシンは数多く存在し、適切に使用されれば、癌を含む疾患の治療に有益な結果をもたらす。
がんを含む病気の治療に有益な結果をもたらす。しかし、末期がんの治療における回復率は 
1934年の臨床試験で達成されたもの、あるいはその後に初期のライフ・マシンを使用した医師が報告したものと比べると、末期がんの治療における回復率は期待外れである。
その後、初期のホイランド機を使用した医師たちによって報告されたものと比べると、末期がんの治療における回復率は期待はずれである。また 
一方、1920年代と1930年代には、ライフはしばしば試験管内で細菌を死滅させることを実証していた。
1920年代と30年代には、ライフはしばしば、知識豊富で経験豊かな科学者や多くの著名な医師たちの監視のもとで、彼の機械がこのような能力を発揮することを実証していた。
経験豊富な科学者や著名な医師たちが彼の研究室を訪れた。
 当時からのエレクトロニクスの偉大な進歩に鑑みると、今日、我々がそれに匹敵するような機械を持っていないことは不可解である。
1930年代の機械の性能に匹敵するどころか、それを凌駕する機械がないのだから。
何が間違っているのか。何が間違っているのか、何が見落とされているのか、現代の機械は何が違うのか?最も明らかな違いは
最も明白な違いは、1934年のライフ博士の臨床試験で大成功を収め、その後、ライフ博士によって使用された周波数にある。
その後、ミルバンク・ジョンソン博士、クーシェ博士、ハマー博士、イェール博士、タリー博士が臨床試験を行い、大成功を収めた。これらの 
これらの医師は皆、プラズマチューブを励起するために疾患特異的な高周波を使用する機械を持っていた、 
一方、最新の装置では、疾患固有の矩形波オーディオ周波数が使用されている。
振幅変調してプラズマ管を駆動する。
 オーディオ周波数変調を採用した最新の装置は非常に効果的であるが、それでも極めて重要な疑問が残っている。
1934年の卓越した臨床結果を現代の技術で再現できるのか?
1934年の優れた臨床結果を、現代の技術で再現できるのだろうか?現代の技術で1934年の優れた臨床結果を再現できるのか。
現代の技術で1934年当時の優れた臨床結果を再現することはできるのだろうか?
しかしそれは何なのか?このレポートでは、これらの周波数に関する重要な新情報を明らかにする。
その周波数とは何なのか?
 ホイランドは、ライフの初期のNo. 
ホイランドは、ライフの初期の3号機で測定を行うことによって、4号機に使用される周波数にたどり着いたと主張した(1)。しかし、現存するNo. 
機械の校正文書と、3号機に関連する以前のライフ研究所のノートを比較すると、このことを裏付ける証拠はほとんどない。
に関するメモを比較すると、どちらも特定の病原体を破壊するのに使われた周波数を示しているように見えるが、この主張を裏付ける証拠はほとんどない。
特定の病原体を破壊するために使用された周波数が示されているように見える。実際、記録されているどの周波数も、ライフ博士が言うところの 
その病原体の死滅振動数(MOR)と呼ばれる周波数が記録されていることは明らかではない。
 ライフの初期の研究については、これまで見過ごされてきた多くの情報が、以下のようなパブリックドメインの資料を注意深く研究することによって見つけることができる。
個々の研究者のウェブサイト、初期の新聞記事、1939年の裁判記録、テープレコーダーなど、 
1939年の裁判記録、ライフと彼を知る人々のテープ録音などである。近年 
近年、多くのライフ研究者が、歴史的研究と実験に時間と資源を捧げ、その成果を自由に共有することに意欲的である。
近年、多くのライフ研究者が歴史的研究と実験に時間と資源を割き、その成果を自由に共有しようとする意欲が、さらなる進展を可能にしている。この報告書 
は、彼らが収集し公開してくれた豊富な情報なしには書けなかっただろう。
 ライフとホイランドの初期の機械について、当時発表された記述やコメントを精査すると、次のようになる。
当時のラジオ工学を理解し(2) 
1930年代に採用されたいくつかの高周波MORを確実に特定することができた。その他にも
その他、可能性が高いものや、実験やその他の方法で検証すべき有力な候補と考えられるものも見つかっている。
実験や臨床試験による検証の必要性がある。この報告書の中で何よりも重要なのは 
人類への潜在的な利益という点で、この報告書の中で何よりも優先されるのは、ライフやさまざまな医学博士が使用していた特定の高周波の再発見である。
が再発見されたことである。
 1
2 : ライフのNO. 3 周波数測定器 
(i) ライフ研究所ノート 
 ライフ研究所ノートは、ライフのNo.
マシンに関する主要な情報源である。ライフ研究所ノートは、ライフのNo.3マシンに関する主要な情報源である。
のメモ用紙に手書きで書き写された24枚の完成された各ページには、特定の病原体の特徴と、彼が試みに成功した後に記録した機械の設定が記載されている。
1934年以前に細菌を死滅させることに成功した後、彼が記録したものである。
 それぞれの病原体について、2つの発振器の周波数が記録されている。
最初の発振器(発振するケネディ受信機だったかもしれない)の周波数は1秒あたりのサイクルで記録され、2番目の発振器(超再生回路)の周波数は1秒あたりのサイクルで記録された。
つ目の発振器(オージオンを使った超再生回路)の発振周波数はメートル単位の波長で記録された。後の記述(3)と写真から 
後世の記述(3)と当時撮影された機器の写真から、次のように思われる。
発振器の一方または両方の出力は、多段増幅器で増幅されたようである。
プラズマ管を駆動するのに必要な電圧を供給していた。
(ii) 最初の発振器
 ページ中9ページで、第1発振器の周波数は丸数字で示されていた。
や900 kc/sのような丸数字で表示されている。このことは、細菌を死滅させるような第二の(超再生)発振器の設定を見つけるためには 
このことから、バクテリアを死滅させるような第二の(超再生)オシレーターの設定を見つけるために、第一のオシレーターの周波数は100kc/sの倍数で周期的に変更されたことがわかる。
100kc/sの倍数である。この変更の間に、超再生発振器の周波数はゆっくりと掃引された。
バクテリアの培養を観察しながら、超再生オシレーターの周波数をゆっくりと掃引し、バクテリアが死滅するような周波数設定が見つかるまで、時々更新した。
バクテリアを死滅させる周波数設定が見つかるまで。
 最初の発振器の主な目的は、プラズマのイオン化レベルを適切に維持する信号を生成することであった。
第2発振器の超再生の各サイクルの間、プラズマチューブに適切なレベルのイオン化を維持する信号を発生させることであった。
第二の発振器である超再生オーデイオンの超再生の各サイクル中に、プラズマチューブ内のイオン化レベルを適切に維持する信号を発生させることであった。
後者のチューニングを変更する際にも。これにより、プラズマ管が示す負荷インピーダンスは、安定した回路動作が可能な範囲内に保たれた。
このため、プラズマ管が示す負荷インピーダンスは、超再生サイクルの各部分を通じて、安定した回路動作が可能な範囲内に保たれた。
超再生サイクルの各部分、すなわち消弧期間の開始から終了まで、そして消弧停止時の最も感度の高い受信期間まで、プラズマ管が示す負荷インピーダンスは、安定した回路動作が可能な範囲内に保たれた。
クエンチングの開始から終了まで、クエンチング停止時の最も高感度な受信期間、指数関数的な発振の高まりの間、そして電波の振幅が最大となる期間中 
高周波発振の振幅が最大になる期間。
 いくつかの病原体を破壊するために、最初の発振器の周波数はさらなる目的を持っていた、 
第二の発振器の周波数とミキシングまたは "ビーティング "することによってMORを作り出すことである。それは
その後に増幅されるか、あるいはプラズマチューブの中で、第一の発振器の周波数が第二の発振器の周波数と混合される。
増幅器やプラズマの非直線性のために、相互変調生成物 
が発生する。通常、差周波数(3次のIP)が最も振幅が大きかった。
の振幅が最も大きかったが、振幅の大きい他のIPも生成された。一般に、低次のIP 
と低い周波数のものが最も振幅が大きかった。他のIPの次数が上がるにつれて
その振幅は減少し、ますます予測不可能になり、最終的には小さすぎて有意な振幅にはならなかった。
回路の要因や非直線性の特性にもよるが、重要なものではなくなった。
 記録された最初の発振器の周波数が丸数字でない場合、その理由については推測が必要である。
を招く。考えられる説明としては、ライフがそれを選んだのは、同じ多形病原体の別の型のMORがすでに発見されていたからかもしれないし、あるいは 
高精度で維持されていることが知られていた地元のラジオ局の周波数であったため、当時の都合のよい周波数標準として使われたのかもしれない。
の周波数であったのかもしれない。
 2
(iii) 第二の発振器-周波数測定
 第二の発振器であるオーディオンは、超再生モードで動作した。その無線周波 
その高周波発振は、回路がそのように設計されていれば自己消弧式であったかもしれないし、外部から発生した信号(おそらく正弦波)によって消弧されたかもしれない。
あるいは、外部から発生させた信号(おそらく可聴範囲内の正弦波)をグリッドに印加して消弧させたのかもしれない。
消弧速度は、発振の全振幅に達するまでに十分遅くなければならない。
プラズマチューブを駆動するための高レベルの高周波パルスを供給するためである。
直接、あるいは電力増幅器を介して。クエンチング期間中、オージオンのゲインは大幅に低下した。
発振を維持するのに必要なレベルよりはるかに低いため、共振回路の発振は急速に減衰した。
が急速に減衰する。
 クエンチング期間が発振を完全に除去するのに十分であれば、次の発振が蓄積される。
次のバースト発振は、熱雑音とショット雑音から蓄積される。これにより、プレート電流にランダムな 
ヘッドホンを駆動するのに十分で、ノイズとして聞こえる。近くの 
近くのケネディ・レシーバーが発振するようにセットされ、オーディオン回路の周波数にチューニングされると、ヘッドホンを駆動するのに十分な、ノイズとして聴こえるほどのランダムなプレート電流の変動が生じる。
発振は、ランダムノイズからではなく、少量の結合信号から蓄積される。その結果 
その結果、オージオンのプレート電流はより均一になり、最初のわずかな増加の後、可聴ノイズは減少する。
可聴ノイズは減少する。その結果、オーディオン回路の波長は 
ケネディ・ダイヤルの設定値から求めることができる。
 しかし、クエンチング期間が終了した時点で、まだ小さな残留振動が残っていた場合、 
次の超再生サイクルでは、オージオンの発振は、残留発振と回路のランダム発振の組み合わせから蓄積されることになる。
次の超再生サイクルでは、残留発振とランダムな回路ノイズが組み合わされ、連続する高周波パルスの間にある程度のコヒーレンスが生じる。
その結果、連続する高周波パルスの間にある程度のコヒーレンスが生じる。その結果、連続する高周波パルスの間にある程度のコヒーレンスが生じる。
連続する超再生サイクル間の継続的なコヒーレンスの効果は、ラジオ受信機のビート周波数発振器の作用に似ている。
受信機が信号源に完全に同調したとき、周波数がゼロになるビート周波数のトーンが発生する。
受信機が信号源に完全に同調すると、その周波数はゼロになる。これによって、発振しているケネディ・レシーバーの周波数を 
これによって、ケネディ・レシーバーの発振周波数を、より正確にオージオンの周波数に同調させることができたのである。
 ライフが実験室ノートに記録された周波数を測定するために不可欠な要素である 
ケネディ・レシーバーの同調範囲(2Mc/sより少し下)を超えていた。
超再生オーディオンの受信感度である。これによって 
発振しているケネディ受信機の基本波出力だけでなく、その周波数の弱い高調波にも反応することができた。
発振ケネディ受信機のチューニングが、その高調波のひとつがオーディオン回路と一致するまで調整されれば、その周波数の弱い高調波にも反応することができた。
その高調波のひとつがオーディオン回路の周波数と一致するまでケネディ受信機のチューニングを調整すれば、その周波数の弱い高調波にも反応するようになる。より高い高調波は 
ケネディ出力を増幅し、アンプを非直線性に駆動することによって、より高い高調波を作り出すことができる。こうすることで 
20Mc/s以上の高調波を発生させ、それを受信することで、オーディオン回路の発振周波数を測定することができる。
ケネディ・レシーバーの校正と同じパーセンテージの精度で、オーディオン回路の発振周波数を測定することができる。
こうして超再生オーディオン回路は、プラズマ管を駆動するためのフルパワーの高周波パルスを発生させた。
プラズマチューブを駆動するためのフルパワーの高周波パルスを発生させ、また、より広く知られた高感度ラジオ受信機としての役割においても重要な機能を果たしたのである。
ラジオ受信機としての重要な役割も果たした。この回路によってライフは、20Mc/sを超えるオージオン振動の周波数を正確に測定できるようになった。
どのケネディ高調波が超再生オージオン回路によって受信されたかを確認することができれば、ライフは20Mc/sを超えるオージオン振動の周波数を正確に測定することができた。
超再生オーディオン回路によって受信されているケネディ高調波を確認することができれば。
 どの高調波が受信されているかを特定するために、ライフはレッヒャー線法によってその波長を求めようとした。
レッヒャー線法である。の電圧の最大値と最小値の間の距離を測定した。
 3 
の電圧の極大値と極小値の間の距離を測定した。
プラズマ管(4)までRF電力を伝達していた。彼はまた、1/4波共振線を周波数選択または除去フィルターとして使ったのかもしれない。
除去フィルターとして使用したのかもしれない。彼の測定方法は、単に高調波数を特定するという目的には十分正確であったろう。
測定された信号が歪みのない正弦波であり、したがって高調波のないものであれば、単に高調波数を特定するという目的では、彼の測定方法は十分に正確であったであろう。
測定された信号が歪みのない正弦波であり、したがって高調波がなければ、彼の測定方法は、単に高調波の数を特定するという目的には十分正確であっただろう。
 レッヒャー線は、機械の出力段からプラズマ管に電力を供給していた。しかし 
プラズマ管の非線形インピーダンスが、さまざまな高調波を発生させ、それがプラズマ管からルヒャー線に結合された。
プラズマ管からレヒャー線に結合され、遠端で部分的に反射される。
複雑な定在波が発生した。これらは 
これらの定在波は、パッシブな線路端のミスマッチによって発生する定在波の他に存在する。
ライフが測定しようとしていた基本波だけを反射していたのである。その結果 
その結果、レッヒャー線を使った正確な測定はほとんど不可能になった。
レッヒャー・ラインを使った正確な測定はほとんど不可能であった。
 場合によっては、レッヒャー線上の電圧の最大値と最小値を 
レッヒャー線上の電圧の極大と極小は、基本周波数の順波と反射波との干渉によってのみ生じるという、彼の理解しうる思い込みから生じた誤差のために、正確な測定ができないこともあった。
ケネディ高調波の波長を間違えていたのである。
の波長を勘違いしたのである。少なくとも3つの病原体では、これが原因で 
波長の誤った値が計算され、実験ノートに超再生オージオンの波長として記録された。
として実験ノートに記録された。
 No.3マシンはその後、1934年の臨床試験で使用された。ライフは 
特定の病原体を破壊するスイッチとダイヤルの設定を知っていたが、いくつかの病原体については、彼はMORの正確な周波数を知らなかった。
しかし、ある病原体については、結果をもたらすMORの正確な周波数を知らなかった。上記の測定誤差とは別に 
上記の測定誤差とは別に、プラズマチューブの非直線性によって、どの設定でも 
高調波や相互変調の発生が避けられなかった。ライフは 
プラズマ管から放出される多くの周波数のうち、どれが本当のMORなのか確信が持てなかった。
がどれなのか分からなかったはずである。彼は、次のような相互変調生成物の存在にさえ気づいていなかったかもしれない。
単純なビート周波数や差周波数(3次のIP)以外の相互変調生成物の存在にさえ気づいていなかったかもしれない。
 ケネディ・レシーバーの周波数を超えていたマシンの第1発振器の周波数があった可能性もある。
ケネディ受信機の周波数帯域を超える第一発振器のいくつかの周波数も、オーディオン周波数と同様の方法で測定された可能性がある。
超再生オージオンをレシーバーとして使い、ヘッドフォンで聴いて第1発振器の周波数を受信するようにチューニングする。
ヘッドフォンで聴いて、第一発振器の周波数を受信するようにチューニングした。ライフがレッヒャー線法を用いて、受信しているハーモニクスの数を特定したとすれば 
もしライフが、受信しているハーモニクスの数を特定するためにレッヒャー線法を使ったのであれば、おそらく記録された第1発振器の周波数の一部も間違っているかもしれない。
しかし、このような例は見つかっていない。
3 : HOYLAND'S RIFE RAY No.
(i) 背景 
 フィリップ・ホイランドは、無線機器の有能な設計者であり、製作者であった。
最新の電子技術を取り入れた改良機を開発するためにライフ社と契約した。その目的は 
大型で扱いにくかった。
この機械は、主に市販の電子機器を使ってライフが組み立てたものであった。
この機械は大型で扱いにくかった。
 
 4 
 ホイランドは途方もない課題に直面した。臨床用機器を設計する前に、彼は次のことを知る必要があった。
さまざまな細菌を破壊するのに必要な正確な周波数を知る必要があった。そのため 
ホワイランドは、そのような細菌ごとに、3号機のスイッチとダイヤルを設定し(5) 
プラズマ管と2つの発振器から放射される最も顕著な周波数を測定し、ライフを確認または修正した。
ホワイランドは、プラズマ管と2つの発振器から発せられる最も顕著な周波数を見つけ、測定し、ライフの記録した数値を確認または修正した。しかし、彼はまだ、測定した周波数のどれが本当の周波数なのかを確定しなければならなかった。
測定した周波数のどれが本当のMORなのか。そのためには、細菌を使った徹底的なテストを行う必要があった。
理想的には、プラズマチューブを単一の周波数のみで駆動する装置を使い、細菌を使った徹底的なテストを行う必要があった。
ライフのNo. 
ライフのNo.3マシンで生成された多重相互変調生成物による混乱を避けるためである。もし細菌が反応すれば、その周波数、あるいはプラズマ管によって生成されたその高調波の1つが反応する。
もし細菌が反応したなら、その周波数か、プラズマ管から発生する高調波の一つがMORでなければならない。
 この目的のためにホイランドが製作した機械は、ライフ・レイ・マシン4号と名付けられ、1935年末に完成した。
1935年末に完成した。この機械は非常に多目的な実験装置として設計された。
ホイランドがMORを発見できるだけでなく、回路を最適化し簡略化することもできる。
純粋に臨床的な量産機の設計に先立ち、回路を最適化し簡素化することができる。例えば
例えば、より高い周波数のMORが、実際のMORでプラズマチューブを駆動する必要があるのか、それとも一貫したMORが必要なのかを判断することができる。
で駆動させる必要があるのか、あるいはプラズマの非直線性に頼ってMORを発生させることで一貫した結果を得ることができるのかを判断することができた。
プラズマの非直線性に依存して、より低い励起周波数の高調波としてMORを発生させることで一貫した結果が得られるかどうかを判断することができた。発振器は2つあり 
発振器が2つあり、2つの周波数を同時に発生させることができる。キャビネットには 
筐体には十分な内部スペースがあり、試験中に望ましいと思われる回路の変更に対応できるようになっていた(6)。
(6)。
(ii) 設計上の考慮点 
 3ページにわたる校正情報があり、そこから次のような暫定的な結論を導き出すことができる。
機械の設計に関する暫定的な結論を導き出すことができる。の周波数と合わせて調査・分析すると、以下のようになる。
これらの校正ページは、対応するバクテリアのライフ・ラボラトリー・ノートの周波数と合わせて研究・分析されることで
のオリジナル文書に記載されている多くの細菌のMORを発見することを可能にした "ロゼッタ・ストーン "である。
No.3とNo.4の両マシンのオリジナル文書一式に記載されている多くのバクテリアのMORを発見することを可能にした "ロゼッタ・ストーン "である。
 ライフ・レイ4号機は、ほとんどのMORを発振周波数の倍音として間接的に発生させるように設計されている。
発振器の周波数の高調波として間接的に発生するように設計されている(7, 8)。この機能の利点は、ケネディーの受信機を機械の発振周波数に同調させることにより 
この機能の利点は、ケネディ受信機を機械の発振周波数に合わせることで、機械の校正を簡単にチェックできることである。
使用されている発振器周波数がケネディ受信機の同調範囲内であれば、機械の校正を簡単にチェックできることである。
1ページの発振器周波数は、スイッチ・レンジ3、4、5を使用している(おそらくポジション1と2は、より高い発振器周波数レンジを使用できたと思われる)。
は、より高い発振周波数レンジを選択することができたと思われる)。もう一つの利点は、プラズマ管やその周辺からの 
もう一つの利点は、プラズマ管やその配線から発振回路に放射される浮遊RFが、たまたま発振回路とカップリングしていた場合、その周波数が高調波の周波数になることである。
 
そのため、発振器の周波数の偏差(「プリング」と呼ばれる)を引き起こす可能性は低くなる。
 機械の3つの校正ページの最初のページには、14の病原体がリストアップされている。
にも記載されている)と、それに対応する2つの発振器のうちの1つの周波数、スイッチ、ダイヤル設定が記載されている。
が記載されている。これらと並んで、他の2つの回路のスイッチとダイヤルの設定が記載されている。
「Gp. 1」と「Gp. 2 "と記載されており、独立にチューニングされた2つのアンプまたは出力段と思われる。これらの 
Gp.1とGp. 1と 
Gp. 2を記録された基本発振器の周波数にチューニングするのに必要な設定である。必ずしも最良の
発振器やGp. 1とGp. 2 の設定は、特定の病原体の脱活性化に最適とは限りません。キャリブレーション設定なし
 5
は示されていない。ページ目には、Gp. 
2ページ目には、Gp. 1とGp. 2 番目のページには、Gp.1 と Gp.2 の各回路が、それぞれのレンジスイッチの設定ごとにチューニングできる最低周波数と最高周波数が記載されています。
 ページ目には、1ページ目の14種類の病原体のうち、9種類を再びリストアップしている。
第1ページと同じオシレーターのスイッチとダイヤルの設定とともに。
そのうちの5つは、Gp. 1またはGp. 2用のスイッチとダイヤルの設定である。
1ページとは異なります。4つは高い周波数の設定で、Gp.
Gp. 1とGp. 2回路は、各オシレーターの周波数の特定のハーモニクスを選択するため、あるいは各回路の個々のチューニングを最適化し、オシレーターの周波数が最大になるようにするためと思われる。
各回路の個々のチューニングを最適化し、プラズマ管による所望の高調波の発生を最大化するためである。
を最大化するために、各回路の個別チューニングを最適化することである。Gp.1とGp. 1とGp. 2回路の負荷Qと、それによる同調の選択性は不明である。
の負荷Qは不明であるため、有意な振幅を持つ複数の高調波が出力に存在した可能性がある。
特に回路が高高調波に同調していた場合は、出力に複数の高調波が存在していた可能性がある。
 プラズマ管の正確な駆動方法は不明である。可能性としては 
とGp. 1とGp. 2信号用に別々の出力段があった可能性がある。
の電極がそれぞれに接続されていた可能性がある。Gp.1とGp.2の回路が同じハーモニックに調整された場合、プラズマ管を駆動する電圧は2倍になる。
回路が同じハーモニックに調整された場合、出力信号は逆位相で送られる。また 
また、Gp.1回路とGp.2回路を異なる高調波に同調させることで、プラズマ管は、選択した高調波間の差周波数で所望のMORを発生させることができる。
を発生させることができる。出力回路に関する推測 
出力回路に関する推測では、同調グリッドのロングテール・ペア構成が採用された可能性がある、 
各グリッドのチューニングは、Gp. 1とGp. 2回路によって達成された。これにより、周波数の異なる2つの 
これにより、異なる周波数の2つの発振器信号を必要に応じて組み合わせることができ、また、Gp. 
プラズマ管を最高電圧で駆動するのに必要な逆位相出力も得られる。
(iii) Gp. 1とGp. 2の周波数計算
 特定のダイヤルとスイッチの設定によって選択された実際の周波数は、各同調回路で設定されているため、有用な精度で決定することができる。
各同調回路を可変コンデンサーとしてモデル化できるためである。
としてモデル化できるからである。
L-C対は周波数範囲スイッチによって選択される。簡単のため、L-C 
対の固定キャパシタンスは、可変コンデンサーの残留最小キャパシタンス、コイルの分布キャパシタンス、L-C対の固定キャパシタンスを含むものとする。
コイルの分布キャパシタンス、相互接続の浮遊キャパシタンス、次の段のミラーキャパシタンスを含むものとする。
を含む。回路の周波数を求める鍵は、可変コンデンサーのキャパシタンスとダイヤル設定の関係を示すグラフである。
可変コンデンサーのキャパシタンスをダイヤル設定に関連付けるグラフである。(注:発振器のダイヤルとは対照的に、ダイヤルの最高値はGp. 
Gp.1とGp. 1とGp. 2は、与えられたスイッチ位置で使用可能な最低周波数に対応します。
)。
 Gp.2回路の相対キャパシタンス対ダイヤル設定のグラフをプロットした。2 回路について、S6 の周波数とダイヤルの設定値から 
Gp.2回路のダイヤル設定に対する相対静電容量のグラフをプロットした、 
フルスケールと800kc/sの周波数を2ページ目に示した。S6スイッチ設定が選ばれた理由は 
ページ目に6つの病原体とそれに関連する発振器周波数が記載されているからである。
他のどのスイッチ設定よりも多い。ダイヤル終端設定の0と100、そして手書きのダイヤル 
2ページ目末尾の800kc/sの手書きダイヤルと合わせると、回路全体の静電容量と発振周波数の関係をグラフにするためのポイントが9つあった。
回路全体の静電容量とダイヤル設定との関係。
 同調回路の全キャパシタンスは周波数の2乗に反比例する。
周波数の2乗の逆数をダイヤル設定に対してプロットすることによって、Y軸のスケールは、相対的な静電容量の合計に関して線形である
になります。
 6 
 
 図1
 図1
図.1 図.1 図.1 図.1 図.1 図.1 
ダイヤル設定が記載されている3ページの5つの病原体について、各ダイヤル設定での総相対静電容量を求めるために同じ曲線を使用することができ、Gp. 1 
とGp. 2周波数を計算することができる。しかし、グラフの形は変わらない。
しかし、グラフの形は変わらないが、異なるスイッチ設定に対して新しいゼロ静電容量基準線を作成する必要がある。
なぜなら、ダイヤルのゼロ設定における静電容量の値は、スイッチ設定ごとに異なるからです。A 
新しい基準線から始まる異なる直線スケールも必要です。
 次の例は、その手順を示している。Gp. 2、S6 
最高周波数(ダイヤル設定0)の値を2.14Mc/sとし、最低周波数(ダイヤル設定100)の値を0.65Mc/sとする。
ダイヤル設定100時)の値は0.65Mc/sとなる。これらの周波数の2乗の逆数はそれぞれ0.218と2.367である。
2.367なので、これらの値をX軸のダイヤル設定を0と100としてY軸にプロットした。
でY軸にプロットした。同様に、1ページの6つの病原体の周波数の2乗の逆数、そして 
2ページ目の800kc/sの周波数は、これらの周波数と一緒に記載されたダイヤル設定でプロットされた。
をプロットした。そして、これらの9点を通して最も適合する曲線を描いた。
 次に、Gp. 2, S3 
これは、BXとフィルター通過型タイフオームのダイヤル設定がこの範囲にあるためである。
この範囲を選んだ。S6スイッチの設定が2.14~0.65Mc/sの周波数範囲であったのに対し、比 
S3の周波数範囲は15.6Mc/sから9.35Mc/sで、比率はわずか1.668:1である。この 
S6に比べてチューニング・レンジが小さいのは、L-C回路の固定容量が大きいためである。
S3によって選択されるL-C回路のキャパシタンスが大きいためです。従って、S3のキャパシタンス目盛りのゼロ(曲線の右側)は、元のキャパシタンス目盛りの下に位置する。
のゼロは、固定容量が大きいため、S6の元の容量ゼロラインより下に位置しています。
キャパシタンスが大きいためです。
 S3の最大/最小周波数比は1.668:1であるため、キャパシタンス比、 
周波数比の2乗の逆数である静電容量比は、1.6682の逆数、すなわち0.3594 : 1である。
周波数対ダイヤル設定のS6曲線において、キャパシタンススケールの測定値は、最小キャパシタンス設定と最大キャパシタンス設定の間で10.8cmsである。
cmsである。これらの数値と一致させるために 
逐次近似によって経験的に求めた新しいゼロ線の位置は、以下の6.06 cmsである。
cm下である。これは 
この6.06cmsの妥当性は、以下の関係に適合することで確認され、ゼロ線が引かれた。
 静電容量比 x Cmax = Cmin
 0.3594 x (6.06 + 10.8) ≈ 6.06
BXのダイヤル設定は35.45、フィルター通過タイフのダイヤル設定は48.5と3ページに記載されている、 
右手のキャパシタンススケールから読み取れる相対キャパシタンスの対応値は、それぞれ8.1cmsと9.55cmsである。
と9.55 cmsである。最低周波数(9.35Mc/s)を、16.86cmsの平方根でスケー ルアップすると、次のようになる。
16.86cms(最大静電容量時のスケールの読み取り値)と上記の各値との比の平方根で最小周波数(9.35Mc/s)をスケールアップすることにより、Gp.2 S3の周波数は以下のようになります。
Gp.2 S3の周波数を計算することができる: 
 
 fBX 
 
 
 fTYPH.FIL 
 
 
 
 7
4 : モールの特定
(i) 採用された方法
 プラズマ管を駆動するために選択された 4 号機の発振器周波数の特定のハーモニッ クのガイドとして、上述のグラフ法を使用した。
4号機の発振器周波数の特定の高調波がプラズマ管を駆動するために選択された。
14の病原体のうち5つについて、プラズマ管を駆動するために選択された4号機の発振周波数の特定のハーモニックを目安としている。これらの5つの病原体では、実際のMORは選択された高調波であったかもしれない、 
または、出力段および/またはプラズマ管の非線形性によってそこから作られたより高い高調波であった可能性がある。Gp. 
Gp. 1またはGp.2の設定に関する情報は、No. 
そのため、それらのMORは基本発振器の周波数か高調波である可能性がある。
ライフのNo.3マシンの場合、ライフ・ラボラトリー・ノートにある2つの発振器周波数は、より多くのMORを発生させただけでなく、より多くのMORを発生させたであろう。
の2つの発振周波数は、より多くの高調波を発生させるだけでなく、さまざまな相互変調生成物も発生させたであろう。
 病原体のMORを見つけるために、それぞれの機械について、有意な振幅を持つすべての信号の周波数のリストが作られた。
その病原体の記録された発振器設定によって生成された可能性のあるすべての信号の周波数のリストを作成した。
リストを作成した。そのリストを比較し、両機で発生した可能性のある類似の周波数を特定した。
両機で発生した可能性のある類似の周波数を特定するために比較した。考慮された主な基準は以下の通りである。
その周波数で十分な振幅の信号が存在する可能性である。
その周波数で十分な振幅を持つ信号が、ライフの3号機によって生成されたスペクトルの中に存在する可能性である。
No.3とは異なり、No.4はGp. 1とGp. 2同調回路があった、
特定の高調波を選択し増幅することを可能にした。その結果、4号機の出力パワーのほとんどは 
その結果、4号機の出力パワーの大半は、必要なハーモニックを発生させるために利用できたはずである、 
その結果、No.4 マシンの出力電力のほとんどは、No.3 マシンのように不要な周波数のスペクトルを 増幅するために使用されるのではなく、必要な高調波を発生させるために使用されることになる。
(ii) 選択基準 
 各病原体について最終的にリストアップされたMOR周波数は(比較表参照)、以下のものである。
校正データからわかるすべての情報を比較評価した結果、確実または最も可能性が高いと思われるものである。
つの機械の校正データおよびその他の情報源から見つけることができるすべての情報を比較し、評価したものである。必然的に 
は主観的な決定であり、個人的な電子機器の経験、情報に基づく 
その時代の機器を使って可能な測定精度の期待値、そして、近いけれども誤一致する確率を低くする必要性から、主観的な判断となった。
また、偶然に近い一致が起こる可能性を低くする必要があった。そこで疑問が生じた。
周波数が一致することを期待すべきなのか?No.3マシンの周波数のいくつかは、1920年代にライフによって発見された。
1920年代にライフによって発見された。ライフが常に正確な周波数を測定するためにあらゆる努力をしていたことは間違いないが、このことは、1920年代にライフが発見したNo. 
しかし、数年にわたって行われたすべての試験で、同じ菌株の細菌が使われたとは決して言えない。
数年にわたって行われたすべてのテストに同じ菌株が使われたとは決して言えない。未知の要因としては、同じ細菌でも菌株が異なれば 
同じ細菌でも菌株が異なれば、MORにどれほどの違いが出るかは未知数である。
 大雑把に言えば、採用された適格基準は、各病原体について、各試験機で生成された頻度が一致することである。
そしてNo.
号機の場合、MORはプラズマ管のスペクトルに存在する可能性の高い高振幅の周波数の一つでなければならない。
のピーク振幅より15 dB 以下でなければならない。
超再生オーディオン周波数のピーク振幅より15dB以下であること。完全に適合する周波数が見つからない場合、基準はいくらか緩和された。
基準は多少緩和され、結果として得られたMORは暫定的なものとみなすのが賢明であろう、
実験による検証を待つことになる。場合によっては、いくつかのMORの可能性が見つかり、そのすべてを列挙した。
ここでも、どのMORが有効かを決定するには実験による検証が必要である。
 8
(iii) その他の考察 
 超再生オーディオンの波長を周波数に変換する場合、便宜上、電波の速度が用いられる。
電波の速度は、便宜上1マイクロ秒あたり300メートルとした。そうすることで
誤差は1,500分の1以下である。伝搬速度の値 
RifeとHoylandが使用した伝搬速度の値は不明である。
 2台の機械によるMORを比較したリストでは、4号機が発生させたハーモニックの周波数は
より新しい測定値である4号機がより正確であると考えられ、これを真のMORとした。
である可能性が高いと考えられ、パーセンテージの差を評価するための真のMORとみなされる。
 1950年代、Rifeは何人かの医師に、彼が20年以上前に発見したMORについて話した。
そのコメント(9)を読むと、彼がMORを20年以上前に発見していたことがわかる。彼のコメント(9)によれば、彼は、いくつかの場合において、彼の機械の活力減退作用がハーモニクスによるものであることを認識していた。
当初はMORだと考えていた周波数の高調波によるものであることに気づいていた。
高調波によるものだと認識していたことがわかる。彼のコメントは、本報告書でMORとして記述されているいくつかの周波数にも当てはまる可能性があり、重要である。
この報告書にMORと記載されているいくつかの周波数にも当てはまる可能性があり、彼のコメントは重要である。
出力段やプラズマの非直線性によって、バクテリアに影響を与える高調波が発生したためである。
バクテリアに影響を与えた。
 この報告書では、MORという用語は、病原体を破壊すると思われる機械が発生させる特定の周波数という意味で使われている。
この報告では、MORという用語は、病原体を破壊すると思われる機械が発生する特定の周波数という意味で使われているが、高調波が原因かもしれないという但し書きがついている。
という但し書きがある。純粋な正弦波が人の皮膚に照射されたとしても、皮膚やその下の組織が非線形に反応する可能性がある。
非線形に反応し、高調波が発生する可能性がある。しかし、ライフは 
MOR」という用語は、微生物が本来持っている性質、つまり、微生物が高い選択性を持って反応する周波数を意味する。
選択性が高く、その周波数の波動や場による検出や破壊を受けやすくなる。
5 : 病原体とMOR
(i) Gp. 1またはGp. 2設定
(a) 非フィルター性
 
化膿レンサ球菌 
 これは4号機のGp.1またはGp.2の設定が記載されている5つの病原体の最初のものである。
号機でGp1またはGp2の設定が記載されている5つの病原体のうちの最初のもので、発振器の周波数は1ページ目に720kc/sと記載されている。2ページの表は、スイッチ位置5のGp1
の周波数範囲は4850 kc/sから2150 kc/sまでである。ダイヤル設定100 
は最低の周波数設定に相当するので、記載されているダイヤル設定98.2は、2150 kc/sに非常に近い周波数を示している。
は、2150 kc/sに非常に近い、可能な限り低い周波数を示します。発振器の周波数の第3高調波は 
2160kc/sですから、Gp1の設定値98.2は、Gp1回路が発振周波数の第3高調波に同調していることと完全に一致します。
Gp1の設定は98.2である。
 のライフ・ラボラトリー・ノートで示されている超再生オーディオンの波長は、以下の通りである。
これは2113kc/sの周波数に相当し、2.2%低い。
低い。これは一致する可能性が高いとは言えないが、以下の可能性は残る。
可能性は残っている。もしそうなら、記録された第1発振器
1241kc/sという記録された最初の発振器の周波数は、ライフの3号機のMORを決定する上で何の役にも立たなかったことになる。
 9
 もう一つの可能性がある。720kc/sの第7高調波(No.4発振器の周波数)は
5040 kc/sである。No.3マシンの場合、超再生オージオンの周波数の第3高調波(2113 kc/s)は、5040 kc/sである、 
(2113kc/s)は6339kc/sとなり、3号機の第1発振周波数(1241kc/s)との差(ビート)周波数は
第1発振器の周波数(1241kc/)との差(ビート)周波数は5098kc/s。5040kc/sと5098kc/sのずれは 
58kc/s、1.15%である。
 周波数的には5040kc/sのMORの方が2160kc/sのMORよりもマッチするが、 
もうひとつ考慮すべき点は、4号機のGp.1が第3高調波を選択することである。
の設定が約2160 kc/sであるため、もし第7高調波も生成されるのであれば、Gp.1回路は非常に広い通過帯域を持つ必要があった。
第 7 高調波も十分な振幅で発生させるためには、Gp.1 回路は非常に広い通過帯域を持つ必要があった。バランスからすると、2160 
kc/s の可能性が高いと思われる。
4号機の720kc/sオシレーターの第7高調波、5040kc/sを優先するようにGp 1のスイッチとダイヤルの設定が調整されたのでなければ、2160kc/sのMORの方がありそうだ。
タイフォサス菌
 これはGp1が設定された2番目の病原体で、4つの設定が記載されているが、そのうち3つは削除されている。
そのうちの3つは削除されている。残る1つの項目 
このスイッチ設定の最高周波数は615kc/sである。
このスイッチ設定の最高周波数は、3 ページ目に 615 kc/s と記載されており、発振器の周波数より低いため、どの高調波が MOR であるかという結論は導き出せない。
に関する結論は導き出せない。
 Rife Laboratory Noteに目を向けると、これは超再生オーディオンの波長を345メートルとしている。
の波長を345メートルとし、電波の速度を300km/sとして869.6kc/sの周波数に換算している。
300km/sとなる。4号機の8
号機の760kc/sの発振器の8倍波は6,080kc/sであり、超再生オーデイオンの7倍波は
超再生オージオンの周波数の第7高調波は6087kc/sであり、その差はわずか0.12%である。これは
バチルス・タイフォサスのMORは6080kc/sである可能性を示唆している。再び第一発振器 
周波数(900kc/s)は、3号機のMORを決定する上で何の役割も果たしていない。
ブドウ球菌
 これは4号機の発振器周波数が478kc/sで、Gp2スイッチとダイヤルの設定がそれぞれ6と55.3である。
の設定はそれぞれ6と55.3である。スイッチ設定が6の場合の同調範囲は2140kc/sから 
650 kc/sであり、先に描いたグラフの初期目盛りを使用すると、ダイヤル設定 
55.3は958kc/sの周波数に直接対応する。発振器の周波数の第2高調波は 
発振器の第2高調波は956kc/sであるから、選択されているのは第2高調波であることは明らかである。
は956 kc/sか956 kc/sの高調波でなければならない。ブドウ球菌の特定の菌株 
は特定されていない。
 Staphylococcus Pyogenes Aureus(黄色ブドウ球菌)と題されたライフ・ラボラトリー・ノートを見ると、最初の周波数は998kc/sである。
最初の周波数は998kc/sと740kc/sの2つの値が記載されている。超再生オーディオンの波長 
は当初546メートルと書かれていたが、この値は540メートルに修正された。この値は540メートルに修正された。
(10)によると、スタフィロコッカス・アルバスのMORは546メートルである。したがって 
超再生オーディオンの波長の修正値である540メートル(555.6 kc/s) 
が正しいのに対し、削除された546メートル(549.5kc/s)は黄色ブドウ球菌に関連するものである。
スタフィロコッカス・アルバスに関するものである。
4号機の選択された出力の高調波が一致する可能性はいくつかある。
956kc/sの周波数と、以下の4つの組み合わせで発生するさまざまな周波数との間には、いくつかの一致の可能性がある。
 10
番マシンのオシレーターの記録された設定の4つの可能な組み合わせによって生成されるさまざまな周波数との間には、いくつかの一致の可能性がある。これらを以下に示す。
4号機の関連周波数、すなわち956kc/sの高調波の数(発振器の周波数ではない)を括弧内に付した、 
(発振器の周波数ではない)とその不一致率。
スタフィロコッカス・アルバスの超再生聴音周波数である549.5kc/sの第7高調波は、3846.5kc/sである。
Albusの超再生可聴周波数は3846.5kc/sである(3824kc/s、第4高調波、0.6%)。
の超再生可聴周波数である549.5kc/sの第7高調波は3846.5kc/sである。
これはスタフィロコッカス・アルバスの超再生可聴周波数である)の第7高調波は3846.5kc/sであり、これは998kc/sの固定発振器信号と混合する。
2848.5kc/sの3次相互変調積(ビート周波数)を作り出す。
(2868kc/s、3
次高調波、0.7%)
555.6kc/sの第7高調波(これは黄色ブドウ球菌の超再生オーディオン周波数である。
これは黄色ブドウ球菌の超再生聴音周波数である)の第7高調波は3889.2kc/sであり、これが固定発振器の周波数998kc/sと混ざり合い 
2891.2kc/sの3次相互変調積(ビート周波数)を作り出す。
(2868kc/s、3
次高調波、0.8%)
第10高調波の549.5kc/s(これはスタフィロコッカス・アルバスの超再生オーディオン周波数である。
5495kc/sであり、これが740kc/sの固定オシレーター周波数とミックスされる。
4755kc/sの3次相互変調積(ビート周波数)を作り出す。
(4780 kc/s、5
高調波、0.5%)
第10高調波の555.6kc/s(これは黄色ブドウ球菌の超再生オーディオン周波数である。
の第10高調波は5556kc/sであり、これが740kc/sの固定発振器周波数と混合する。
4816kc/sの3次相互変調積(ビート周波数)を作り出す。
(4780 kc/s、第5高調波、0.75%) 
 まとめると、スタフィロコッカス・アルバスおよびスタフィロコッカス・アウレウスのMORは、おそらく以下のいずれかである。
478kc/sの4倍波、6倍波、10倍波、すなわち2868kc/s、3824kc/s、4780kc/sのいずれかの1%以内にある。
kc/sであり、Aureus株のMORはAlbus株のMORよりおそらく約1%高い。
(b) ろ過可能な形態
 バチルスX型とバチルス・タイフォサスの濾過可能型は、Gp. 
Gp.1またはGp. 1またはGp. 2設定が記録された。ろ過可能な 
大腸菌はGp. 1または2の設定はないが、これもこのセクションに含めるのが適切である。
1932年から3年間、ライフの時間の多くはこの3つすべての研究に費やされた。彼は
ケンドール博士と共同で、1932年に発見されたバチルス・タイフォサスの濾過可能な形態に関する研究を行った。
1932年に発見したバチルス・チフス菌の濾過可能な形態についてケンドール博士と研究を進め、論文を発表した。長年にわたる徒労の後、同年 
ライフは、がん腫の原因物質であるろ過可能な病原体を発見し、BXと命名した。さらに 
1932年、ろ過可能な大腸菌が発見された。この研究から得られた非常に重要な結論は 
この研究から得られた非常に重要な結論は、培地に適切な変更を加えることによって、BXは一定期間内に 
バチルス・チフォサスまたはバチルス・コリに変化させることができるということである。
 
 11
バチルスX - 癌腫
 ライフ・レイ・マシンNo.4のデータでは、この病原体の発振周波数は1.604kc/sであり、Gp2の設定はS3である。
Gp2の設定はS3、ダイヤル35.45。前述したグラフ法を用いると、これらの設定は 
13.4Mc/sの周波数に相当することがわかった。発振器の周波数が 
13.4Mc/sに最も近い高調波は第8高調波の12.832Mc/sである。
 ライフのNo.3マシンの場合、最初の発振器の周波数は11.78Mc/sと記載されている。
オージオン管の超再生の波長が17.6メートル(17.045Mc/s)と誤って記録されている。この誤りの理由は以下の通りである。
この誤りの理由は以下の通りである。
 ライフは、BXを破壊した3号機の設定を発見した後、次のことに着手した。
超再生オーディオンの波長を測定することに着手した。まず、彼はレッヒャー線法 
でおおよその値を求めた。移動可能な電圧プローブを、マシンの電力を送る長い裸線の送電線に滑らせるのだ。
プラズマチューブにマシンの出力パワーを送る長いオープンワイヤーの伝送線路に、可動式の電圧プローブを滑らせることで、彼はプラズマチューブの出力パワーの極大と極小の間の距離を測定した。
定在波電圧の極大・極小間の距離を測定した。
定在波電圧の極大値や極小値の間隔は、線路が受動負荷で終端していれば、半波長間隔で一定になるはずである。しかし 
プラズマチューブは受動的な負荷ではなかった。
それが線路に結合し、定在波パターンを乱したのである。ライフの測定は大きな影響を受けた。
波長は17.6メートルの領域であると、彼は間違って信じていた。
 次に、ライフ博士はレッヒャー線より正確な測定値を得た。
彼はケネディ受信機を使い、ケネディの周波数の高調波を発振、放射するように調整した。
ケネディ・レシーバーを使用し、ケネディ・レシーバーが受信するのに十分な高さで、ケネディ・レシーバーが正確に知っている周波数の高調波を発振し、放射するように調整した。
受信機として機能する。信号が受信されていないとき、超再生オージオンのプレート電流のランダムな変動は、大きなバックグラウンドノイズとしてヘッドフォンで聞くことができた。ライフはまず 
ケネディ・レシーバーをその最大調整周波数(2Mc/sより少し下)で発振するように設定し、ダイヤルをゆっくりと回転させた。
ゆっくりとダイヤルを回し、ケネディの周波数を下げていった。
ケネディの周波数の高調波であるキャリアを受信することによって引き起こされる。彼はケネディの 
ダイヤルを注意深く読み、波長を記録した。
 Rifeは、ケネディ周波数の高調波を受信したことは知っていたが、その高調波の数を知る必要があった。
を見つけなければならなかった。彼はケネディの波長を自分の(不正確な)レッヒャー線 
で割った。その結果、数値は明らかに9の領域にあった。
超再生オーディオンが、正確に測定された 
158.4メートル(1.894Mc/s)のケネディ振動の第9高調波を受信したと考えた。そこで彼は、ケネディの波長を9で割った。
その結果、17.6メートルがスーパー再生オーディオン回路の波長として記録された。
 158.4メートル(1.894Mc/s)のケネディ振動の高調波は存在しない。
4号機のデータを調べた結果、最も可能性の高いMOR(12.832Mc/s)の周波数に近い158.4メートル(1.894Mc/s)のケネディ振動の高調波はなかった。
したがって、MORは超再生オーディオン周波数の直接高調波として生成されたものではなかった。したがって、次のステップは、次のような多くの相互変調生成物の中から、一致するMORを探すことであった。
のミキシングによって生成された多くの相互変調生成物の中から、一致するMORを探すことであった。
発振周波数11.78Mc/sと、ケネディの158.4メートル(1.894Mc/s)の高調波(9番目以外)の混合によって発生した多くの相互変調生成物の中から、一致するものを探すことであった。
(1.894Mc/s)の周波数。第13高調波は驚くほど近い一致を示している。
11.78Mc/sと第13高調波(24.62Mc/s)の間のビート周波数は12.84Mc/sであり、4号機と比較するとわずか0.06%の不一致である。
No.4マシンの最も可能性の高いMORである12.832Mc/sと比較すると、そのずれはわずか0.06%である。
12.832Mc/sがフィルタリング可能なBXのMORであることが確認された。
 12
バチルス・チホサスのろ過可能形態
 ライフ・レイ・マシンNo.4のデータでは、発振器周波数は1445 kc/s、Gp. 2設定 
S3、ダイヤル48.5。前述したグラフ法を用いると、これらの設定は次のようになる。
は12.4Mc/sの周波数に相当する。発振器の周波数で12.4Mc/sに最も近い高調波は第9高調波である。
Mc/sに最も近い高調波は第9高調波の13.005Mc/sなので、この高調波がMORである可能性が最も高い。
 ライフの3号機では、第1発振器の周波数は9.68Mc/sと記載されており、その波長は、12.4Mc/sに最も近い。
オージオンの超再生の波長が21.5メートル(13.953Mc/s)と誤って記録されている。この 
この誤りの説明は、上記のBXと同様である。これは、ライフのレッヒャー線 
測定によって、超再生オーディオンの波長が21.5メートル(13.953Mc/s)であると誤って信じたようである。
21.5メートルであると誤信したようである。
注釈
最も正確な測定を行うために、ライフは発振ケネディ受信機を使用した。
その発振周波数のハーモニクスを提供した。彼はケネディのダイヤルをゆっくりと回し、その周波数を可能な限り高い値から下げていった。
ヘッドホンから静寂信号が聞こえるまで、ケネディのダイヤルをゆっくりと回し、周波数を最高値から下げていった。彼は 
ケネディの波長に注目し、この場合は172メートルであることを示した。この場合は172メートルである。
高調波数を得るために、彼はこの波長をレッヒャー線の測定から得られた誤った波長で割った。
彼は、この波長をレッヒャー線の測定から得られた誤った波長で割った。
第8高調波を受信したと考えた。彼は、正確に測定されたケネディの波長172メートルを8で割った。
を8で割り、21.5メートルという値を超再生オーデイオンの波長として記録した。
 ケネディの172メートルの振動の高調波には、最も可能性の高い 
MOR(13.005Mc/s)に近いケネディの172メートル振動の高調波はない。
従って、次のステップは、4号機と4号機のミキシングによって発生した3次相互変調生成物の中から、一致するMORを探すことであった。
3号機で記録された第1発振器の周波数 
9.68Mc/sとケネディの172m周波数(1.744Mc/s)の高調波をミックスすることによって発生する3次相互変調生成物の中から一致するものを探すことであった。偶然にも
またもや13番目の高調波であった。9.68Mc/sと 
9.68Mc/sと第13高調波(22.674Mc/s)の間のビート周波数は12.994Mc/sであり、4号機と比較するとわずか0.08%の不一致である。
4号機のMORと思われる13.005Mc/sと比較すると、そのずれはわずか0.08%である。
Mc/sであることが確認された。
大腸菌の濾過可能な形態
 ライフ・レイ・マシンNo.4の校正データの最初のページには、この病原体は次のように記載されている。
発振周波数は770kc/sであるが、残念ながらGp.1とGp.2の設定は記録されていない。しかし、残念ながらGp.1とGp.2の設定は記録されていない。
第1周波数は8.581Mc/sで、27メートル(11.11Mc/s)が病原体の波長として記録されている。
超再生の波長として記録されている。これらの周波数も、その3次相互変調生成物も 
770kc/sのどの高調波とも一致しない。
 ライフが超再生オージオンの波長を正確に測定しようとしたとき 
発振するケネディ受信機から発生する高調波を受信するために使用して、超再生オージオンの波長を正確に測定しようとしたとき、彼はまず、超再生オージオンをその最短波長に設定した。
ケネディ受信機を最短波長(150メートル強)に設定し、ケネディ受信機のダイヤルをゆっくりと回転させた。
スーパー再生オーディオンがケネディ周波数のハーモニクスを受信するまで。彼は 
波長として27メートルを記録していることから、(誤った)レッヒャーライン・テストの結果、彼はオーディオンがケネディの周波数を受信すると信じていたようだ。
そのため、彼はオーディオンの波長が27メートル(11.11Mc/s)の領域にあると信じていたようだ。
彼は発振しているケネディ受信機を可能な限り短い波長から徐々に長い波長へとチューニングしていった。
徐々に長い波長にチューニングしていったので、最初のハーモニクスは 
 13
によって受信される最初の高調波は、ケネディ周波数の第6高調波であると予想した。最初の 
そのため、彼はこの波長を6で割って記録した。
この波長を6で割り、その結果である27メートルを超再生オージオンの波長として記録した。
と記録した。
実際には、ライフが聞いたケネディーの高調波は5番目であり、超再生オージオンの真の波長は5番目であった。
すなわち32.4メートル(9.259Mc/s)であった。
号機の発振周波数である770kc/sの第12高調波は9.240Mc/sであり 
9.259kc/sとのズレはわずか0.2%であることから、9.240Mc/sがフィルター可能な形のMORである可能性が高い。
である可能性が高い。
(iii)4号機の設定でリストアップされた残りの病原菌
 残りの8つの細菌は、ライフ・ラボラトリー・ノートとライフ・レイ・マシンNo. 
4号機の校正情報の両方に記載されている。残念なことに、後者にはこの8つの菌の発振周波数 
周波数しか記載されていない。4号機のプラズマ管は、発振器の1つの(あるいは1つ以上の)高調波によって駆動される。
しかし、Gp.1やGp.2の設定がないため、この8つの周波数を示すことはできない。2の設定がないため 
しかし、Gp.1やGp.2の設定に、選択されたハーモニックを示すものがないため、4号機から得られる唯一の情報は、病原体の
MORは発振器の周波数かその高調波のいずれかである。
 発見された可能性のあるMORを以下にコメントとともに列挙する。複数見つかった場合は 
複数のMORが発見された場合、最も低い周波数を持つもの、あるいは最も低次の相互変調積を持つものが、最も可能性が高いと考えられる。
が最も可能性が高く、実験的検証の第一候補となる。
放線菌症(ストレプトトリックス) 
 超再生オージオンの波長1607メートル(186.7kc/s)は、4号機の発振周波数192メートルとは異なる。
号機の発振周波数192kc/sと2.8%異なる。
MORの可能性は192kc/s。
バチルス・アンスラシス(炭疽菌) 
 超再生オーディオン波長1100メートル(272.7kc/s)は、第2高調波(278.4kc/s)とは異なる。
4号機の発振周波数139.2kc/sの第2高調波(278.4kc/s)とは1.5%異なる。
最も可能性の高いMORは278.4kc/sである。
大腸菌 
 超再生オージオンの波長943メートル(318kc/s)は、第4高調波が 
1272kc/sであり、4号機の417kc/s発振器の第3高調波は1251kc/sである。
1.7%の差がある。
超再生オージオンの波長は当初、1050メートル(285.7kc/s)と記録されていた。
(285.7kc/s)と記録され、その後943メートル(318.1kc/s)に変更された。興味深いことに 
(2857kc/s)は、新しい周波数の第9高調波(2863kc/s)と0.2%しか違わない。
このことは、両方の周波数が効果的なMORを生み出した可能性を示唆している。
417kc/sの第7高調波は2919kc/sで、2863kc/sとは1.9%異なる。
したがって、1251 kc/sと2919 kc/sの2つのMORの可能性があり、前者の可能性が高い。
 14
肺炎球菌 
 超再生オージオンの波長は785メートル(382.2 kc/s)、その第2高調波は764.4 kc/sである。
倍音は764.4 kc/sである。後者と第一発振器の周波数1200kc/sの間のビート周波数は435.4kc/sである。
1200kc/sとの間のビート周波数は435.6kc/sである。4号機の発振周波数は427kc/sで、その差は2%。
超再生オージオンの第10高調波の周波数は3822kc/s、4号機の第9高調波の周波数は3822kc/sである。
4号機の発振周波数の第九高調波は3843kc/sであり、その差は0.5%である。
MORは427kc/sと3843kc/sの2つの可能性がある。
バチルス・テタニ 
 超再生オーディオンの波長は19,000メートル(15.8kc/s)であり、第一発振器の周波数は700kc/sである。
発振周波数は700kc/sである。これらの周波数は、3次の相互変調生成物 
684.2kc/sと715.8kc/sが発生する。4号機の3次高調波 
号機(234 kc/s)の発振周波数の第3高調波は702 kc/sであり、715.8 kc/sの相互変調積とは2%異なる。
と2%異なる。
MORが702kc/sである可能性があるが、そうでない場合はMORが702kc/sに近い可能性が高い。
トレポネーマ・パリダム(梅毒) 
 超再生オーディオンの波長は108メートル(2778 kc/s)、第2高調波は5556 kc/sである。
倍音は5556kc/sである。号機の発振器は789kc/sで、第7高調波は5523 
kc/sであり、5556kc/sとは0.6%の差がある。
MORの可能性は5523kc/sである。
淋病 
 超再生オーディオンの波長は1990メートル(150.8 kc/s)であり、第3高調波は452.4 kc/sである。
倍音は452.4 kc/sである。号機の発振器の第2高調波(233kc/s)は466kc/s、 
の差がある。
超再生オージオンの周波数(150.8kc/s)と第1発振器の周波数(600kc/s)のビート周波数は、2.9%の差がある。
超再生オージオンの周波数(150.8kc/s)と第一発振器の周波数(600kc/s)の間のビート周波数は449.2kc/sである。これは、4号機の発振器の第2高調波466.2kc/sとは異なる。
号機の発振器の周波数466kc/sと3.6%異なる。
どちらの選択肢も466kc/sのMORの可能性を示している。
結核
超再生オージオンの波長は554メートル(541.5kc/s)であり、その第2高調波は1083kc/sである。
は1083kc/sである。4号機の発振周波数(369kc/s)の第3高調波は1107kc/sである。
であり、1083kc/sとは2.2%の差がある。
また、超再生オージオンの周波数(541.5kc/s)と第1発振器の周波数(583kc/s)の和は 
の周波数(583 kc/s)との和は1124.5 kc/sとなる。4号機の発振周波数(369kc/s)の第3高調波は 
(369kc/s)の第3高調波は(1107kc/s)であり、その差は1.6%である。
第3の可能性がある。
超再生周波数の第3高調波(1624.5 kc/s)と固定周波数(583 kc/s)の和は2207.5 kc/sである。4号機の発振器の第6高調波は 
号機の発振器の第6高調波は2214kc/sであり、0.3%の差がある。
 考えられるMORは1107kc/sと2214kc/sである。
 15
6 : 比較表
 以下の比較表は、上記の結果をわかりやすくまとめたものである。
 ライフの3号機の場合、「ソース」と題された4番目の列には、超再生装置のいずれかを示す大文字または小文字が記載されている。
超再生オージオンの高調波か、インターミディエーションをもたらす2つのオシレーターの周波数の関係を示す。
相互変調積をもたらす2つの発振器の周波数の関係。
第3列に示すMORを生成する。太字で示された3つの最も高い超再生オー ディオンの周波数は、補正された値である。
補正された値です。これらは、Rifeによって測定されたケネディ受信機の発振周波数に、次の高調波の真の数を乗じたものである。
を乗じたものである。
を乗じたものである。
 ホイランドの4号機では、発振器周波数(基本波)そのものか、あるいはその特定の高調波がMORとして特定された。
MORとして特定された高調波が2列目に記載されている。最後の列には 
最後の列には、2台のマシンが発生させたMORの差が記載されている。
4号機がより高いMORを出したことを示す。
 記載された情報は、最終的かつ完全なものとみなされるべきではない。
があるかもしれない。これは、R.M.S.が研究したいくつかの細菌について致死性試験を行おうとする人々を支援するための出発点として提供されたものである。
また開発中の機械の有効性を評価する一助として提供するものである。
の有効性を評価する一助として提供するものである。
 16
 No.3およびNo.4マシンで発生しうるMORの比較
 ライフのNo.3マシン ホイランドのNo.4マシン
 Audion(A) 1stosc(B) MOR, ソース Osc. ハーモニックMOR 差
 微生物 
ストレプトコッカス・ピオゲネス 2113 1241 2113 A 720 3rd
 2160 + 2.2%
 「2113 1241 5098 3A - B 720 7th
 5040 - 1.15% 
チフス(桿菌型) 869.6 900 6087 7A 760 第8回
 6080 - 0.12%
ブドウ球菌 549.5 Either 3846 7A 478 第8回
 3824 - 0.6%
 「549.5 998 2848 7A - B 478 第6回
 2868 + 0.7%
 「555.6 998 2891 7A - B 478 6位
 2868 - 0.8%
 「549.5 740 4755 10A - B 478 10位
 4780 + 0.5%
 「555.6 740 4816 10A - B 478 10位
 4780 - 0.75%
チフス(フィルター可) 22675 9680 12995 A - B 1445 第9位
 13005 + 0.08%
癌腫(BX) 24620 11780 12840 A - B 1604 8th
 12832 - 0.06%
B. 大腸菌(フィルタブル) 9259 8581 9259 A 770 12日
 9240 - 0.2%
放線菌症 186.7 678 186.7 A 192 Fund. 192 + 2.8%
炭疽菌 272.7 900 272.7 A 139.2 第2回
 278.4 + 1.5%
B. 大腸菌(桿菌) 318 683 1272 4A 417 第3位
 1251 - 1.7%
 「318 683 2863 9A 417 7位
 2919 + 1.9%
肺炎球菌 382.2 1200 435.6 B - 2A 427 基金 427 - 2.0%
 「382.2 1200 3822 10A 427 第9回
 3843 + 0.5%
破傷風 15.8 700 715.8 A + B 234 第3位
 702 - 2.0%
トレポネーマ・パリダム 2778 900 5556 2A 789 7位
 5523 - 0.6%
淋病 150.8 600 452.4 3A 233 2nd 
 466 + 2.9%
 「150.8 600 449.2 B - A 233 2nd
 466 + 3.6% 
結核(桿菌) 541.5 583 1083 2A 369 3位
 1107 + 2.0%
 「541.5 583 1124.5 A + B 369 第3位
 1107 - 1.6%
 「541.5 583 2207.5 3A + B 369 第6位
 2214 + 0.3% 
周波数はkc/s単位。メートルからkc/sへの変換速度300,000 km/s。太字は修正値。
 17
7 : 結論 
 ライフは、BXとバチルス・チフス菌とバチルス・コリ菌の濾過可能な形態に関する共同研究と実験において、No.3マシンを広範に使用した。
BXとバチルス・チフォサスおよびバチルス・コリの濾過可能な形態に関する共同および実験的研究において、彼はNo.3マシンを広範囲に使用した。
MORの測定と、それを高い精度で再現性よく設定する手順について多くの経験を積んだ。予想通り 
これら3つのMORでは、4号機の研究から導き出された値と、真の超再生を使用して計算された値が一致した。
号機の研究から導き出された値と、3号機で発見された真の超再生オージオンの波長を用いて計算された値は、極めて近い一致を示している。
極めて近い一致を示している。これらの3つの結果は、ライフが超再生オージオンをどのように測定したかについて 
これらの3つの結果は、ライフがどのように超再生オージオンの波長を測定したか、そしてどのようにレッヒャー線技術の限界と 
これらの3つの結果は、ライフがどのように超再生オージオンの波長を測定したのか、また、レッヒャー線技術の限界と高調波の存在によってどのように誤った超再生オージオンの波長が記録されたのか、という記述の強力な検証を提供する。また、4号機のGp1とGp2の設定が、特定の再生オージオンの波長を記録するための手段であったことも確認された。
号機のGp1とGp2の設定が、特定のオシレーター高調波を選択して
No.3マシンと同じMOR出力を生み出すために、特定の発振器のハーモニクスを選択する手段であったことも確認されている。
 初期型マシンのアナログダイヤルの設定と読み取りにおけるライフの技量と正確さへの賛辞である。
彼の測定精度のおかげで、80年以上たった今でも多くの真のMORを復元することができるのである。
MORの多くを80年以上後に復元することを可能にした。この結果は、彼が録音したテープに記された細心の注意を払った測定方法を裏付けるものである。
何度も何度も測定を繰り返し、測定の前には必ず計器のゼロ合わせを行った(11)。
11)。
 歴史的な観点から、この結果は、ホイランドが3つの重要な値を完全に認識していたことを示している。
ライフ研究所ノートに記録された超再生オージオンの波長の3つの重要な値が誤っていたことを、ホイランドは十分に認識していた。
不正確であった。彼は遅くとも1936年初めまでにはライフの真のMORを発見していた。彼が自分の発見をライフに説明したか、あるいは 
彼が自分の発見をライフに説明したのか、あるいは3冊のラボラトリー・ノートを修正するつもりだったのかは定かではないが、彼の校正データの設定を使えば、No.
彼のキャリブレーション・データの設定を使用することで、No.4マシンはライフのオリジナルのMORを再現した。混乱
MORに関する混乱はそれ以来続いているが、実際にはどちらの機械も同じMORを出した。
 比較表に記載された可能性のあるMORのうち、どれが有効かを決定するには、細菌を使った実験が必要である。
比較表に複数の可能な値が示されている場合、どれが有効なのかを決定するためには、細菌を用いた実験が必要である。特定のタイプの 
プラズマチューブの特定のタイプは、オーディオ周波数MORで良い結果を与えるかもしれないが、プラズマチューブの特定の駆動方法が、オーディオ周波数MORに適合していなければならないと考える理由がある。
ライフのオリジナル周波数で効果的に機能させるには、プラズマ管の特定の駆動方法が必要である。
を効果的に機能させるためには、特別な駆動方法が必要である。その根拠と、さらなる研究が必要な分野を次に示す。
 参考文献(4)では、ライフはインタビューに答えて、彼が克服した最も困難な課題と彼が最も偉大であると考えるものについて率直に語っている。
彼が克服した最も困難な挑戦と彼の最も偉大な業績についてインタビューに答えている。無名の記者はこう書いている: 
「彼が超再生光線の詳細を解明する前に、分極を変える方法を研究する必要があった。
真空管の偏光を自在に変える方法を研究する必要があった。彼は真空管の分極を 
彼は真空管の分極をマイナスからプラスに切り替え、また戻すことができる、 
ミュンヘン、ウィーン、あるいは他のどこの国でも行われていないことである。参考文献(12)でベン・カレンは、ライフがシュタインメッツから供給された真空管を使ってどのように仕事をしたかを述べている。
シュタインメッツから供給された真空管の極性をテストする方法を開発した。
そして、フィラメントの極性を "極 "の極性に合わせることによって、彼はどのようにしたかを述べている。
以前よりも非常に大きな高周波パワーを開発することができた。
 ライフが考案した高周波の多くが発見され、大きな進展があった。
しかし、現在では、プラズマ管が高周波で効率的に機能するように、どのように作られ、どのようにバイアスされ、どのように駆動されるべきかについて、より深い理解が必要とされている。
(4)、(12)をより深く理解する必要がある。そうすれば 
そうすれば、プラズマ管から発信されるライフの高周波が持つ治療能力をフルに発揮できるようになるかもしれない。
 18 
 参考文献
(1) ビーム・レイ裁判記録、コンパレがホイランドを調べる
(2) 超再生レシーバー、J.R.ホワイトヘッドケンブリッジ大学出版局、1950年 
(3) ジャック・フリーからミルバンク・ジョンソンへの手紙、1935年12月17日
(4) サンディエゴ・ユニオン、1929年3月11日。"地元の男が細菌生活の不思議を語る"
(5) ビーム・レイ裁判記録、コンパレはホイランドP. 36を調べる。
(6) ミルバンク・ジョンソンからライフへの手紙、1935年7月18日
(7) ビーム・レイ裁判記録、コンパレットがホイランドを尋問 P. 51 
(8) ライフからゴニンへの書簡、1939年5月14日 
(9) Rife CD No.13、トラック8、13分から、Rife 
(10) ジャック・フリーからミルバンク・ジョンソンへの手紙、1935年10月26日
(11) Rife CD No.13、トラック8、13分から、Rife
(12) Rife CD No.6、トラック1、6分から、ベン・カレン
 
 ウェブサイトwww.rife.org、No. 
とNo.4マシンの校正情報、J.R.ホワイトヘッドの本とライフCD以外の上記の参考文献すべてにオンラインでアクセスできる。
また、CDの購入先の詳細も記載されており、本格的な研究者にとって最も重要な情報源の一つであることは間違いない。
真摯な研究者にとって最も重要な情報源の一つであることは間違いない。
 
 付録
 HoylandのNo.4マシンの校正ノート3ページと、関連するRifeのノート3ページ。
チフス菌、大腸菌、BX菌の濾過可能な形態に関する研究室ノート3ページが、参照しやすいように用意されている。
参照しやすいように提供されている。すべてパブリックドメインである。
 
 19

本レポートは、以下の条件を満たせば、他のライフ研究者に無料で複写・利用できる: 
 (i)出典であるBritish Rife Research Groupを明記すること。
 (ii) 改変することなく全文を複製すること。

http://www.electroherbalism.com/Bioelectronics/FrequenciesandAnecdotes/RIFEPDF.pdf

 

 

youtube

www.youtube.com

 

bandcamp
https://healwithrife.bandcamp.com/

booth
https://healwithrife.booth.pm/

patreon
https://www.patreon.com/HealWithRife

ko-fi
https://ko-fi.com/healwithrife