Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

444Hzと587.33Hzはがん細胞を死滅させる周波数? 400~480ヘルツ、440 hz ~ 493 hzがガン細胞破壊する? がん細胞をやっつけちゃう音?

587.33Hzはがん細胞14分で死滅させた周波数らしい。

 

がん細胞をやっつけちゃう周波数があるらしい。


がん細胞を死滅させる?周波数;
(ファビアン・ママン氏とエレーヌ・マグリマルの周波数)

587.33Hz
400~480 hz 
440 hz ~ 493 hz 
444 Hz
 

最強のガン細胞破壊波動周波数 587.33Hz(7. 83Hz) 

引用
"
ガン細胞を死滅させる周波数は444Hzが有名ですが、
もう一つガン細胞を死滅させる周波数があることをご存知でしょうか?
1997年公開の論文で、周波数によるがん細胞の研究をした、
楽家であり鍼灸治療家でもあるフランスのファビアン・ママン氏と生物学者
エレーヌ・マグリマル氏との共同研究結果が発表されています。

周波数440Hz~493Hzの周波数を照射したガン細胞破壊実験が行われ更に
周波数を上げ実験を継続したところ、
587.33Hz音波ではガン細胞が約14分間で
破壊されたとの実験結果を発表しています。

もちろん正常細胞への影響は皆無で、
ガン細胞のみ破壊されたとのことです。

まさに587.33Hzは、最強のガン細胞破壊波動周波数です。
"
引用
https://www.youtube.com/watch?v=gUCc7RgSzFM


587.33Hz クラシック音楽付き
https://youtube.com/watch?v=CpPIovhgB4c

587.33Hz がん細胞を死滅させる?音 10 min
https://www.youtube.com/watch?v=LxVpmyNAoTA

587.33Hz がん細胞を死滅させる?音 30min
https://www.youtube.com/watch?v=hMo-CxthThc

587.33Hz がん細胞を死滅させる?音 60 min
https://www.youtube.com/watch?v=FzfTpnkc8Tw


がん細胞破壊?周波数 444Hz 30min
https://www.youtube.com/watch?v=zfiTradE5m4

がん細胞破壊?周波数 444Hz 60 min
https://www.youtube.com/watch?v=vS3pkQBz1VY


ガ​ン​の​症​状​緩​和​の​音​・​ラ​イ​フ​周​波​数 1 587​.​33Hz 444 Hz 2127 Hz 2008 Hz 727 Hz 787 Hz 880 Hz 690 Hz 666 Hz
https://healwithrife.bandcamp.com/album/cancer-healing-rife-frequencies-1-1-58733hz-444-hz-2127-hz-2008-hz-727-hz-787-hz-880-hz-690-hz-666-hz

ガ​​​ン​​​の​​​症​​​状​​​緩​​​和​​​の​​​音​​​・​​​ラ​​​イ​​​フ​​​周​​​波​​​数 2 バ​イ​ノ​ー​ラ​ル​ビ​ー​ト 587​​​.​​​33Hz 444 Hz 727 Hz 787 Hz 880 Hz 690 Hz 666 Hz
https://healwithrife.bandcamp.com/album/cancer-healing-rife-frequencies-2-binaural-beats-2-587-33hz-444-hz-727-hz-787-hz-880-hz-690-hz-666-hz


444は幸せの数字。
理由は下記。

444 Hz 4合わせ しあわせ 幸せ ⇔ 死合わせ

444Hz シュメール語のゲマトリアで、仏の数字。
"hotoke" = 444(Sumerian) 。

444はゾロ目でエンジェルナンバー。


587.33の覚え方。

587.33
御鼻.耳
お鼻.耳

オバナノミミ
尾花の耳
小花の耳

お花見み

小鼻.耳

いやな耳

12345678910
あいうえおろなやく
ひふみよいむなやこと
 に しご  はQじゅう
       ハ
       八


フランスの作曲家ファビアン・ママンとヘレーネ・グリマル

写真36:D 293.66。Cから始まるスケールに沿って、細胞構造が徐々に「不安定化」しているのがよくわかる。

写真37:E 329.63. 第3の周波数が加わると、細胞はもはやその構造を維持できなくなる。核の無秩序化がはっきりとわかる。

写真40:A440。音の周波数の圧力が、細胞質と核の膜を「押し戻し」続けている。

写真42:C523.25。核膜の爆発。

写真43: D 587.33 この癌細胞を破壊するのに14分かかった。
https://www.healingcancernaturally.com/effect-of-sounds-cancer-cells.html


The Role of Music in the Twenty-First Century (Star to Cell Series Book I) Paperback – August 1, 1997

ママンとグリマルは、440Hzの "A "と493Hzの "B "の間の音の周波数で、ガン細胞が破壊され、
その構造が完全に無秩序になることを発見した。
しかし、健康な細胞は 健康な細胞は無傷のまま、
あるいは強くなった。健康な細胞はしなやかで、エネルギーを自由に受け取り、
吸収し、戻すことができる、
健康な細胞はしなやかで、エネルギーを自由に受け取り、
吸収し、戻すことができる。対照的に、ガン細胞は柔軟性に欠け、
その構造は不変であった。その構造は不変であった。(ママン、1997、p90)。
https://www.simonheather.co.uk/pages/articles/whyismusichealing.pdf


1981年、生物学者のヘレーネ・グリマルは作曲家のファビアン・ママンと組んで、
音波と生きた細胞との関係を研究した。

ママンは鍼灸師でもあり、音叉と色のついた光をツボに当てることで、
鍼と同等かそれ以上の効果が得られることを発見していた。

グリマルとママンは18ヶ月間、30~40デシベルの音が人間の細胞に与える影響を調べた。
顕微鏡に取り付けたカメラで、研究者たちは20分間のセッションで、
人間の声だけでなく、
さまざまな音響楽器(ギター、ゴング、木琴)にさらされた子宮がん細胞を観察した。

9音階のイオニア音階(C-D-E-F-G-A-B-C-D)を用いて、グリマルとママンは、
音にさらされると、がん細胞が14分後に爆発するまで構造的完全性を失うことを観察した。

もっと劇的だったのは人間の声であり、細胞は9分後に破壊された。

次に、ママンとグリマルは乳がんの女性2人を相手にした。
彼女たちは1ヶ月間、1日3時間半「トーニング」、
つまり音階を歌うことに専念した。

一人の女性の腫瘍は検出されなくなった。もう一人の女性は手術を受けた。

彼女の外科医は、腫瘍が劇的に縮小し、"干からびた "と報告した。
腫瘍は摘出され、その女性は完全に回復し寛解した。

特定の音波の周波数が細胞質や核膜を攻撃すると、
がん細胞はその構造を維持できなくなります。

振動数が上がると、細胞は適応することも安定することもできず、
崩壊したり爆発したりして死んでしまうのです。"
https://www.gaia.com/article/healing-with-sound-frequency-and-vibration


フランスの作曲家ファヴィアン・ママンは1981年から1年半にわたり、
国立フランス科学研究センターの生物学者エレーヌ・グリマルと共同研究で、
『人間の細胞と音のかかわり』についてのデータを発表しています。 

そのガン細胞(子宮ガンの細胞を実験に利用)と、
健康な細胞の双方に、
音を放射していくと、
256ヘルツあたりで細胞は伸び、
しだいに音を高くしていくと、
細胞は丸くなって、色も赤からピンクになるなどの変化が生じ、
音の振動数が『400~480ヘルツ』付近になると、
ガン細胞の方は、
この音との共鳴効果に耐えきれずに20分で崩壊していったそうです。

444Hzの電子音と、それによって振動された水の飲用は、
感染原因のウイルス表面に発現しているスパイクを破壊。

そして、プラス鎖ウイルス・ゲノム(RNA)配列をも破壊します。

パソコンやスマホで、患部に20分以上この444Hzの音を放射していると、
癌細胞は死滅するそうです。

これを行って体温が温かくなってくると、
癌が治った証拠だそうです。

癌で入院している方にこれを20分間以上やること、
その患者は一週間もしないで退院出来るとも・・・

また、587.33Hzは癌細胞を死滅させるもう一つの音といわれています。
https://it-planet.jp/healinng-music/kill-cancer-cells/


フランスの作曲家ファヴィアン・ママンと生物学者エレーヌ・グリマルとの共同研究によるものでが、
音の振動数を400~480ヘルツに高くすると、
驚いたことに、人体細胞には悪影響はなく、
ガン細胞はその音に耐えきれず膨らんで崩壊してしまった。

体内のがん細胞は、この周波数を直接20分以上当てられていると、
ほとんど死滅してしまったという研究があります。

444Hzそれは一つの可能性を秘めています。
https://yukikoiwamoto.com/healinglove/solfeggio-444/62/

https://sinseisanbika.seesaa.net/article/434721542.html


1982年フランスの作曲家Fabien Mamanは、
国立フランス科学研究センターの生物学者Helene Grimalと共同研究で驚く結果を得ました。

シャーレに入れた健康な細胞と子宮ガンの細胞に音波を放射していくと、
健康な細胞は全く変わらなかったのに対して、ガン細胞は変化が現れたのです。

200Hzの音にその細胞は小さくなりはじめ、
周波数を徐々に高くして行くと、
今度は細胞が丸くなって色は赤からピンクになってしまった。

さらに、周波数を400~480Hzの音に上げていくと、
驚いたことに、ガン細胞は膨張し、
やがて崩壊してしまったのです。

正弦波周波数400から480Hzの音は、
正常な細胞には影響を及ぼさないが、
癌細胞を崩壊し死滅させる奇跡の周波数です。

20分間、放射を続けると、
癌細胞の多くは死滅するといいます。

また、この周波数の音を飲料水に放射し、
そうして振動させた水を一日1リットルくらい、
100日間以上、
飲用すると、治癒効果がより早期に現れます。

ミネラルウォーターだけではなく、
温かいコーヒーやお茶を振動させて飲んでもいいのです。

癌細胞というものは、体が暖まると動きが止まり、逆に冷えると活発化するからです。

パソコンだけではなくipadでも治療や振動水を作れます。
https://www.youtube.com/watch?v=YVmY20OSGJQ


【444Hz】聞くだけでガン細胞だけを有効的に破壊、奇跡の周波数 「音①」

正弦波444Hzの音波は、

ガン細胞だけを有効的に破壊し、
正常な細胞には全く影響を及ぼすことがない奇跡の周波数です。

この周波数によってガン細胞は、
共鳴効果により、ガン細胞の構造を維持できなくなります。
そして、破壊していくのです。

この音波の使い方は、直接患部に当てて、
この音波を当てた水(振動水)を飲むことによって、
壊れたガン細胞は体外に排出されていきます。

大きな音量が望ましいが、各々のスピーカーに応じた音量を選択しましょう。
ガンになっていない人にも予防として、聞くことをお勧めします。
https://www.youtube.com/watch?v=LV3UdOu962M

https://cancers.hatenablog.com/entry/2019/08/14/125740


444Hz・・癌細胞を死滅させると言われる。ソルフェジオ周波数は、抗ウイルスへも期待
演奏会・講演 | てみてるofficial websiteミュージックあとりえtemitelu (amebaownd.com) 

この444Hzは、がん細胞だけではなく大腸菌や風邪のウィルスも即刻、殺してくれますが、
新型コロナウイルスに対しても、その感染原因となるウイルス表面に発現しているスパイクを破壊、
またプラス鎖ウイルス・ゲノム(RNA)配列をも破壊し死滅させる筈です。
https://yukikoiwamoto.com/healinglove/solfeggio-444/62/


色々さがしているとどんどん出てきます。人の声が一番効くらしいです。
下記は山崎淑子さんの記事からです。この下記のページ内でリンクしているサイトも何か不思議で面白い。

チベット仏教で使われてきたティンシャ(2個1組の小型シンバル)は、
微妙に違う音が発するよう細工され『差音の原理』によって生じる「4~8ヘルツ」のうなりが修行者に届くよう意図的に、
調整されていると。

この「4~8ヘルツ」の周波数帯は、深い瞑想時に生じる脳波と同じ周波数帯であり、
かつてブームとなった「α波」と呼ばれる周波数。「7.8ヘルツ」の山は、地球をちょうど一周する波長を持っているため、
「地球の基本周波数」と呼ばれ、人間の安静時の「脳波(α波)」と一致する。

人間の身体は、
混乱やイライラなどでみずから身体リズムを崩さない限り、
地球のリズム(振動)に共鳴・共振し、動いている。(中略)

ティンシャは「健康スタジオ」にあるので早速別々に叩いてみたら、
二つは全く違う周波数でした。

顕微鏡で「ガン細胞」を見ると、健康な細胞に比べ、ガン細胞の方は、若干、肥満ぎみだといいます。

そのガン細胞(子宮ガンの細胞を実験に利用)と、
健康な細胞の双方に、音を放射していくと、
256ヘルツあたりで細胞は伸び、
しだいに音を高くしていく(周波数を上げる)と、
細胞は丸くなって、
色も赤からピンクになるなどの変化が生じ、
音の振動数が『400~480ヘルツ』付近になると、
ガン細胞の方は、この音との共鳴効果に耐えきれずに、崩壊していったそうです。

「健康スタジオ」でBSセラピーしていただいた方に差し上げている脳幹の活性化をサポートするCD、
作ってくれた方が言うにはヘッドフォンで聞く方が効果が高いのだとか。
BSセラピーはヘッドフォンしながらできませんが、
ガンの方はヘッドフォンして444Hzを聞くのが良いのでしょうね。

またアニカを通じて知り合ったセラピストの方から先日こんなYoutube動画をご紹介いただいています。
他の動画もあるサイトも貼っておきます。

Dr レオナード・コールドウェルのYoutube
ガンは実は数週間で治せる。

ガンについて最近調べていませんでしたが、
いろいろな情報が満載ですね。

「尿1滴で」がん早期発見法の可能性

https://blog.goo.ne.jp/tobira2002/e/f87c668e17e7ec298cb97f6f1c46bfc0

今朝、クライアントさんからいただいたご夫婦のニューアース・リモ御予約メールの中に、
脳幹のことに関連して444Hzの音階を聞いていると有りました。

それはもしかして昨年私がソルフェジォに興味を持ったころ、
「脳幹と444Hz」という記事を書いたためかと思いました。

私の記事の中では脳幹に良いとは書いていませんが、
タイトルがタイトルなのでそう思ったのかも知れませんね。

クライアントさんのご報告とか、私の経験上から脳幹には741Hzの音階が有効と思います。
ただ、脳幹は中脳、(脳)橋、延髄の三つの器官で構成されます。

ですから3つの異なる周波数を持っているので、
一つの周波数で3つの器官共に有効かとなると、
多分有効なのは一つだと思います。

それがどの部分かはわかりませんが、
私の場合は741Hzで確実にあくびが出やすくなります。

同じことから「アディオ・イフ」という脳幹が活性化するといわれているペンダントも、
3つの器官のどれか一つには有効であっても、他にも同様に有効であるかというと、
そうではないと思います。一説にはアディオイフは延髄の周波数と言われています。

だからやっぱりBSセラピー か ライオンあくび健康法をしたほうが断然脳幹の活性には有効です。

そんなことで444Hzをネットで再調査していたら、

「がん細胞を死滅 444Hzの周波数」
というyoutubeのまさかの動画を見つけました。
注:ちょっと大きめの音が出ます。

400Hzから480Hzの音は、 正常な細胞にはなんの変化は表さないが、
がん細胞はこの周波数の音波振動によって膨張し始め、
20分でやがて破裂して完全に死んでしまったのだとか。

これはフランスの作曲家ファヴィアン・ママンと生物学者エレーヌ・グリマルとの共同研究によるものらしいです。

youtubeの動画では、初めに400Hzから480Hzの周波数ががんに良いと書いているのに、
後の文書は400Hzはダメのようなこと書いていて整合性が取れません。
youtubeをUPされた方の解説がこのサイトにありますが、

次にリンクした山崎淑子さんの記事がとても興味深いです。

がん細胞をやっつけちゃう周波数

さて、カラーセラピーや音楽セラピーなどはよく聞きますが、ある周波数の音が、
ガン細胞を破壊することがわかってきたようなのです。

400~480ヘルツの周波数は、がん細胞を死滅させる効果があると言われています。 
この領域の正弦波は、正常な細胞には影響を与えず、がん細胞のみを破壊できる奇跡の周波数だそうです。 
この周波数によって振動させられたがん細胞は、その構造を維持できないのだとか。
がん細胞を死滅させる、奇跡の「音」

音の周波数とがん細胞と、健康な細胞を用いて、特定の周波数を放射させる実験研究では、
がん細胞は膨らんで崩壊してしまったといいます。

フランスの作曲家ファイヴィアン・ママンと、生物学者エレーヌ・グリマルとの共同研究で、
がん細胞への効果が示されました。

この周波数の音を、癌のある部位に直接20分以上当てている­と、
ほとんど死滅してしまうそうです。
喉頭がんなら喉。脳ならイヤホンで直接聴くといった感じですね。

実際の音は「444hz」といったキーワードで検索すると聞くことができます。

ただ、この周波数に対する発表がおこなわれたのは1981年の頃なので、
体内にある癌に対して本当に効果がでるかどうかはハッキリしません。
https://ameblo.jp/sl-29de83su/entry-12138437113.html


がん細胞をやっつけちゃう周波数

(A)440Hz ~ (B)493Hz

しかも、もうずいぶん前に発見されているんです。

発見したのは、音楽家・作曲家・鍼灸師・治療家でもある
フランスのファビアン・ママン(Fabien Maman)さんと、
生物学者のエレーヌ・マグリマル(Helene Grimal)さん。

2人で共同研究して発見したんです。

1974年に、ファビアン・ママンさんは、
ジャズのギタリストとしてコンサートのために来日していて
その時のお客さまの反応(拍手だったり、エネルギーだったり)を
敏感に受け取っていたとのこと。

さらに3か月後にツアーで来日した時には
特定の音のキーが、ミュージシャンと観客の
両方を高いレベルに引き上げることにも気づいたようです。

そして、1981年。

ファビアン・ママンさんは、
エレーヌ・マグリマルさんにと出逢います。

エレーヌ・マグリマルさんは、
人の細胞に与える音楽の影響に興味を持ってました。
そして、2人で1年半にもわたって研究をしたんですって。

1997年の論文で研究結果を発表してるの。

研究では、がん細胞と健康な細胞に音を
21分間ずつ30~40デシベルとの音圧で
いろんな周波数の音を放射。

261Hzからどんどん周波数を上げていくと
形も、色も異なっていったようです。

細胞が丸くなる → 色も赤からピンクに → 破壊

どうやら、440~493Hzの間で
がん細胞が破壊されていったようです。

実験のがん細胞においては、
587.33Hzの時には14分で破壊したとのこと。

実験では、このような楽器を使用。

ドラム、ゴング(銅鑼)、フルート、ギター、ベース、木琴、人の声

しかも、ファビアン・ママンさんいわく
一番ドラマティックな結果が出たのは、

人の声!!!

実験で使用した人の声は、
ファビアン・ママンさん自身の声だったのですが
人の声と音階を組み合わせることで
ものすごい力が含まれていると言っています。

え・・・じゃぁ~健康な人まで細胞破壊しちゃうの?!

ちゃ~んと研究結果を教えてくれています。

健康な細胞は、音に共鳴はしますが
異常はなかったようです。

健康な人にとって、440Hzは
パワフルな調和の音なんだともいっています。

ピンクは、愛の色と認識されているので
愛と調和のミラクサウンドかもしれませんね。

ここまで聞いちゃうと、440Hzあたりがどんな音か
気になる方も出てくるでしょう。

以前にグラドニ図形の話をしましたが
周波数でいろんな形ができる動画を張り付けておきます。

周波数の違いで形が変わるのであれば
周波数の違いでがん細胞に何かしらかの影響を与えることも
納得な感じがします。
https://murayamatomomi.com/?p=2947


❤【がん細胞を破壊する音】がある?! 440Hz~493Hz❤ | Japan Sound Heart (murayamatomomi.com) 

587 .33Hzは 癌細胞を死滅させるもう一つの音といわれています
444ヘルツはガン細胞を死滅させるという実験データがあるそうです。

フランスの作曲家ファヴィアン・ママンは1981年から1年半にわたり、
国立フランス科学研究センターの生物学者エレーヌ・グリマルと共同研究で、
『人間の細胞と音のかかわり』についてのデータを発表しています。

そのガン細胞(子宮ガンの細胞を実験に利用)と、健康な細胞の双方に、
音を放射していくと、256ヘルツあたりで細胞は伸び、しだいに音を高くしていくと、
細胞は丸くなって、色も赤からピンクになるなどの変化が生じ、音の振動数が『400~480ヘルツ』付近になると、
ガン細胞の方は、この音との共鳴効果に耐えきれずに20分で崩壊していったそうです。

癌細胞を死滅させるもう一つの音 587.33Hz(7 83Hz)&癌細胞を死滅させる周波数 444Hz(7 83Hz) - YouTube 
https://www.youtube.com/watch?v=ObTgvxQ8C3M


256ヘルツでガン細胞は伸びて行き、周波数を上げ音を高くしていくと、逆に丸く小さくなり
色は赤からピンクに変化した。
更に音の振動数を400~480ヘルツに高くすると、驚いたことに、
ガン細胞はその音に耐えきれず膨らんで崩壊してしまった。

これはフランスの作曲家ファヴィアン・ママンと生物学者エレーヌ・グリマルとの共同研究に
よるものであるが、体内のがん細胞はこの周波数を20分以上当てていると、
ほとんど死滅してしまうという。

この音を振動させた(10秒程度)水を飲用したり、
患部に当てたことによって下痢をもたらすのであるのならぱ、
胃や腸、或いは内蔵にがんがあった疑いがある。
なぜなら、がん細胞が破壊されたことによって、
それを体外に排出する作用が働くからである。


基本的に患部にスピーカーを近づけて行うが、
頭部にがん細胞が転移してしまった方は、
ヘッドホーンで何度も聴く。

またヤカンやポットにスピーカーから流れる444Hzを当てて作った振動水は、
100日間以上作って飲む。

振動させられた水はがん治療だけではなく、
おいしくなるので健康水として毎日飲めば良いでしょう。

※ 444Hzを基準とした楽器の調律用としても使用出来る。
ただしピアノは高域の弦が張りすぎて切れることがあるので、
442Hzあたりまでに押さえた方がいいかも知れない。
https://ameblo.jp/ishikobushi/entry-12211662024.html


444Hzの音波を体に放射する治療の効果→癌、
感冒、喘息、C型肝炎、腎臓結石、ウィルス感染全般、糖尿病2型、
かゆみ、乗り物酔い、慢性の胸焼け、ハンセン病二次感染、卵巣障害全般、
尿道炎、ヒトTリンパ球ウイルス4 虫垂炎、などなど、他にもいっぱいあります。

444Hzの電子音と、それによって振動された水の飲用は、
感染原因のウイルス表面に発現しているスパイクを破壊。
そして、プラス鎖ウイルス・ゲノム(RNA)配列をも破壊します。

患部に20分以上この444Hzの音を放射していると、
癌細胞は死滅します。

これを行って体温が温かくなってきますと、
癌が治った証拠です。

癌ではない方も予防として、一年に2回程度行うことをお勧めいたします。
https://ameblo.jp/jblle8t/entry-12612112835.html


全てのものは、その物質個有の振動数で振動しているので、
その音波で破壊されるのは、そのワイングラスだけです。 

まさにありとあらゆる全てものは、他とは異なるそれ固有の共鳴振動数を有しており、
それこそありとあらゆる周波数が存在しているのです。

この技術を完成させるのにライフ博士は、ヘルペスや小児麻痺、脊髄膜炎破傷風
インフルエンザなどを含む数多くの危険なウイルスなどの病原菌を破壊する特定の周波数を発見するために一度に丸二日( 48 時間)通しで働くという生活を長年行っていました。
【実験】ウイルスを破壊する周波数治療を試してみる (ariya-step.com) 
https://ariya-step.com/4094.html


がんのヒーリング方法の一つとして、波動療法、音楽療法などがあります。

病気は一つの波動(低い波動)を持っていて、
その低い波動を変化させる波動をぶつけることで、
症状を変化させることを目的とした方法です。

そのなかに、ソルフェジオ周波数444Hzというものがあります。
最近の研究で、がんの波動を変化させる可能性のある周波数だということが分かってきたそうです。

フランスの作曲家ファヴィアン・ママンと生物学者エレーヌ・グリマルとの共同研究によるものでが、
音の振動数を400~480ヘルツに高くすると、驚いたことに、人体細胞には悪影響はなく、
ガン細胞はその音に耐えきれず膨らんで崩壊してしまった。体内のがん細胞は、
この周波数を直接20分以上当てられていると、ほとんど死滅してしまったという研究があります。

444Hzそれは一つの可能性を秘めています。

「抗ウイルスの可能性周波数444HzとDNA修復528Hzの調べ」より引用

きつい抗癌治療よりも体に負担がかからず、音楽を聴いているだけなので、
ヒーリングの知識や経験がなくても自分で好きな時間に好きなだけ体験することができます。

今回は、がん細胞を死滅させるといわれるソルフェジオ周波数と、
その最適な組み合わせ、更に、その他の波動療法を合わせてご紹介したいと思います。
https://yukikoiwamoto.com/healinglove/solfeggio-444/62/


ママンは、1981年から1年半にわたり、
国立フランス科学研究センターの生物学者エレーヌ・グリマル(Helene Grimal)と共同研究で

『人間の細胞と音のかかわり』についてのデータを発表しています。

顕微鏡で「ガン細胞」を見ると、健康な細胞に比べてガン細胞の方は、若干、肥満ぎみだといいます。

そのガン細胞と、健康な細胞の双方に音を放射していくと
256ヘルツあたりで細胞は伸びて次第に音を高くしていく(→周波数を上げていく)と、
細胞は丸くなり色も赤からピンクになるなどの変化が生じて
音の振動数が『400~480ヘルツ』付近になると、
ガン細胞はこの音との共鳴効果に耐えきれずに崩壊していったという内容です。

細胞に、30~40デシベルの音圧で、さまざまな音を聞かせていった際、
上記の反応が顕微鏡下で観察されていったそうです。

音源として、銅鑼・ギター・木琴など、いろいろなものが使われ、
最も効果的であったのは、人間の声のアカペラだったらしいです。

ママン自身の「声」を利用したそうですが、ママンの声の振動の反復に、
ガン細胞は耐えられず、3度目に歌うと、ガン細胞は不安定に揺れはじめ、
統合性を失って混乱したガン細胞は、構造を維持できなくなって崩壊し、
一方健康な細胞のほうは、同じように音の刺激に共鳴しながらも
まったく異常が見られなかったといいます。

ちなみにガン細胞が崩壊した『440Hz(ヘルツ)』周辺というのは赤ちゃんの泣き声に近い周波数だそうです。

この研究結果により、444Hzという周波数が大きな可能性秘めていると感じます。

https://www.teraqol.com/news-health/220/


主な結果
新たに試験29件を特定し、このレビュー最新版のエビデンスは、試験81件、患者5,576人に基づいている。
試験81件のうち74件は成人を対象としており、7件は小児を対象としている。

その結果から、音楽療法と音楽による医学的介入は成人がん患者の不安、
抑うつ、希望、疼痛、倦怠感、心拍数、血圧に効果をもたらす可能性があることが示唆される。

音楽による医学的介入ではなく、音楽療法が成人患者の生活の質(QOL)や倦怠感を改善する可能性がある。

音楽介入は成人がん患者の不安、抑うつ、希望、疼痛、倦怠感によい効果をもたらす可能性があると結論付けられた。
さらに、音楽は心拍数や血圧にもわずかに効果をもたらす可能性がある。

不安、抑うつ、倦怠感、疼痛の軽減は健康や総合的なQOLに影響を及ぼすため、
がん患者にとって重要な治療成果である。

https://www.cochrane.org/ja/CD006911/GYNAECA_yin-le-liao-fa-haganhuan-zhe-nili-yi-womotarasuka


1982年フランスの作曲家ファヴィアン・ママン(Fabien Maman)は、
国立フランス科学研究センターの生物学者エレーヌ・グリマル(Helene Grimal)との共同研究で驚く結果を得ました。

シャーレに入れた健康な細胞と子宮ガンの細胞に音波を放射していくと、健
康な細胞は全く変わらなかったのに対して、ガン細胞は変化が現れたのです。

200Hzの音にその細胞は小さくなりはじめ、周波数を徐々に高くして行くと、
今度は細胞が丸くなって色は赤からピンクになってしまい、
さらに周波数を400~480Hzの音に上げていくと、驚いたことにガン細胞は膨張し、
やがては崩壊してしまったのです。

正弦波周波数400から480Hzの音は、正常な細胞には影響を及ぼしませんがが、
癌細胞を崩壊し死滅させる奇跡の周波数です。
その中の周波数444Hzは、肉体と精神に癒しを与える「ソルフェジオ周波数」の一つです。

 ソルフェジオ周波数444Hzの音波を体に放射する治療の効果→
 癌、新型コロナ、感冒、喘息、C型肝炎、腎臓結石、ウィルス感染全般、
糖尿病2型、かゆみ、乗り物酔い、慢性の胸焼け、ハンセン病二次感染、
卵巣障害全般、尿道炎、ヒトTリンパ球ウイルス4 虫垂炎歯周病、腹痛、
口内炎などなど、他にもいっぱいあります。

 444Hzの電子音と、それによって振動された水の飲用は、
感染原因のウイルス表面に発現しているスパイクを破壊。
そして、プラス鎖ウイルス・ゲノム(RNA)配列をも破壊します。

 パソコンやスマホで、患部に20分以上この444Hzの音を放射していると、
癌細胞は死滅します。
 これを行って体温が温かくなってきますと、癌が治った証拠です。
癌で入院している方にこれを20分間以上やりますと、
その患者は一週間もしないで退院出来ます。(ただしお医者さんにはナイショ、ナイショです。)
 癌ではない方も予防として、一年に2回程度行うことをお勧めいたします。
尚、こちらの417Hz(6分)と432Hz(7分30秒)の音も444Hzと同じく、
癌細胞やウィルス、細菌を殺すことが出来ます。ただし、これらの動画の場合、
時間が6分から7分と短いので3・4回繰り返して再生しないといけません。

 追 記。
 新型コロナ、感冒、喘息、C型肝炎、腎臓結石、ウィルス感染全般、糖尿病2型、白血病等の方は心臓に音をあててください。
https://ameblo.jp/jblle8t/entry-12761359663.html


がんを治す周波数は?

マイクロ波とは、波長1mm-1m、周波数300MHz-300GHzの電波を言います。 
このうち2-4GHzの波長の電波をを照射し、がん細胞を死滅に導きます。
https://tsukishima-clinic.jp/treatment/microwave/


音を「聞かせる」ことで“がん細胞”だけを殺す技術が開発される
https://nazology.net/archives/50253


今回、研究チームは、がん細胞と健康な細胞では物理的特性が異なるため、
低強度の超音波に対する反応も違っており、それを利用すれば、
がん細胞を選択的に死滅させることができるという仮説を立て、
それを検証した。その結果、低強度の超音波は、ある特定の周波数であれば、
がん細胞の細胞骨格を破壊し、かつ近傍の正常細胞にはダメージを与えないということが分かった。

具体的には、低強度の超音波を、標的がん細胞に対し、周波数0.5~0.67MHz、
照射時間20ms超で照射するというもので、この方法により、
正常な免疫細胞や赤血球に事実上影響を与えることなく、
乳がん、大腸がん、白血病の細胞モデルを破壊することに成功した。 

がん細胞をその物理的特性(特定の周波数の超音波に脆弱性を有する)に
基づいて選択的に死滅させることを研究する「oncotripsy」と呼ばれる分野が最近になって現れてきたが、
今回の研究は、oncotripsyにおける新たなる前進といえる。 
https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/news/19/00122/


がん細胞を破壊する周波数は?
具体的には、低強度の超音波を、標的がん細胞に対し、
周波数0.5~0.67MHz、照射時間20ms超で照射するというもので、この方法により、
正常な免疫細胞や赤血球に事実上影響を与えることなく、乳がん
大腸がん、白血病の細胞モデルを破壊することに成功した。
https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/news/19/00122/


①444Hzの効能
②がんに効く周波数一覧
③がん細胞破壊周波数、他。

 

この続きはcodocで購入