Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

猫よけ超音波グッズ 19キロヘルツ 猫の嫌う高周波の音を出して追い払う 猫にしか聞こえない音 モスキート音

猫よけ超音波グッズの原理

人には聞こえづらくネコには聞こえる超音波を発生させることでビックリさせて撃退する仕組みです。モスキート音といって人でも若い人には聞こえるが年配の方には聞こえづらい周波数の音の違いを測る音で遊んだことはないでしょうか(健康診断の聴力検査と似ているキーンという音が聞き取れるかどうかの簡易チェック)。

この「猫が嫌がる「キーン」となる周波数」を利用しているのが超音波グッズです。

最近の製品では周波数を切替えて、ネコ以外の小動物なども驚かせたりと、動物にとっての苦手な範囲の周波数に切り替えられる商品も多いです。例えば、某超音波グッズであれば、以下の様な仕様となっています。

【モード1】 ねずみ、小型げっ歯類などの動物 / 超音波発振:13.5KHz~17.5KHz
【モード2】 大型犬、キツネなどの動物 / 超音波発振:15.5KHz~19.5KHz
【モード3】 小型権、ネコ、鳥などの動物 / 超音波発振:19.5KHz~23.5KHz
動物によって苦手とする周波数は微妙に違っているようです。
さて、人の嫌がる超音波はどの範囲なのでしょうか?

【人が嫌がる】 ヒト(10代の若者) / 超音波発振:18KHz〜38KHz

つまり、上の表であればネコ用の超音波モードにすると「ヒト」も聞き取れてしまいます。

ニヤリ
そもそも人が定義する「超音波」とは何なのでしょうか。

人が聞き取れる範囲は20Hz~20kHzが一般に人が聞こえやすい領域(可聴域)だそうです。(低い音の20Hzから高い音の20kHz)。この20kHzをこえる音を超音波と呼びます(一方20Hz以下は超低周波音と呼びます)。人とネコは可聴域が違っている(ネコの方が可聴域が広い<60Hz~60kHz>)ので、人にとっては超音波である周波数を利用する仕組みです。

つまり、20kHzを超えても個人差によっては聞こえるのですが、老化と比例して聞こえなくなってくる周波数領域を利用した猫よけグッズとなります。

いいえ、周波数的には上記の様に人間にも聞こえます。耳年齢が良いヒトには聞こえます。実際私も超音波グッズをセットしている時に煩いなと感じたこともあります。余談ですが、「赤ちゃん」の泣き声の周波数は「2kHz」だそうで、ヒトがよく聞こえる周波数であるため、「自分を見つけてほしい自己主張」として聞こえやすいんだそうです。生きていく為の周波数だとおもうと不思議です。

https://nekoyoke.work/%E7%8C%AB%E3%82%88%E3%81%91%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA%E3%81%AE%E9%9F%B3%E3%81%AF%E3%81%86%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8B/

猫にしか聞こえない音の中で、猫が好きな音についてご紹介します。

ネズミの足音、鳴き声は猫にしか聞こえない音
サイレントニャーは猫にしか聞こえない音
猫にしか聞こえない音の中で、猫が好きな音といえばやはり「ネズミが出す音」です。猫は、20m先のネズミの鳴き声や足音が聞こえるとされています。猫にしか聞こえない音であるネズミの鳴き声や、足音は、猫が持つ狩猟本能を掻き立てる、大好きな音とも言えるかもしれませんね。

また、人間には聞く事ができない猫にしか聞こえない音という点で「サイレントニャー」が挙げられます。サイレントニャーとは、子猫が母猫に甘える時に出される高い周波数の鳴き声だと言われています。

https://nekochan.jp/knowledge/article/2657#anchor2

猫の聴力について
猫 耳
ネコの聴力は可聴域が25~78,000Hzと幅広いです。
ちなみにイヌの可聴域は65~50,000Hz、人は16~20,000Hほどと言われており、ネコは人が聞き取れない超音波も聞き取れています。

先程低い音が苦手と紹介しましたが、実は音程の聞き分けというのも高い音の方が得意です。

これは、ネズミなどの小動物が発する小さな声でも聞き取れるように、聴力を発達させた結果です。

超音波レベルの高音が聴き取れる猫は、部屋にいながらも室外の音が聴き取れます。
そのため、猫には日常生活の中で嫌いな音、怖い音は人間よりも圧倒的に多いことでしょう。

特に人間が聞いてもうるさく聞こえる掃除機やドライヤーの音、お腹に響くような重低音で爆発的な響きを放つ花火や雷の音は猫にとってとてつもなく大きく、破壊力がある違いありません。

◆なぜ猫には嫌いな音があるのか
音に関するこうした好みには、あらゆる動物に共通することをアメリカの博物学者、ユージン・モートンが明らかにしました。

モートンは、鳥類と哺乳類を合わせた合計56種類の動物の声を分析したところ、低くうなるような声を出すときは不快・恐怖・怒りなどマイナスの感情を表し、高く鼻から抜けるような声を出すときは興奮・喜びなどプラスの感情を表すという「音程の法則」を発見しました。

猫の怖がる掃除機やドライヤー、雷や花火の音は爆発的で、大きく、また長く続く低音という共通点があります。モートンの「音程の法則」に照らし合わせると、大きく低い音は不快・恐怖・怒りなどマイナスの感情を表していることになります。

また、モートンはカエルや鳥は、体が大きくて闘争能力が高く、攻撃的な個体ほど低い声で鳴くと発表しています。この原則が猫にも当てはまると考えると、猫にとって掃除機やドライヤー、雷や花火の低くて大きな音は、体が大きく力の強い個体が、怒り狂って襲ってくる、という場面を連想させ、怖がるのかもしれません。

◆猫が好むしゃべり方「ぺティーズ」
猫が好む音もあります。先に記したモートンの「音程の法則」では、子猫のなき声あたりの2000~6000ヘルツの音程は猫に興奮・喜びなどプラスの感情を示します。

猫の好きな音はハッピーな感情を呼び起こす「小さくて甲高い」音。猫に好かれようとするならば、囁くように、高めの声で猫に話しかけましょう。

これを日常的に取り入れる話し方があります。言葉を理解できない乳幼児に対し、大人が話しかけるときの万国共通の話し方である「マザリーズ」のペット版「ペティーズ」です。猫に対して赤ちゃんに対して話しかけるようにします。

具体的には猫に対して、高めの声で、短い繰り返しの声かけや単純な言葉使いをし、あるいは「〜だね?」と言った付加疑問文などで話しかけることです。「おいしい?」「お利口だね」「可愛いね」「もうねんねしようか?」「一杯食べたね、偉いね!」という風に。少し恥ずかしいかもしれませんが、猫と仲良くなれると思えば試してみたくありませんか?

いきなり低い大きな声で話しかけたり、笑ったりしたら猫が怖がるかもしれませんよ。

https://psnews.jp/cat/p/29338/#1-1

19キロヘルツの猫にしか聞こえない音波
猫にしか聞こえない音の中で、猫が嫌うものは19キロヘルツ程度の「キーン」「ジー」等と鳴るモスキート音です。野良猫が庭や玄関先に侵入するのを防ぐ為の「猫避けグッズ」に取り入れられているのがこの19キロヘルツのモスキート音なのです。

ただ、19キロヘルツ程度であれば、人間でも聞こえる場合もあります。その為、猫避け用のモスキート音がうるさい、耳が痛いと感じる方も多いようです。

猫にしか聞こえない音を流せるアプリ『超音波バリア』
「猫にしか聞こえない音を流せるアプリ」なるものが配信されているようです。調べてみると、どうやら上記の動画にもあった「超音波バリア」の事で、猫にしか聞こえない音で猫が嫌がる周波数(19kHz)の超音波が内蔵されているようです。

猫以外にも、蚊やハエ、犬、ネズミ、若者(人間)に対応しています。

この猫にしか聞こえない音を流せるアプリ『超音波バリア』も、猫によって反応は様々であるようです。ただ、比較的嫌がる猫が多い事から、危険な場所に入ろうとした時や、悪戯をした時に流す等、しつけに取り入れる飼い主さんも居るのだとか。どちらにしても、ストレスになりかねないので、多用は厳禁ですね。


https://nekochan.jp/knowledge/article/2657#anchor2

 

youtube
https://www.youtube.com/channel/UCfgWwDUK80Gc6EX9Jpcw9-w

bandcamp
https://healwithrife.bandcamp.com/

booth
https://healwithrife.booth.pm/

patreon
https://www.patreon.com/HealWithRife

ko-fi
https://ko-fi.com/healwithrife