Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ。HwR(ヒール・ウィズ・ライフ)。ライフ周波数、ソルフェジオ周波数、バイノーラル・ビート、音楽療法。サウンド・セラピーを提供。

ライフ周波数 リスト 日本語  有益、「正常化」、刺激を行う周波数 Beneficial, ‘Normalizing', and Stimulating Frequencies

下記は、ライフ周波数のリスト(日本語)です。

 

有益、「正常化」、刺激を行う周波数 ライフ周波数 リスト 
Beneficial, ‘Normalizing', and Stimulating Frequencies


このページの最終更新日は2020年7月14日です!
以下の周波数は、一般的に「病原体を吹き飛ばす」という「ライフ周波数」のアプローチではなく、「バイオエナジェティックまたはバイオレゾナンス栄養/バランシング」のカテゴリーに分類されます。これらの実験的な周波数は、身体システム機能の「バランス」、「正常化」、「刺激」として提供されます。
これは、身体を生化学的な「機械」ではなく、エネルギー的なシステムとして捉え、理解することに合致します。共鳴エネルギーは、理論的には「エネルギー情報」として身体に受け取られます。

ジェームス・L・オッシュマン医学博士("Energy Medicine, The Scientific Basis")とリチャード・ガーバー医学博士("Vibrational Medicine For The 21st Century")の著書は、このテーマをさらに研究することに興味のある人たちに、この視点の背景をさらに説明してくれるでしょう。

これらの特定の目的のためにこれらの周波数を使用することに伴う「意図性」の潜在的な力もまた、見落とされたり過小評価されたりしてはならない。まだまだ学ぶべきこと、書くべきことは多い。これらの周波数の研究応用とその結果についてのフィードバックを歓迎する。

副腎機能の正常化 1335 Hz

下垂体機能の正常化 635 Hz

HGH産生の増加/正常化を刺激する [下垂体] 1725 Hz, 645 Hz, 1342 Hz

正常な松果体機能を刺激する 480 Hz

正常化した視床下部機能を刺激 1534 Hz, 1413 Hz, 1351 Hz

内分泌系機能の正常化 1537 Hz

免疫系機能を刺激/正常化する 835 Hz

大腸機能の正常化 635 Hz

甲状腺機能の正常化 763 Hz

プロゲステロンレベルの正常化;(順番に)763 Hz, 1446 Hz, 1443 Hz, 763 Hz

エストロゲン産生レベルの正常化:男性&女性 1351 Hz

テストステロン産生レベルを正常化する: 男性 1444 Hz

テストステロン生産レベルを正常化する: 女性 1445 Hz

正常な膵臓機能を刺激する 654 Hz

正常な肝機能を刺激する 751 Hz

この続きはcodocで購入