Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

シューマンレゾナンス シューマン共振 7.83Hzの周波数 7.8、14、20、26、33、39、45Hz 7.83 Hz(一次)、 14.1 Hz(二次)、 20.3 Hz(三次)

シューマン・レゾナンスとは?
シューマン共振は、ある人は母なる地球の鼓動と呼び、またある人は地球の振動と呼びますが、実は周波数の一つです。それは7.83Hz、つまり私たちの地球の電磁周波数を測定したものです。
https://www.learning-mind.com/schumann-resonance-human-consciousness/

 

視聴する場合は、こちらから。

 

7.83Hz シューマン共鳴
https://healwithrife.bandcamp.com/album/783-hz-schumman-resonance-earth-resonance-frequency-sawtooth

 

シューマンレゾナンスの用途と効果
グラウンディング、安定性、幸福感、など。

7.83Hzの用途は...
狭心症;周波数疲労;原因不明の頭痛;高血圧;不眠;神経質-プロザックの動揺;リラックス;どもり;ウェルネス;地球、共振(シューマン共振)
https://altered-states.net/barry/newsletter420/Frequency-List.pdf

7.83Hzの用途は...
アースレゾナンス、グラウンディングシューマンレゾナンス、マインドコントロールへの対抗、学習の促進、ストレスの多い状況への耐性強化
https://zemirahealing.com/radionics.html

7.83Hzの用途は...
アカシジア狭心症、心臓性不整脈、おねしょ、ベル麻痺、脳ベータ刺激、うつ病全般、デトックスとリンパ、周波数疲労、頭痛、高血圧、不眠症、リンパとデトックス精神障害、神経障害と神経痛、神経過敏、プロザックの動揺、リラックス、シューマン共鳴、どもり、幸福

【CAFLリスト】
アカシジア狭心症、心臓性不整脈、おねしょ、ベル麻痺、脳ベータ刺激、うつ病全般、デトックスとリンパ、周波数疲労、頭痛、高血圧、不眠症、リンパとデトックス精神障害、神経障害と神経痛、神経過敏、プロザックの動揺、リラックス、シューマン共鳴、どもり、ウェルビーイング

“7.8 シューマン共振(7.83HZ参照)、超能力の活性化;Doyereのグループ(1993年)は、7.7Hzの短い高周波バーストが、1日だけだが、前頭前野のLTPを誘導することを発見した。
7.8-8 超能力、超常現象を刺激する。
7.83 - 地球共振、グラウンディング、「シューマン共振」。時差ぼけ防止・緩和、マインドコントロールを防ぐ、ストレス耐性の向上、サイキックヒーリングの実験、下垂体を刺激して成長ホルモンを分泌させる(筋肉の発達、怪我の回復、若返り効果)、地球共振周波数-「田舎で一日過ごしたような元気な気分になる。 '; 加速された治癒/強化された学習の報告 - "地球の自然な脳波" [HSW]は、シューマン共振の倍音も7.83HZができるのと同じ方法で下垂体を刺激することができると指摘しています – 特に31.32HZ。”
http://www.geocities.ws/rhinofoob/

7.83が基本的なシューマン共振とされていますが、その他の周波数は1秒間に6~50サイクルの間で発生しており、具体的には7.8、14、20、26、33、39、45ヘルツで、1日の変動は約±0.5ヘルツ(Hz)です。
アルファ波 (7~12Hz) :正常な成人のリラックスした状態で見られる主要なリズムです。人生のほとんどの時間帯に存在します。覚醒しているが、情報を積極的に処理していない時の一般的な状態と考えられています。アルファは、創造性(創造的な人は、話を聞いて解決策を導き出すときにアルファ波を示す)や精神的な作業に関連しています。また、アルファ波の活動は、全体的な精神や心身の調整、落ち着き、注意力、学習にも関連しています。
https://www.biologicalmedicineinstitute.com/post/2019/09/20/schumann-resonances-and-their-effect-on-human-bioregulation

母なる地球の自然な心拍リズムは7.83Hzの周波数で、「シューマン共振」としても知られています。7.83Hzの周波数は、人間の脳におけるアルファ/シータ脳波の周波数です。アルファ/シータの脳波周波数は、リラックスした夢見心地の眠い状態で、それは細胞の再生や治癒が起こるときでもあります。最近の人々、特に大都市では、バランスが悪く、イライラしたり、反応したり、怒ったり、病気が天文学的な数で増加しているのは驚くことではありません。私たちはテクノロジーの時代に生きており、表面的な波長が自然の地球の周波数を乱しています。Wifi、携帯電話、そして様々な電子機器が私たちの日常生活の一部となっています。私たちの生体電磁波のバランスが崩れているのもそのためです。私たちは、地球の電磁波からバランスを崩しているのです。例えば、携帯電話やテレビ、ラジオなどに使われている高周波の周波数は、30,000Hzから3,000億Hzと言われています。これは、地球が放射している7.83Hzよりもかなり多い量です。これでは、私たちがバランスを崩し、癒しを求めるのも無理はありません。
電力供給システム、通信、電化製品、コンピューターなど、人間が作り出したテクノロジーから発生する電磁場は非常に強力であり、場合によっては、がん、心臓病、うつ病などの発症率の増加に関連していると言われています。住宅地や特定の職業で強い電磁界にさらされると、上記の病気の発生率やリスクが著しく高まることが記録されています。
地球独自の周波数である7.83Hzに同調すると、学習・記憶力の向上、身体の若返り、バランス、ストレス耐性の向上、抗ジェットラグ、抗マインドコントロールグラウンディングなどの効果が得られることが科学的な実験で証明されています。一方で、シューマン共振、つまり7.83Hzの周波数にさらされる環境を個人から取り除いた実験も行われています。その結果、片頭痛や精神的苦痛などの健康被害が報告されています。このことからも、地球の磁場に合わせることの重要性がわかります。
生体電磁場のバランスを整え、地球の電磁波と再びつながるためには、脳波エントレインメントを利用するのが最も早い方法です。
https://www.drskinhealth.com/blog/schumann-resonance

周波数疲労とは、周波数を使うことによる(デトックスではない)疲れのことです。

母なる地球の自然な心拍リズムは7.83Hzの周波数で、「シューマン共振」としても知られています。7.83Hzの周波数は、人間の脳におけるアルファ/シータ脳波の周波数です。
生体電磁場のバランスを整え、地球の電磁波と再びつながるためには、脳波エントレインメントを利用するのが最も早い方法です。
https://www.drskinhealth.com/blog/schumann-resonance

シューマン共振あるいはシューマン共鳴は、地球の地表と電離層との間で極極超長波 (ELF) が反射をして、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したものをいいます。その周波数は7.83 Hz(一次)、 14.1 Hz(二次)、 20.3 Hz(三次)、……と多数存在すし、常に共振し続けているので常時観測できます。
1952年、ドイツの物理学者であるヴィンフリート・オットー・シューマン (Winfried Otto Schumann, 米国イリノイ大学在籍) により発見されました。
シューマン共振のエネルギー源は、雷の放電や太陽風による電離層の震動だといわれています。
https://www.youtube.com/watch?v=z0YLLCGnKzY

シューマン共振は、電磁スペクトル[2]の3Hzから60Hzの部分の主要な背景であり[3]、極低周波(ELF)の7.83Hz(基本)[4]、14.3、20.8、27.3、33.8Hz付近で明確なピークとして現れる [5].
https://www.centurion-systems.com/wp-content/uploads/2018/09/Schumann-Resonance-Centurion-2018.pdf

7.83は基本的なシューマン共振と考えられているが、他の周波数も1秒間に6~50サイクルの間で発生する。具体的には7.8、14、20、26、33、39、45Hzで、1日の変動は約±0.5Hzである。
アルファ(7-12 Hz)は、正常でリラックスした成人に見られる主要なリズムです。人生の大半の時間帯に存在します。覚醒しているが、積極的に情報を処理していない時によく見られる状態と考えられている。アルファは、創造性や精神的な作業と関連しています。また、アルファの活動は、全体的な精神や身体と心の調整、落ち着き、覚醒、学習にも関連しています。
https://www.biologicalmedicineinstitute.com/post/2019/09/20/schumann-resonances-and-their-effect-on-human-bioregulation

母なる地球の自然な心拍リズムは、7.83Hzの周波数で、別名シューマン共振と呼ばれるものです。7.83Hzの周波数は、人間の脳内のアルファ/シータ脳波の周波数です。アルファ/シータ脳波の周波数は、リラックスした、夢のような、眠い状態で、それは細胞の再生と治癒が起こるときでもあります。現代人、特に大都市の人々が、バランスを崩し、イライラし、反応し、怒り、そして病気が大量に増加しているのは、驚くにはあたりません。私たちはテクノロジーの時代に生きており、表面的な波長が自然の地球の周波数を乱すのです。Wifi、携帯電話、そしてさまざまな電子機器が私たちの日常生活の一部となっています。生体電磁波のバランスが崩れているのもそのためです。私たちは地球の電磁波の周波数からバランスを崩しているのです。例えば、携帯電話やテレビなどの電源である高周波電磁波の周波数は、30,000Hzから3,000億Hzです。これは、地球が放射する7.83Hzよりもはるかに多い周波数です。
"電気通信やコンピューターなど、人間が生み出した技術によって発生する電磁場は非常に強力で、場合によっては、がんや心臓病、うつ病などの発症率の上昇に関係していることもあります。強い電磁場にさらされると、リストアップされた病気の発生率やリスクが高まることが記録されています。
科学的な実験では、地球が持つ磁気の周波数である7.83Hzに同調することで、学習や記憶の強化、体の若返り、バランス、ストレス耐性の向上、抗時差ボケ、抗マインドコントロールグラウンディングといった効果が得られることが証明されています。また、シューマン共振、7.83Hzの周波数の暴露を個人の環境から取り除く実験が行われました。被験者は頭痛や感情的な苦痛などを報告した。地球の磁気の周波数に同調することは重要です。
生体電磁界のバランスを整え、地球の電磁波と再びつながるための最速の方法は、B.E.F.R.C.を使用することです。

アルファ波 (7~12Hz) :正常な成人のリラックスした状態で見られる主要なリズムです。人生のほとんどの時間帯に存在します。覚醒しているが、情報を積極的に処理していない時の一般的な状態と考えられています。アルファは、創造性(創造的な人は、話を聞いて解決策を導き出すときにアルファ波を示す)や精神的な作業に関連しています。また、アルファ波の活動は、全体的な精神や心身の調整、落ち着き、注意力、学習にも関連しています。
https://www.biologicalmedicineinstitute.com/post/2019/09/20/schumann-resonances-and-their-effect-on-human-bioregulation

有益な効果を保証するものではありません。あくまでも研究者からの報告です。
http://www.electroherbalism.com/Bioelectronics/FrequenciesandAnecdotes/CrossReference.htm