Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

花粉症には強ミヤリサン錠とフラクトオリゴ糖! 整腸剤 ビオスリーHi ビオフェルミン 長沢オリゴ ガラクトオリゴ糖 宮入菌 酪酸菌 ビオチン療法 アトピー 小柳津広志

花粉症 緩和 改善策 ミヤリサン 酪酸菌(宮入菌) 長沢オリゴ フラクオリゴ糖ラクオリゴ糖 強ミヤリサン錠 整腸剤 

 

私は新ミヤリサンアイジ整腸薬を推奨します。
粉末タイプがおすすめです。
量の調整がしやすいからです。
量を誤ると下痢や便秘になりえるからです。
錠剤だと効き目が強いので、量の調整がしづらいです。
粉末タイプは赤ちゃんでも食べれますので、安心かと思います。

 

花粉症でお困りの人は、
改善策として、
ミヤリサンを飲むことをおすすめします。

ミヤリサンは、便秘や下痢、皮膚トラブル(アトピー掌蹠膿疱症など)
解消効果が期待できる整腸剤です。
Amazon「整腸剤の売れ筋ランキング」でも、長らく堂々の1位。
信頼を集めている整腸剤の一つです。
http://miyarisan.net/wp/2017/05/02/basic-guide/

 

【第3類医薬品】新 ミヤリサン アイジ 整腸薬 40g

 

 

 

宮入菌末    162mg    

はたらき;腸内において発育し、有機酸(酪酸、酢酸)並びにビタミンB群を産生し、腸内有益菌(ビフィズス菌・乳酸菌)の発育を助長し、腐敗や異常発酵の原因になる有害細菌の発育を抑制して腸の働きを正常にします。

 

■強ミヤリサン錠の成分
宮入菌…270㎎

強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]


 


【ミヤリサン】強ミヤリサン 錠 330錠入【乳酸菌】【医薬部外品


 


くらしリズム メディカル ミヤフローラEX (230錠) 消化促進 整腸 ウルソデオキシコール酸 【指定医薬部外品

 


 

ミヤリサンって、実は歴史が長いんです。
ミヤリサン製薬株式会社が製造販売を始めたのは1940年のこと。
発売からなんと約80年。歴史ある“ロングセラー整腸剤”なんです。

ミヤリサン錠と強ミヤリサン錠の有効成分は、「酪酸菌(宮入菌)」と呼ばれる菌。
ミヤリサン製薬創始者である医学博士・宮入近治氏が、1933年に発見した菌なんだとか。

宮入菌の特徴は、次の2つ。

腸内にもともと存在する常在菌である
胃酸や熱に強い
宮入菌は、腸内にもともと存在している菌。足りない分を補うイメージで飲めますね。
しかも胃液に負けなというのは、大きなポイント。生きたまま腸に届く猛者(もさ)なんです。

<ミヤリサンの効果>
整腸(便通を整える)/軟便/便秘/腹部膨満感

便秘や下痢が解消したり、あとは便の色が明るくなったり。
さらにミヤリサンの効果の中で特に注目したいのが、掌蹠膿疱症や主婦湿疹など「皮膚トラブル」に対する効果です。

また、ミヤリサンの副作用として、「便秘が一時的に悪化した」、「飲み始めに下痢をした」
「おならが頻繁に出る」などの口コミも見られます。つまりミヤリサンの副作用は、「便秘・下痢・おなら」と考えられます。
http://miyarisan.net/wp/2017/05/02/basic-guide/

ゴボウを食べると花粉症が治る
花粉症とは炎症の一種であることがわかった。

ゴボウには「フラクオリゴ糖」が多く含まれている

ラクオリゴ糖をとると、酪酸菌が増える

酪酸菌は体内の炎症を抑える
https://note.com/akatukich2021/n/nf23eb54cbb6c

ビフィズス菌より酪酸菌のほうが大事
酪酸菌(宮入菌)は花粉症にも効果あり

ラクオリゴ糖を摂取することで、
善玉菌の一つである酪酸菌が活発となり、
花粉症をはじめとするアレルギーの改善を期待できる

花粉症は、炎症の一種
炎症を抑えることで花粉症が治る
その鍵を握るのが酪酸
酪酸菌は、誰もが大腸に飼っている

酪酸菌の働きを活発にするために、エサを与える必要がある
エサとして、フラクオリゴ糖という水溶性食物繊維を与える
善玉菌を活性化させる「フラクオリゴ糖

長沢オリゴの原材料はフラクオリゴ糖とガラクオリゴ糖

https://note.com/wakayama2020/n/nad7f65742dc4

ミヤリサンで肌荒れ、便秘も解消!

ミヤリサンを飲んで実感している効果としては、大きくはこの3つです。

便通がよくなる
肌荒れしにくくなった
花粉症が改善した(ほぼ治った)

https://www.cloverbooks.com/blog/miyarisan

酪酸菌を増やすのに役立つのが、強ミヤリサンというわけだ。

私自身馴染みのない整腸剤であったが、
アマゾンでも購入できるのでかなり入手しやすい定番のサプリメントである。

素直な私は、すぐに長沢オリゴとセットでの摂取を開始し、長沢オリゴの効果が倍増したように感じた。
https://shintahosokawa.com/2020/04/14/improve-intestine-supplements/

小柳津広志(おやいづひろし)
著書『花粉症は1日で治る!』
東大博士が断言

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花粉症は1日で治る! [ 小柳津 広志 ]
価格:1,430円(税込、送料無料) (2023/9/24時点)


 


 著書の小柳津広志さんは微生物分類学と微生物生態学の分野で世界で知られる存在で、2016年、東京大学を定年の2年前に早期退職し、得意な料理を活かそうと考えて、高齢者のための減塩レストランを開店されました。

そのレストランで、腸内フローラを整える料理を提供したところ、お客さんのほとんどの方の花粉症や気管支喘息の症状が出なくなりました。その口コミで、レストランの利用者が増え、数千人になったそうです。

また、レストランのお客さんから、アレルギーが良くなったという声だけではなく、うつ病や糖尿病、認知症の症状にも効果があったそうです。

ラクオリゴ糖酪酸菌を食べると腸内環境が良くなる!
小柳津さんは腸内フローラを整えるためにフラクオリゴ糖酪酸菌を摂ることを勧めています。

ラクオリゴ糖酪酸菌の効果は?
ラクオリゴ糖を摂ると、次のような効果が現れるそうです。

体の炎症を抑え、アレルギー症状が改善される
著者の小柳津さんによると、炎症は全ての病気の原因になっていて、花粉症では、炎症が鼻や目、皮膚などに起こり、うつ病では脳に炎症が起こっているそうです。

しかし、酪酸菌が増えると炎症が抑えられて、次の病気が抑制されるそうです。

花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物アレルギー、ペットアレルギー、光線過敏症、金属アレルギー、寒暖差アレルギー、痔、関節リウマチ、潰瘍性大腸炎うつ病パニック障害自律神経失調症睡眠障害過敏性腸症候群、肌のシミ・シワの抑制、虫刺されによる腫れ

https://create-myway.com/4498/

ラクオリゴ糖は多く含まれている食品は次の通りです。

ニンニク
玉ねぎ
ネギ
アスパラガス
バナナ
https://alloeh.jp/articles/368

腸活のためミヤBM錠といっしょに飲んでます。
酪酸菌がエサに使っているようですが確実にガスが増えます。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B4%E7%B3%96%EF%BC%88%E5%9B%BD%E5%86%85%E8%A3%BD%E9%80%A0%EF%BC%89200g-%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%8D%E3%81%B3%E7%94%B1%E6%9D%A5-NICHIGA-%E3%83%8B%E3%83%81%E3%82%AC-%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B4%E3%81%AE%E7%8E%8B%E6%A7%98/dp/B07XSJHJZP/ref=sr_1_9?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=1Z1KRQ0FA25UP&keywords=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B4%E7%B3%96&qid=1687246413&s=food-beverage&sprefix=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B4%E7%B3%96%2Cfood-beverage%2C167&sr=1-9&th=1

せっかく腸の中の善玉菌が増えても、”エサ”の摂取を意識しなければ、腸活において「効果が感じられにくい」傾向があります。善玉菌を活性化させるための食品を上手に摂取することが、腸活成功のカギとなるようです。

 そこで、今すぐ育菌が実践できる食品が「フラクオリゴ糖」。アレルギー研究の権威である東大微生物博士・小柳津 広志先生の著書『花粉症は1日で治る! 東大の微生物博士が教える』でも、フラクオリゴ糖が花粉症の改善に効果的と提唱しています。

 フラクオリゴ糖を摂取することで、善玉菌の一つである酪酸菌が活発となり、花粉症をはじめとするアレルギーの改善を期待できると言われているのです。バナナやタマネギなど、自然由来の食物から摂取する方法もありますが、より簡単に効率的に摂取するなら、「フラクオリゴ糖」の液状タイプを摂り入れるのがおすすめ。

 ヨーグルトに入れたり、煮物に入れたり、砂糖の代替として使えます。白砂糖よりもまろやかで、やさしい甘さが特徴。腸内環境が整えば、便通改善など身体全体の健康にも関わってくるでしょう。花粉症対策として、フラクオリゴ糖は覚えておきたい食品ですね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bdfa8abe034cd1dac86d340e7ac9162db1becf6d

ラクオリゴ糖は花粉症に効かない!?
ラクオリゴ糖を摂取しても花粉症が改善しなかったという方がちらほらいらっしゃるようです。

しかし、私は3日ほどで効果を感じることが出来ました。
今では花粉症の薬を飲まなくても鼻詰まりが起きなくなりましたよ。

なぜフラクオリゴ糖が効果がなかったの?
私が考えるに、フラクオリゴ糖が効果が無かった人の腸内には酪酸菌が少ないのだと思います。

腸内フローラに属する菌類は個人差があります。
地域や食生活によっては菌に偏りがありますね。

酪酸菌で有名な「ミヤリサン」も。宮入菌という酪酸菌は健康な人の腸内から発見されました。
その菌を取り入れることで健康に良いと考えられたんですね。
これはビオフェルミンも同じで、乳酸菌ですが、健康な人の腸内から発見されたものですね。

ということは不健康な人の腸内からはあまり発見されないということですね。

事実、私は数年前からミヤリサンなどの酪酸菌整腸剤を摂取していましたが、それほど花粉症は改善していませんでした。
ところが今シーズンにフラクオリゴ糖のことを知ったので、一緒に取り始めたら劇的に改善しました。

https://toku-mo.com/sarakike-health/2023/04/1785

そのため「腸に届く効率」という意味ではミヤBMの方が有利です。
https://druginformation-clinic.com/miyabm-biofermin-difference/

【1. フラクオリゴ糖とは】
ラクオリゴ糖は、果物や野菜、穀類などに含まれる食物繊維の一種で、人間の消化酵素では分解されずに腸内細菌が発酵してエネルギー源として利用されます。また、フラクオリゴ糖には、善玉菌を増やす作用や、免疫力を高める作用などがあるとされています。

この善玉菌の主なものが最近話題の「酪酸菌」です。

この酪酸菌が増えることによって花粉症などのアレルギー反応を抑えてくれるのです。

酪酸菌とフラクオリゴ糖の関係
ラクオリゴ糖は、腸内環境を整え、善玉菌である酪酸菌を増やすことで、花粉症の症状を緩和することができるということがわかってきました。しかし、酪酸菌は花粉症の改善だけではなく、他の健康面でも重要な役割を果たしています。

酪酸菌は、大腸で働く善玉菌のひとつで、食物繊維を分解して酪酸を生み出します。酪酸は、腸粘膜を保護し、腸内環境を整える働きがあります。また、酪酸は腸内細菌のエネルギー源となるため、腸内細菌のバランスを整えることで、免疫力を高めることにもつながります。

一方、酪酸菌の数が減ると、有害な腸内細菌が増加し、免疫力の低下や炎症の原因になることがあります。加齢やストレス、抗生物質の使用などが原因で、腸内細菌のバランスが崩れることがあります。このような場合には、フラクオリゴ糖などのプロバイオティクスを摂取することで、腸内環境を整え、酪酸菌を増やすことができます。

さらに、最近の研究により、腸内細菌のバランスが、肥満や糖尿病、うつ病などの生活習慣病にも影響を与えることが明らかになってきました。そのため、腸内環境を整えることは、健康的な生活を送る上で非常に重要なこととなっています。

このように、フラクオリゴ糖は、酪酸菌の餌として働き、腸内細菌のバランスを整えることで花粉症の症状を和らげる効果が期待されています。ただし、過剰な摂取は避ける必要があります。適量のフラクオリゴ糖を摂取することで、腸内細菌のバランスを整え、免疫力を高めることができます。

また、花粉症と腸内細菌の関係についても、近年の研究で注目を集めています。花粉症の発症と腸内細菌のバランスには密接な関係があることがわかってきました。具体的には、腸内細菌の種類や量が花粉症の発症リスクに影響を与えることが示されています。また、善玉菌である酪酸菌を増やすことで、花粉症の症状を軽減することができるという研究結果もあります。

さらに、フラクオリゴ糖は花粉症だけでなく、様々な健康効果が期待されています。例えば、便秘の改善や肥満の予防、血糖値の調整、免疫力の向上などが挙げられます。これらの健康効果は、腸内細菌のバランスを整えることで実現されるものです。

総じて、フラクオリゴ糖は、酪酸菌の餌として働き、腸内環境を整えることで花粉症の症状を和らげる効果が期待されます。適量の摂取によって、腸内細菌のバランスを整え、健康増進につなげることができます。ただし、過剰な摂取は逆効果になるため、適度な摂取を心がけましょう。

【2. 花粉症とフラクオリゴ糖の関係】

近年の研究により、花粉症の改善にフラクオリゴ糖が効果的であることが示されています。

ラクオリゴ糖は、自然界に存在するオリゴ糖の一種で、特にチコリ根やアーティチョークなどの植物に多く含まれています。また、身近な食べ物としてはゴボウや玉ねぎ、にんにくなどに多く含まれています。

このフラクオリゴ糖には、腸内細菌のバランスを整える効果があり、免疫力を高めることができます。そして、花粉症の改善にも効果があることが明らかになっています。

腸内細菌がバランスを崩すと、免疫力が低下し、アレルギー症状が悪化することが知られています。しかし、フラクオリゴ糖を摂取することで、腸内細菌のバランスが整い、免疫力が高まるため、花粉症の症状が改善されると考えられています。また、フラクオリゴ糖は、腸内環境を改善することで、アレルギー反応を抑制する作用もあるとされています。

ただし、フラクオリゴ糖にはアレルギー反応を引き起こす可能性もあるため、過剰な摂取は避けるようにしましょう。また、フラクオリゴ糖は、一般的に食品添加物として使用されているため、食品に含まれる場合があります。そのため、フラクオリゴ糖にアレルギーがある場合は、食品の表示をよく確認する必要があります。

花粉症は、季節的なものであるため、一時的な対処方法が一般的ですが、フラクオリゴ糖のような食品を積極的に摂取することで、長期的な改善につながる可能性があります。しかし、食品に

含まれるフラクオリゴ糖量は非常に限られているため、サプリメントや加工食品からの摂取が必要な場合があります。ただし、サプリメントや加工食品に含まれるフラクオリゴ糖量は、適切な摂取量を超えることがあります。そのため、適切な摂取量を守ることが重要です。

また、フラクオリゴ糖を摂取することで、腸内環境が改善されるため、花粉症以外にも健康に良い影響が期待できます。腸内細菌のバランスが整うことで、便秘や下痢などの消化器症状の改善につながるほか、免疫力が高まることで風邪やインフルエンザなどの感染症にも効果的です。

総合的に見て、フラクオリゴ糖は、腸内環境を改善することで、花粉症の症状の改善に効果的であると考えられています。適切な摂取量を守り、食品表示を確認することで、安全に摂取することができます。また、腸内環境の改善による健康効果が期待できるため、積極的に摂取することで、健康的な生活を送ることができます。
https://toku-mo.com/sarakike-health/2023/04/1789

https://toku-mo.com/sarakike-health/2023/03/1778

「フラクオリゴ糖」で100の病気が治った

ラクオリゴ糖を摂ると、次のような体の変化が起こります。

①「酪酸菌」が体の炎症を抑える    改善される症状:花粉症、アレルギー性鼻炎
喘息、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物アレルギー、ペットアレルギー、光線過敏症、
金属アレルギー、寒暖差アレルギー、痔、関節リウマチ、潰瘍性大腸炎
うつ病パニック障害自律神経失調症睡眠障害過敏性腸症候群、肌のシミ・シワの抑制、
虫刺されによる腫れの抑制
酪酸は、大腸と回腸からインスリンを放出させるホルモン「GLP-1」を放出させる    
改善される症状:糖尿病
酪酸は、大腸細胞のエネルギー源になって大腸細胞を元気にする    
改善される症状:便秘、下痢、骨粗しょう症
④作用は分からないが改善される症状・作用    
肌水分が上がりつるつるになる、血行を良くして冷え性を改善、記憶力が良くなる、
目覚めが良くなる、血管が太くなる、風邪やインフルエンザになる回数が減る
《参考》天然チコリ由来 フラクオリゴ糖

リーキーガットを防ぐのは、「酪酸菌」と大腸の表面で増殖する「アッカーマンシア菌」です。

ですから、「フラクオリゴ糖」を摂っていればリーキーガットを防ぎ、自己免疫疾患の発症を予防できると考えています。

セロトニンは、人間の中で生成できる物質です。たとえば、朝日を浴びるだけで脳の中にセロトニンが生成されます。

そのセロトニン作用を上げる薬として抗うつ剤向精神薬)の投与が一般的ですが、非常に危険です。

向精神薬の投与を続けていくことでシナプスが破壊されていき、自殺するときの恐怖心がなくなっていきます。

日本で年間2万人を超える自殺者のうち、うつ病の占める割合は高く、30代・40代の自殺者のほぼ100%が、向精神薬を飲んでいるのです。

また、向精神薬は総合失調症を患う危険性も秘めています。

そこでもおすすめしたいのが、「酪酸菌」です。酪酸菌は、継続的にセロトニンを増やすことができるので、フラクオリゴ糖を摂ることでうつ改善効果が持続します。

https://organic-information-centre.com/curing-hay-fever-04/

ベルギー産の天然チコリを100%使用して作られたフラクオリゴ糖です。

ラクオリゴ糖は約97.5%含有しています。


 

 

https://oceans.tokyo.jp/article/detail/26807

4?に1?が腸活で花粉症の症状が「改善した」と実感!花粉症対策には、良い菌とその“えさ”の摂取が重要と判明!
料理研究家は“えさ”としてフラクオリゴ糖の活?をおすすめ
2,739名に聞いた「花粉症と腸活に関する意識調査」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000057086.html

ラクオリゴ糖摂取(酪酸菌)による効果の数々

全身のアレルギー性疾患を抑える。花粉症、喘息、アレルギー性鼻炎に効果大。
アトピーの場合は、アレルギー由来のかゆみは抑えられるが、掻きむしったことによる皮膚炎症自体には効果はない。
便秘や軟便も改善。が、大腸の動きが鈍っている機能性便秘症には効果なし。痔は全身の炎症が抑えられることにより、数日で治る。
酪酸によってインスリン分泌促進ホルモン GLP-1 が分泌、空腹時血糖値を低下させる。(食後高血糖には効果はないので、その場合は糖質制限など併用のこと)
肌荒れに効果あり。1か月程度で改善。
冷え性にも効果あり。
粘膜が強くなり、風邪やインフルエンザにも強くなる。
骨粗しょう症も改善

http://kouhukuningen.com/kijiitiran/nagasawaorigo.html

Ⅰ.抗生物質に対する耐性
ビオフェルミンミヤBMの一番の違いは、抗生物質に対する耐性です

簡単にいうと、

ミヤBM抗生物質と併用できる
ビオフェルミン抗生物質と併用できないため、ビオフェルミンRに変更しないといけない
という違いがあります。

ビオフェルミンに含まれるビフィズス菌も、ミヤBMに含まれる宮入菌も「菌」です。そのため感染症の治療で抗生物質を服用すると、身体にとって有害な菌も殺されますが、ビフィズス菌や宮入菌も殺されてしまう可能性があります。

ビオフェルミンに含まれるビフィズス菌は、抗生物質と一緒に服用すると抗生物質によって殺菌されてしまいます。そのため抗生物質を服用している時にビオフェルミンを服用してしまうと意味がありません。

この場合は「ビオフェルミンR」という抗生物質に耐性(Resistance)を持った整腸剤に切り替える必要があります。

抗生物質を服用していない時はビオフェルミンを服用し、抗生物質の服用が始まったらビオフェルミンRに変える。そして抗生物質の服用が終わったらビオフェルミンに戻さないといけません(抗生物質を飲んでいない時にビオフェルミンRは保険上使う事が出来ません)。

一方でミヤBMに含まれる宮入菌は、強固な芽胞に包まれているという特徴を持った菌であり、抗生物質に元々耐性を持っています。そのため抗生物質を飲んでいても服用する事が出来ます。抗生物質併用の有無にかかわらず服用する事が出来るのです。
https://druginformation-clinic.com/miyabm-biofermin-difference/

<有効成分(菌種)>

ビオフェルミン錠剤:ビフィズス菌

ビオスリー配合錠:ラクトミン(乳酸菌)、酪酸菌、糖化菌
https://yakuzaishi.cadical.jp/di/789/

ミヤリサンとビオフェルミン、最大の違いは配合されている「菌」です。比較すると次の通り。

ミヤリサン・・・・・・・・・・・・・酪酸菌(宮入菌)
ビオフェルミン・・・・・・・・・ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌
http://miyarisan.net/wp/2017/05/23/miyarisan-bioferumin/

    ミヤリサン    ビオスリーHi
主成分    酪酸菌(宮入菌)    酪酸
主な働き    腸の正常なバランスを保つ    腸の正常なバランスを保つ
主な効果効能    整腸(便通を整える)、軟便、便秘、腹部膨満感    腸内フローラと大腸バリアを改善し、日ごろの便通を整える
おすすめの方    お腹の調子が悪い方
便が軟らかい方
便秘しがちな方    お腹がゆるくなりやすい方
お腹の張りを改善したい方
腸内フローラと大腸バリアを改善したい方
その他成分    乳糖、トウモロコシデンプン、セルロース、タルク、ステアリン酸マグネシウム、白糖    糖化菌、ラクトミン(乳酸菌)、ポリビニルアルコール(完全けん化物)、ポビドン、バレイショデンプン、乳糖水和物、ステアリン酸Mg
その他特徴    宮入菌は腸内でビタミンB群(B1・B2・B12・ニコチン酸葉酸)をつくる。強い酸度の胃液にもおかされず、生きたまま腸内に達して効果をもたらす。    乳酸菌やビフィズス菌を増やす糖化菌、腸の機能維持に必要な酪酸菌、酪酸菌の増殖を助ける乳酸菌の3種の活性菌が生きたまま届く。
https://www.chounaikankyou.club/article/rakusankin.html#index_id14

酪酸菌製剤一覧・特徴
商品名    成分(1g・1T中)
ミヤBM細粒    宮入菌末40mg
ミヤBM錠    宮入菌末20mg
ミヤBM(ミヤイリキン)の特徴

市販薬ではミヤリサンとして販売
胃酸に安定
抗菌薬に安定のため抗生物質と併用で処方されることあり
酪酸・酢酸を産生
→有害菌の発育を抑え、有用菌を保持
酪酸は腸管内の炎症を抑える
酪酸菌配合剤一覧・特徴
商品名    成分(1g・1T中)
ビオスリー配合錠    ラクトミン(乳酸菌)2mg
酪酸菌10mg
糖化菌10mg
ビオスリー配合OD錠
ビオスリー配合散    ラクトミン(乳酸菌)10mg
酪酸菌50mg
糖化菌50mg
ビオスリー(ラクトミン・酪酸菌・糖化菌)の特徴

ビオスリー配合錠1錠の5倍量が配合散1gに含有
→内服した場合、配合錠2錠分が配合散1gと同等
酪酸菌が抗菌薬に耐性があるため抗生物質との併用でも処方されることあり
ビフィズス菌を増殖させる糖化菌、腸管病原菌(o-157やサルモレラ菌)の増殖を抑制するラクトミンと酪酸菌が配合
糖化菌は乳酸菌を、乳酸菌は酪酸菌を単独時投与に比べ10倍増殖
3成分が相乗効果を発揮
https://pharmacista.jp/contents/skillup/academic_info/intestinal_remedy/2432/

前にビオフェルミンラクトーン(ビール酵母)を併せて飲む時期がありました。
今では、時々ビオスリー、ザ・ガードと太田胃酸の整腸薬(乳酸菌のビフィズス菌ラクトミン、酪酸菌と、生薬)を交互に飲んでいます。
おっしゃる通り、いっぺんに両方飲むよりも、交互に飲む方が胃腸の調子がいいです。


自分は相性の良いヨーグルト、水に溶かした強ミヤリサン、フラクオリゴ糖メインのオリゴ糖シロップを混ぜて子どもと一緒に毎晩食べてます。
便を見る限りかなり良い様子です。


とある美容系YouTuberさんのお勧め
でビオスリー+サンファイバー+
オメガ3(サプリ)の組み合わせが
良いと言っていてこれからトライ
します。
今は酪酸菌+デトミネックス+
バイタス+モリンガを飲んでます。


お通じだけでいうと、3Aマグネシアが私は効果ありました。(夕食後4錠で翌朝朝食は抜かない)
ただ稀に高マグネシウム血症があると知り、エビオスとビオスリーを試したものの効果が続かなかったので、腸には良さそうかと3A、エビオス、ビオスリーを少しずつ併用しています。


強ミヤリサンとワカモトを併用しているのですが、相性はいかがでしょうか?

ミヤリサンとワカモトならばそれぞれの服用量をそのまま飲んでもらって良いです。
酪酸菌とその餌なのでフル摂取でも問題ありません

https://www.youtube.com/watch?v=6K1sC9C3mnk

 

鼻炎・花粉症・アレルギー・鼻水治療用、遠隔氣功治療動画。
https://www.youtube.com/watch?v=r91UgvsZoYY