Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

がん 代替医療 米議会がん問題調査委員会「三大療法よりも、代替医療の方が、末期がん患者を救っている」

代替医療の方が、末期がん患者を救っている

 

その代替医療とは何かというと、「通常医療以外(保険外診療)の医療」を包括してそのように呼んでいます。
がんで言うと三大標準治療(手術、放射線抗がん剤)以外の、その他すべての治療法のことになります。

免疫療法や遺伝子医療といった最先端医療を始め、
健康食品やサプリメントのような身近なもの、
漢方などの東洋医学も日本では代替医療に含まれます。
「補完代替医療」、「民間療法」、「先端治療」などもほとんど同じ様な意味で使われます。

海外ではおよそ半数以上の方が何かしらの代替医療をしているという調査結果が出ている。

日本は代替医療後進国

アメリカなどでは、三大標準治療に限界を感じて、
1990年から国を中心にして代替医療に真剣に取り組んでいます。
米議会がん問題調査委員会で「三大療法よりも、代替医療の方が、末期がん患者を救っている」という報告も出しています。
代替医療に真剣に取り組んでからアメリカは、がんの死亡者数は年々減少傾向にあります。日本は年々増加しているのとは対象的です。
これだけ明確な結果が出ているのにも関わらず、日本では代替医療を行うと異端児扱いされるという残念なことになっています。世界的に見て、日本は代替医療後進国なのです。

https://www.g-ms.co.jp/blog/alternative-medicine/

抗がん剤は時代遅れ?アメリカは抗がん剤を使わない治療にシフトしている
https://www.g-ms.co.jp/blog/five_years_survival_rate/

 がん患者の97%が代替医療を試みる

死亡率減少という朗報に加え、がんと代替医療に関する興味深い調査報告も 最近発表された。フレッド・ハッチンソン癌リサーチセンターの調査報告で、 1997年2月から1998年12月にかけて乳がん、または前立腺がん、大腸がんと 診断されたワシントン州西部に住む大人356人を対象に電話でインタビュー したところ、約97%がなんらかの代替医療を利用しており、その結果、ほぼ 全員が体調がよくなったと答えたという。

健康維持が主な理由だが、約56%はがん治療の一環に代替医療を積極的に組み 込んでいるという。手術だけの患者に比べ、化学療法や放射線療法も受けた 患者の利用が目立った。

また、17%が自然療法やマッサージ療法といった代替医療専門医に通い、20% がバイオフィードバック、催眠療法、イメージ療法、クリスタル療法、キレー ション療法、マグネット療法などのメンタルおよびエネルギーの改善に効果が あるといわれる代替医療を試みているという。中でも最も多かったのは サプリメント利用で65%だった。

 ニューヨークのメモリアル・スローン・ケータリング癌センターもその一つ。 医者と代替医療医がチームを組み、既存医療による治療と患者のニーズに合わ せた代替医療を併用し、最善のガン治療に取り組んでいる。通院でも入院でも 代替医療サービスが受けられる。既存医療と代替医療を組み合わせることで 患者のがんと闘う意欲が高まり、目を見張る治療効果をあげているという。

ここで受けられる代替医療は、マッサージ、針の他に、音楽療法、瞑想、 バイオフィードバック、自己催眠、ヨガといったマインド療法。末期患者の 不安感、痛み、などの緩和ケアに効果にも大きな効果をあげている。 

 がん予防効果で「椎茸」「納豆」が話題に

治療の選択肢が広まったとはいえ、がんから身を守るのがまず第一。そこで 今、アメリカで注目されているのが日本食アメリカでも緑茶、トウフ、味噌 のがん予防効果はすっかり浸透したと言っていい。なかでも、最近では、 「椎茸」と「納豆」のがん予防効果が評価されている。

「椎茸」はがん予防 のほか免疫力を高める働きがあると、健康食品店の定番商品にもなりつつある。 「納豆」については健康関連の雑誌が取り上げ始めたという段階で、日系の スーパーマーケットでしか入手できない、アメリカ人にとってはまだまだ 入手困難な商品のため、「納豆の作り方」を掲載している雑誌もあるほど。 ただ、あのねばりと強い匂いと味が苦手というアメリカ人も多く、 「Nattokinase」というタブレットも販売されている。

「納豆」は、がんを防ぎ、更年期障害の症状を緩和し、血液をサラサラにする ことから脳卒中や心臓発作も予防する――と健康雑誌が大々的に取り上げて いることから、緑茶やトウフに次ぐブームになるのは時間の問題といえそうだ。

抗酸化サプリメントの有効性で議論沸騰

日本食がもてはやされる一方で、がん予防の定番サプリメントが非難の矢面に 立たされている。連邦政府の諮問機関「米国プリベンティティブ・サービス 特別専門委員会」が7月、ビタミンA、C、Eといった抗酸化サプリメントのがん 予防効果に疑問符をつけたからだ。

体内で自然発生する活性酸素ががんを招く。そこでビタミンA、C、Eといった 抗酸化力をもつサプリメンがにわかに注目されたわけだが、同委員会は 「抗酸化サプリメントに関する複数の研究報告を調べたところ、がんおよび 心臓病の発生を食い止めると言いきれるほどの十分な証拠はない」と結論付 けた。

抗酸化物質は確かにがんなどの様々な病気の発生や進行を食い止めるものの、 あくまで食べ物で摂った際に効果があるという指摘もあることから、サプリ メントに懐疑の目を向けた形だ。また、β-カロチンについては、ヘビー スモーカーの服用は逆に発生率を高めると警告している。

この他、サプリメントのがんをめぐる気になる情報については、ハーバード 大学医学部が、カルシウムの過剰摂取は前立腺ガン発症の誘因となることを 発表している。

また、抗酸化サプリメントは、放射線療法、化学療法の副作用を緩和する一方、 治療効果を妨げる恐れがあるといった報告も出ている。ただし、これらを結論 付けるには、さらに今後の研究が必要とされている。 

https://www.health-station.com/d-113.html

丸山ワクチンは、日本医科大学皮膚科教授だった丸山千里が開発した薬剤である。

1976年11月に、ゼリア新薬工業が厚生省に「抗悪性腫瘍剤」としての承認申請を行うが、薬効を証明するデータが提出されていないので1981年8月に厚生省が不承認とした。ただし、「引き続き研究継続をする」とし、異例の有償治験薬として患者に供給することを認め、現在に至る。2019年12月末までに、41万1500人のがん患者が丸山ワクチンを使用している[1]。 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3

実はこの丸山ワクチンは、様々なガンに効果があるとされ 副作用も無いといわれながら、今日まで半世紀近く国の認可を受けていない。 「丸山ワクチンは水と同じ」とその効果に疑問を呈するガン治療の権威もいる

https://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20180109_12.html

 

youtube

www.youtube.com

 

bandcamp
https://healwithrife.bandcamp.com/

booth
https://healwithrife.booth.pm/

patreon
https://www.patreon.com/HealWithRife

ko-fi
https://ko-fi.com/healwithrife