Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

パイロキネシス(念仏発火能力)を持つ人がいる。DewやBMI、テクノロジー犯罪を使っても可能だと思われる。

 

パイロキネシス(念仏発火能力)は実在すると思われる。DewやBMI、テクノロジー犯罪を使っても可能だと思われる。

 

人間は火を念力でコントロールできる。
この力をパイロキネシス(念仏発火能力)という。
これは練習すれば誰もができるに違いない。
ただ真のポテンシャルを発揮すれば良いだけ。

道具を用いることなく炎を発生させることができる「パイロキネシス」。

見つめるだけで火をつける「マッチ人間」と呼ばれたイタリア人のベネデット・スピノは、
自らの超能力を完全に理解し、コントロールする術を会得、
時には有効活用する余裕まで生まれたとされる。

デメトリオ・クローチェ博士という超心理学の研究者と出会い、
博士の支援と指導のもとで、
パイロキネシスの制御方法を習得することができたというのだ。
https://web-mu.jp/history/17925/

 

以下引用。


超能力といっても、その範囲は広い。
相手の思考を読むテレパシーや、
対象となる物体を炎上させるパイロキネシス
未来を言い当てる予知能力、
物理的な障害を越えた先を観る透視など、
その種類は多岐にわたる。


4.念じることで離れたもの動かす力

 「超能力」の定義のひとつを「念じることで離れたものを動かす力」とするのであれば、この定義を満たすことは、
現在の最新技術を用いれば不可能ではない。

 現代の科学で超能力に最も近いものを挙げるとすれば、それは「ブレイン・マシン・インターフェイス」(BMI)である。
ブレイン・マシン・インターフェイスは脳の活動信号を計測し、
その信号を解析することで外部の機械やコンピューターなどを直接制御する技術である。
この技術を活用することで、たとえば手足の運動機能の障害を持つ患者の脳から出される運動指令を読み取り、
義手や車いすを操作することができる。

 ブレイン・マシン・インターフェイスには、侵襲型と非侵襲型がある。
侵襲型は、脳に電極を埋め込むことで神経細胞から電気信号を直接的に取り出すため、
信号の精度が高いという特徴がある。その反面、埋め込むための手術が必要なことから身体への負担が大きくなる。
また、取り出せる信号の範囲が狭いという欠点もある。
 これに対して非侵襲型は、脳の表面にセンサーを着け、外から活動情報を得る。
この方法であれば、身体に負担をかけずに手軽に脳内の情報を得ることができる。
もっとも、頭蓋骨を隔てていることから、侵襲型よりも精度が低いという欠点がある。

 こうしたブレイン・マシン・インターフェイスの研究は世界中でおこなわれており、
現在ではインターネットを介して離れた場所にいるロボットを動かす技術も開発されている。
この技術により、距離が離れたマシンを直接的に触れることなく操作することができるようになる。
超能力(念力)の定義のひとつが「手を触れずに物体を動かす」であれば、
これもまさに“念じるだけで物を動かすことができる能力”といえる。
https://japan-brain-science.com/archives/3379#i4


以下引用。


超能力を研究している超心理学からは「ESP(超感覚的知覚)」と「PK(超常現象)」の二種類に超能力は分かれています。
これらをまとめたものは「PSI(超能力)」と呼ばれており超心理学ではPSIを中心とした研究がおこなわれています。

「スプーン曲げ」などで日本に爆発的な超能力ブームを巻き起こしたユリ・ゲラー
CIAで行われた超能力実験に対して明確な成果を上げて見せ、
CIAから「ユリ・ゲラーは超能力を明確かつ説得力ある形で示した」と御墨つきをもらうほどの優れた超能力者でありました。

1つは「ESP(超感覚知覚)」と呼ばれる通常の感覚器を越えた知覚能力の事で、
千里眼や予知などはこの種類に区分されます。
もう1つは「PK(念力)」と言い、発火や瞬間移動など通常ではありえない超常現象を起こす能力の事を指します。
これらを2種類をまとめたものを「PSI」と呼ぶのです。
https://belcy.jp/37810

 

以下引用。


パイロキネシスと呼ばれる自然発火能力は現代になってもその使い手が現れる程に知られた超能力だ。
パイロキネシスは(念仏発火能力)は対象物を見つめるだけで自然発火させるという超能力で、
歴史上いくつかの事例が報告されてきた不思議な力だ。

2012年の5月にベトナムで少女によるパイロキネシスと思われる事故が発生した。

専門家による詳細な調査の結果、少女の右脳から電波による異常な数値が計測され、
この異常な電波がパイロキネシス現象に関係しているのではないかという結論に至ったのだが、
ベトナム国内では前例が無く世界でも同様の現象は起きていないので、
少女を取り巻く環境を含めて調査対象とするべく現在も研究が進んでいる。

http://takashi1016.com/pyrokinesis-13244


以下引用。


見つめるだけで火をつける「マッチ人間」! 
伝説的パイロキネシス超能力者の苦悩

道具を用いることなく炎を発生させることができる「パイロキネシス」。
そんな能力を持った伝説的少年、ベネデット・スピノの謎!

 1973年、イタリア・ラツィオ州ラティーナ県の小さな街フォルミアの貧しい家に生まれたベネデット・スピノという人物は、
「視線で火をつけることができる」パイロキネシストだった。

 その特殊能力が覚醒したのは、ベネデットが10歳の時のこと。歯科医院の待合室で夢中になって読んでいた漫画本が突然、勢いよく燃え上がったのだ。以降、彼に見つめられた物が予期せず発火する事件が相次ぐことになる。

 謎のパワーは瞬く間に街中の話題をさらい、
ベネデットは「マッチ人間」「火男」「人間火炎放射器」などと呼ばれるようになったが、
本人には能力をどうコントロールしたらよいかまったくわからず、日常生活は不便どころか危険極まりないものに一変した。

 たとえば、ある日の就寝中に着ていたパジャマが燃え上がって重度の火傷を負ったり、
別の日には、叔父が持っていたプラスチックのコップをその手もろとも焼き払いかけたという。
その後も、家具などを焼いてしまう事件が連発した上、
ベネデットが近づく電化製品までもが次々と故障するようになった。

 こうなると本人はもちろん、両親もただただ困惑するしかない。
なんとか原因を突き止め、危険な状況を変えなければと医師や物理学者のほか司教にまでに助けを求めたが、
いずれも首を傾げるばかりで答えを見つけることはできなかった。
「迷信や狂言の類にすぎない」と取り合わない神経精神科医もいたという。

 ちなみに、発火の瞬間を目撃した人からは、
なぜかベネデットの目ではなく手が不気味に光っていたという証言もあるようだ。

 ところが、転機が突然訪れる。
なんとデメトリオ・クローチェ博士という超心理学の研究者と出会い、
博士の支援と指導のもとで、ついにパイロキネシスの制御方法を習得することができたというのだ。
最終的にベネデットは、自らの超能力を完全に理解し、コントロールする術を会得、
時には有効活用する余裕まで生まれ、穏やかな生活を取り戻したとされる。

https://web-mu.jp/history/17925/


以下引用。


これまでのパイロキネシスの記録

ここでは、これまでに新聞の記事や記録として残っているパイロキネシスと思われる記録を紹介したいと思います。
1882年 アメリカの24歳青年のケース

これは、1882年アメリカのミシガン州にある「ミシガンメディカルニュース」やニューヨーク州にある「ニューヨークサン紙」の報告によるケースになります。

ミシガン州に住んでいる24歳の青年が紙や布に息を吹きかけるや手で擦るなどをするだけで対象物を燃やすことができたというものです。

しかし、情報が古いのでこれ以上の詳細は残念ながらありません。

もちろん審議は不明ですが、息を吹きかけたり、手で擦ったりと対象物に触れてから発火させていることから、個人的にはマジックの可能性が高いケースでありそうです。
1986年 アメリカの少年のケース

これは、1986年のアメリカのサンフランシスコ州の「サンフランシスコ・ブリテン紙」が報道したケースです。

カリフォルニア州のターロックに住んでいる少年が、見るだけで物体を燃やせるので、住民から恐れられているというものでした。

こちらも情報が古いので、これ以上の詳細は残念ながらありません。

マジックの可能性も否定できませんが、見るだけで燃やせるのであればパイロキネシスの可能性はありそうですね。
1982年 イタリアのベビーシッターのケース

これは、1982年のイタリアで発生した連続火災事件が元のケースであります。

驚くべきことに同一のベビーシッターが働いている3軒の家で、1ヶ月という短い期間で5回も火災が発生したのです。

そのあまりの異常さに当時ベビーシッターとして勤務していた女性は「パイロキネシスなどの超自然的な力によって放火させた」という異例の理由により逮捕されました。

その上有罪判決となり、実刑判決を受けることになりました。

これはまるで中世の魔女狩りのようであるということで、新聞各社は「魔女と呼ばれたベビーシッター」と書いたとのことです。

ちなみにこちらの事件はあまりにもインパクトが大きかったために、後に「スーパーファイアー」という名前の映画となりました。


パイロキネシスを身につけるための練習方法

ここでは、インターネットでよく見かけるパイロキネシスの練習方法を紹介したいと思います。

実際に、可能かどうかは不明ですが、忍耐力のある方はぜひチャレンジしてみるといいかもです。

やり方はとても簡単であり、材料は100均一で揃います。

    透明なプラスケース or ビン
    マッチ
    テープ

<やり方>

    マッチが垂直になるようにテープでプラスチック or ビンの蓋に固定をする
    風が吹かないようにプラスチックケースを被せる
    精神を集中させる
    目の前のマッチが燃えるイメージを心の中で作る
    心の中で作った念を送る

イメージとしては、HUNTER×HUNTERのクラピカが鎖を具現化させる練習方法と似ています。

その他にも蝋燭を用いて同様のことをする練習方もありますが、蝋燭をゼロから発火させるのは至難の技なので、とても発火しやすいリン鉱石が塗られているマッチを使用して練習をする方が楽だと思います。

https://sekaihiroshi.com/esp_pyrokinesis/


 パイロキネシスのやり方


以下引用


 パイロキネシス1 ロウソクの炎を動かす

0.注意点
先ず、火を扱うものですので、火事ややけどにならないように細心の注意をする必要があります。風がないところで、近くに燃えやすいものを置かないようにして行いましょう。また、実行するときは、途中で眠ってしまわないように気をつけてください。

1.炎と親しむ
手順は次の通りです。
1)ロウソクの炎をじっと見つめる
2)目を閉じて、ロウソクの炎を脳裏に視覚化する
3)1)2)を数回繰り返す

やっているうちに、あなたとロウソクの炎と1つになるように自然にイメージされてくるはずです。

これは、キャンドル瞑想と呼ばれる瞑想技法の1つでもあります。念力とは離れて、これだけを行うこともおすすめです。集中力が飛躍的に高まるはずです。

ロウソク

2.エネルギーを感じる
ロウソクの炎を見つめながら、放射されるエネルギーをイメージします。
リラックスしながらやって、そのうち実際に炎から出てくるエネルギーを感じれれば、成功です。ちょうど気功で気を感じるようなものです。

3.炎とリンクする
ロウソクの炎に集中し、凝視します。
それから、ロウソクの炎があなたの内部まで動いて来る様子を何度もイメージしてください。
はっきりイメージできると、ロウソクの炎とあなたの間に関係が構築できたと感じます。

4.炎を動かす

ロウソク 揺らめく

では、実際にロウソクの炎を動かしてみましょう。
あなたから発したエネルギーが、ロウソクの炎を押していると、念をこめてビジュアライズします。数回やってみてください。
次に、今度は反対にエネルギーが炎を引っ張っているとビジュアライズします。こちらも数回やってみます。
https://chounouryoku.net/archives/703


パイロキネシスを体験できる作品

 

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

炎の少女チャーリー【Blu-ray】 [ キース・トーマス ]
価格:1,650円(税込、送料無料) (2024/2/3時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

炎の少女チャーリー [ キース・トーマス ]
価格:1,320円(税込、送料無料) (2024/2/3時点)