Heal with Rife ライフ周波数療法 総合ブログ

HwR ヒール・ウィズ・ライフ ライフ周波数 ソルフェジオ周波数 バイノーラル・ビート 音楽療法 サウンド・セラピー

ワセリン サンホワイト 肌断食 ヒルドイド プロペト 黄色ワセリン 白色ワセリン スキンケア 口内炎治療 レチノイド 花粉症

ワセリンとは?
 
ワセリンとは、石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもののことをいいます。
純度の違いによって種類分けされており、
「黄色ワセリン」「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」の4種類に分類されます。
赤ちゃんから大人まで使用でき、副作用は出にくいですが、
純度の低いものを使用するとかぶれなどが生じる場合があります。
 
ワセリンの純度の高さ
 
黄色ワセリン<白色ワセリン<プロぺト<サンホワイト
 
 
【肌断食】化粧水をやめて、ワセリンだけにしてみた結果
 
アメリカ皮膚学会が行った調査の結果、科学的に効果があるスキンケアとして論文も出されています
 
化粧品業界では高級なケア商品が色々出されているけど、結局日焼け止めとワセリンでの保湿ケアが大事って話です
 
    (アメリカ皮膚学会が調査の結果)
    フェイシャルマッサージや高級スキンケア商品などの効果をチェックしていき、その大半を「ムダでしょ!」とバッサリ切り捨てていった結果、なにが残ったかと言いますと、
    結論:日焼け止め、ワセリン、レチノイドを使おう!
    その他の美顔テクニックで迷ったりしないこと!刺激物を肌に塗るなんでもってのほか!見た目がいいだけの高価な商品に惑わされないで!とのこと。
    引用元: アメリカ皮膚学会式「自分を変える最強のスキンケア」-パレオな男
 
花粉対策
辛い花粉症の季節にも、ワセリンは大活躍。鼻の入り口や鼻の中に薄く塗ると、マスクだけでは防げなかった花粉が鼻の奥に侵入するのを食い止める効果や、肌や粘膜を保護する効果が期待できます。
 
ただし、必ずマスクと併用し、こまめにティッシュでふき取り、塗り直すようにしましょう。
 
▼ワセリンはマスクの肌荒れ予防にも◎
メイク下地として、保湿効果に優れたワセリンなどのクリームを使うと皮膚を保護してくれるので、マスクの摩擦が軽減されます。
 
 
敏感肌の人は肌荒れすることがある
肌の弱い人やアトピー性皮膚炎の人は要注意! 使用するワセリンの種類によっては刺激やかぶれが起こることがあります。
 
ワセリンを使用する場合は、純度が高い物を使用すると安心です。使用する純度の目安は、最低でも白色ワセリン以上にしましょう。
 
ワセリンの純度の高さは下記の順で、「サンホワイト」がもっとも純度の高いワセリンです。
 
黄色ワセリン<白色ワセリン<プロぺト<サンホワイト
 
 
 
口内炎にワセリン(プロペト)は効果的に治る? 口の中でも大丈夫?
 
口内炎とワセリンという珍しい組み合わせによる口内炎治療のお話です。
 
わたしなりの仮設、それと実体験の話なので、まだ決定的な治療法と言えるかどうかはわかりませんが、
自分では有効な方法と感じています。
 
ワセリンといえば、口角炎に有効なことは有名ですよね。
 
—> 口角炎治療の定番 ワセリン(プロペト)の効果、効き目は? <—
 
口内炎におけるワセリンの役目は?期待することは?
リステリンで殺菌消毒した後に、その患部にワセリンで蓋をすることで、口内炎の原因となる細菌の侵入を防ぐ、ことです。
 
馬油やはちみつが同様の効果をもっていることから、
ワセリンでも同じことになるのでは?と思ったのがきっかけです。
 
馬油ほどの浸透度があるかどうかはわかりませんが、防御壁のような役目を果たしてくれることは間違いなさそうなので、あくまで個人的な意見ではあるものの、論理的には治療の役に立つはずです。
 
わたしの場合は、寝る前に、リステリンでのうがいのあとに塗りました。
 
プロペトを塗った結果は?
口内炎が小さいままで鎮火し、すぐに治りました。
 
ただし、、リステリンうがいもこまめに実施していたので、
どこまでワセリンの防御効果が役だったかは定かではないんですよね。
 
殺菌してから塗ることに意味があると思うので、どうしても効果の大小が見えにくいです。
 
ただ、一般的に薬局で売っている白色ワセリンでも大きな違いはないと思うので、手に入りやすいものでまずは試していただくのが良いと思います。
口内炎にワセリン(プロペト)は効果的に治る? 口の中でも大丈夫? | 口内炎の治し方決
 
使いやすいワセリンを見つけた | 口内炎の治し方決定版! 正しい原因と治療の3原則 (kounaien.jp) 
 
定版! 正しい原因と治療の3原則 (kounaien.jp) 
 
 
●花粉対策としての活用法
上述の通り、保湿剤として多用されるワセリンですが、
目の周りに塗れば、花粉対策もできると考えられています。
というのも、ワセリンの油膜が花粉をキャッチし、
花粉の侵入を阻止すると期待されているのです。
 
<目の周りへの塗り方>
清潔な指にワセリンを取ったら、
目の周りを一周するように目の下とまぶたに塗ります。
その際、ワセリンが目に入らないように気を付けてください。
 
オリジナルの”アロマワセリン”を使った花粉対策
 
ワセリンに好みのアロマを加えれば、好きな香りを楽しみながら花粉をガードできる”アロマワセリン”を作ることが可能です。好みの香りで癒されるだけでなく、それぞれのエッセンシャルオイルが持つアロマ効果も期待できるでしょう。花粉対策には、粘膜の炎症を抑えるとされるティートゥリーや、スッキリとした香りで鼻の通りを良くしリフレッシュ効果も期待できるペパーミント、目のかゆみや炎症を和らげるといわれるカモミールなどがオススメです。お気に入りの香りを見つけて、自分だけのアロマワセリンを作ってみてはいかがでしょうか。
 
<準備物>
・白色ワセリン
エッセンシャルオイル(100%天然成分の精油
・保存容器(小さいサイズでふたができるもの)
・スパチュラ、またはマドラー
 
<作り方>
1. 10g程度のワセリンが入る小さい保存容器を用意し、きれいに洗って水分をしっかり拭き取っておきます。
2. ワセリン約10gをスパチュラなどで保存容器に入れます。そこにエッセンシャルオイルを1、2滴垂らし、スパチュラなどでよくかき混ぜます。
 
<注意点>
肌に直接塗るため、香り付けには100%天然成分のエッセンシャルオイルを選んでください。人工的に香りが付けられたアロマオイルなどは、香料やアルコールなどが入っているので、正しい効果が期待できないばかりか、肌のトラブルにつながる恐れがあります。
また、精油が入ったクリームを肌に使用できるのは、3歳以上からとされています。小さなお子さまへの使用は控えましょう。
ワセリンに好みのアロマを加えれば、好きな香りを楽しみながら花粉をガードできる”アロマワセリン”を作ることが可能です。好みの香りで癒されるだけでなく、それぞれのエッセンシャルオイルが持つアロマ効果も期待できるでしょう。花粉対策には、粘膜の炎症を抑えるとされるティートゥリーや、スッキリとした香りで鼻の通りを良くしリフレッシュ効果も期待できるペパーミント、目のかゆみや炎症を和らげるといわれるカモミールなどがオススメです。お気に入りの香りを見つけて、自分だけのアロマワセリンを作ってみてはいかがでしょうか。
 
<準備物>
・白色ワセリン
エッセンシャルオイル(100%天然成分の精油
・保存容器(小さいサイズでふたができるもの)
・スパチュラ、またはマドラー
 
<作り方>
1. 10g程度のワセリンが入る小さい保存容器を用意し、きれいに洗って水分をしっかり拭き取っておきます。
2. ワセリン約10gをスパチュラなどで保存容器に入れます。そこにエッセンシャルオイルを1、2滴垂らし、スパチュラなどでよくかき混ぜます。
 
<注意点>
肌に直接塗るため、香り付けには100%天然成分のエッセンシャルオイルを選んでください。人工的に香りが付けられたアロマオイルなどは、香料やアルコールなどが入っているので、正しい効果が期待できないばかりか、肌のトラブルにつながる恐れがあります。
また、精油が入ったクリームを肌に使用できるのは、3歳以上からとされています。小さなお子さまへの使用は控えましょう。
 
なぜワセリンが花粉症に効くという噂があるのでしょうか。
その理由は、ワセリンを活用することで、
低下してしまった肌のバリア機能の改善を期待できるからでしょう。
 
花粉症の症状の多くは粘膜(目や鼻、のど部分)に付着した花粉に
対して起こるアレルギー反応、くしゃみや鼻水や目の痒み…などですが、
花粉が肌から体内に侵入した場合には、肌荒れが起きることもあります。
健康な皮膚の表面(表皮)には、外部からの刺激から肌を守る「バリア機能」が
働いています。しかし、乾燥などによりこのバリア機能が低下していると、
花粉が肌の奥まで入ってきやすくなることがあります。
すると、肌の赤みやかゆみなどのアレルギー症状が引き起こされてしまうのです。
 
ワセリンを塗ると肌に膜をはるように肌を守ってくれるので、肌の赤みやかゆみが皮膚表面のバリア機能低下によるアレルギー症状である場合、ワセリンを塗ることで改善を期待できるかもしれません。
 
不純物を限りなく除去した純度の高いワセリンは医療でも使用されているのです。
 
上記のように、「ワセリンは石油を精製したもの」つまり、油なのです。
 
油膜を張ることで、乾燥を防ぐ働きがあります。
 
ポイント
ワセリンも同様に、顔に油膜を張ることで、体内からの水分を逃がしません。
 
つまり、乾燥を防いでくれているのです。
 
肌再生の専門家が、ワセリンの正しい使い方を解説します
 
『肌断食』とは?
毎日のスキンケアを完全にワセリンのみにする、というもの。
 
化粧水や乳液など、基礎化粧品は一切使わない
洗顔は水洗いのみ
洗顔後、ワセリンを薄く塗る
ほとんどの肌トラブルは過剰なスキンケアが原因と言われており、日々あらゆる美容液を使い続けた結果、肌本来のバリア機能が低下することによって引き起こされるそうです。
 
つまり、スキンケアをやり過ぎたせいで『肌にサボり癖が付いてしまった』状態。
 
肌断食でワセリンのみのシンプルケアにすることにより、失われた肌の能力を蘇らせることができます。
 
私も、外出の予定がない休日のスキンケアはワセリンのみです。
 
極たまにですがワセリンすら付けず、水洗顔のみで済ませることもあります。
 
しかし、いずれも合う・合わないがあると思うので、試したい場合はまず、ご自身の肌の状態とよく相談した方が良いです。
 
ある有名人の方が『スキンケアは化粧水を使わず、ワセリンのみを使うのが良い』と言っていたのですが本当でしょうか?
というものがありまして、
こちらについてじっくり僕の考えをお伝えしたいなと思います!
◎ことの発端は某有名人のYouTube…?
ことの発端としては、ある有名人さんがある日投稿したYouTubeがバズったのがきっかけで、
それによれば
・米皮膚科学会によれば正しいスキンケアに必要なのは「日焼け止め」と「保湿剤」のみ
・保湿剤は水分の蒸発を防げればそれで良いので油分を含むクリームや「ワセリン」を推奨
・化粧水は使う意味なしでその他の高い化粧品も全て不要
というような内容になっていました。
 
もしできるだけお金をかけずに極力若い肌を保ち、最低限健康な肌を維持するならば、
用意すべきは「保湿剤」と「日焼け止め」のみということ。
 
日焼け止め!ワセリン!レチノール!
その点でエビデンスのレベルは低いんですけど、
結論にいたるまでの参照文献はキッチリしているので安心。
フェイシャルマッサージや高級スキンケア商品などの効果をチェックしていき、
その大半を「ムダでしょ!」とバッサリ切り捨てていった結果、
なにが残ったかと言いますと、
結論:日焼け止め、ワセリン、レチノイドを使おう!
その他の美顔テクニックで迷ったりしないこと!
刺激物を肌に塗るなんでもってのほか!
見た目がいいだけの高価な商品に惑わされないで!
 
とのこと。基本はアメリカ皮膚科学会の見解と同じで、日焼け止めと保湿に気を配ればOK。そこにレチノール系の商品をくわえればシワ対策もバッチリだよね!という話であります。異論もありましょうが、このあたりが今の皮膚科学のコンセンサスじゃないでしょうか。
 
 
Ⅱ.創傷保護作用
白色ワセリンは皮膚に出来た傷口に塗る事で、傷の治りを早める作用が期待できます。
 
といっても白色ワセリン自体に傷を治す成分が入っているわけではありません。
 
白色ワセリンは水を通さない性質があるため、傷口に白色ワセリンを塗ると、傷口に分泌された浸出液がその部位にとどまりやすくなります。
 
傷口を早く・綺麗に治すためには乾燥させてはいけず、潤わせた状況におく事が重要です。これを湿潤療法(Moist Wound Healing)と呼びます。
 
白色ワセリンは傷口に浸出液を閉じ込めることで創部を湿潤環境に保ちやすくしてくれるのです。
 
これによって傷口の治りを早める事が出来ます。
 
白色ワセリンは安全性が高いとお話ししましたが、副作用はあるのでしょうか。
 
臨床で使っている印象としては、白色ワセリンで副作用が生じるという事は「まずない」と考えてよいレベルです。
 
身体に塗るものである以上、絶対に何も起きないと言い切る事は出来ませんが、少なくとも白色ワセリンを塗ったことで大きな副作用が生じてしまったという例はほとんどありません。
 
白色ワセリンは副作用発生率を詳しくは調査されていません。しかし臨床上の印象としては、1%以下の極めて低い副作用であり、かつ重篤な副作用はまず生じないと考えてよいでしょう。
 
生じうる副作用としては、
 
接触皮膚炎様症状(かぶれ)
が報告されています。これらも重篤な状態になる事はまずなく、様子を見れる程度か白色ワセリンの塗布を中止すれば自然と改善していく程度です。
 
●練香水
ワセリンを保存容器に移し、好みの香りのエッセンシャルオイルを数滴垂らして混ぜると、自分だけの練香水を作ることができます。いい香りに癒されながら保湿もできるので、手首や耳の後ろなどに付けたり、香りのよいハンドクリームとして使ったりするのもよいでしょう。
 
●花粉対策
花粉で悩まされている場合は、先に紹介した練香水を少量、鼻の入り口に塗る方法がオススメです。ワセリンがマスクなどでは防ぎ切れなかった花粉をキャッチし、侵入を防いでくれると考えられています。症状がひどい時は、鼻の中に塗るのもよいでしょう。なお、帰宅時はティッシュで拭き取るか、洗顔で落としてから、改めて鼻の入り口に塗り直してください。
 
ワセリンを使用すると、花粉症に対して次のような効果があります。
 
粘膜を保護
鼻の穴の中にワセリンを塗ることで、粘膜をコーティングします。すると花粉が粘膜に接触しないので、花粉症の症状が出なくなります。
 
花粉を捕まえる
目や鼻の周り、もしくは鼻の穴の中にワセリンを塗っておくことで、空中を飛散している花粉をキャッチしてくれます。体内に入るはずだった花粉の量を大幅に低減してくれます。
 
保湿効果
ワセリン自体に保湿成分がある訳ではありませんが、皮膚の表面を油膜で保護してくれるので水分の蒸発を防いでくれます。鼻のかみすぎで鼻の下が赤くなるのを防いでくれます。
 
『鼻の中にワセリンを塗って、花粉症の症状が軽くなるかどうか』に関する、ランダム化比較試験というきちんとしたカタチでおこなわれた検討は、2005年のドイツでの研究が最初のようです[3]。
 
その研究では、アレルギー性鼻炎のある大人33人を2つのグループにわけて検討されました。
 
まず一方は、精製長鎖炭化水素(要はワセリンです)を鼻の中に塗るグループ、もう片方は塗らないグループ、その2つに分けて鼻の症状を比較したのです。
 
すると、ワセリンを鼻の中に塗ると、塗らないグループよりもくしゃみや鼻のかゆみが改善したのです。ただし、鼻づまりや鼻水は良くなりませんでした。しかも塗る量は1回1cmの軟膏だったそうですので、それだけでもなんとなく鼻づまりを感じてしまいそうですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
https://saaori.com/vaseline-difference/

手が荒れた場合、ワセリンかホワイトの使用をお勧めします。